Select Language

Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8

Carl Zeiss Batis 18mm F2.8

発売日以降何か月も全世界的に品薄状態が続いた大人気レンズ『Batisシリーズ』に、新たな仲間が加わりました。その名も『Carl Zeiss Batis 18mm F2.8』。
SONYフルサイズEマウント用交換レンズとしては広角は今まで『Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS』一択でした。それよりも明るい広角単焦点…しかもBatisシリーズの今までの写りの美しさを思い起こせば、自ずと期待も膨らみます。
明るい広角レンズと言えども、見た目は想像以上にコンパクト。Batisシリーズは比較的軽量なイメージがありますが、18mmも例外ではないようです。気になる重量は330gと、Batisシリーズの中では最軽量でした。
今回使用したボディはα7RIIです。SONYフルサイズミラーレスのフラッグシップ機と共に、超広角の世界をお楽しみください。

Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


緑が美しい季節がやってきましたね。
こちらは下からあおっての撮影になりますが、広角レンズで気になる歪みも程よく抑えられており、逆光耐性も良好です。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


AFは高速かつ高性能なので、撮影時に全くストレスを感じさせません。また、ピントリングがゴムで覆われているため指が滑りにくく、MF時の綿密なピント合わせの手助けをしてくれます。



Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


Batisシリーズは安心の防塵・防滴設計!マウント部分に見える青いリングは、シーリング加工が施されている証拠。この青いリングが外部からの埃や水滴の侵入を防いでくれるのです。
厳しい環境下でも耐えうる設計は、プロの撮影シーンでも活躍すること間違いないでしょう。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


こちらは広角レンズ特有のパースペクティブ効果を利用した例です。何気ない日常の一コマも、広角レンズの手にかかれば迫力のある作品へと早変わり。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8





Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


圧迫感を感じがちな狭い階段も、広角レンズで撮るとこの通り!広々写すことができます。空間に広がりを持たせたい場合に大変効果的ですね。
その他にも、あおりや俯瞰を上手く活用しての撮影等、広角レンズならではの撮影方法はたくさん!撮影の幅がぐっと広がりますよ。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8





Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


羊にも気付かれない静音AF!α7RIIのサイレントシャッターを一緒に使用すると、より静音性が増します。こういった生き物の撮影の他にも、コンサートやイベント等、静粛性が求められる撮影シーンで活躍してくれそうですね。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8 絞り:F22 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII +Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


最後にご紹介するのは、都電に乗っている際に撮影した一枚です。景色を流して撮るためにシャッタースピードを落としたかったので、かなり絞り込みました。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


そして、Batisの代名詞と言っても過言ではない有機ELディスプレイですが、今回ももちろん搭載されています。
合焦距離と被写界深度を直観的に読み取ることが出来るのがこのディスプレイのメリット。電源を入れた際に表示される「ZEISS」の文字が撮影意欲を掻き立てます。


Carl Zeiss Batis 18mm F2.8


『Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 18mm F2.8』いかがでしたでしょうか?
写真をご覧いただいても解る通り、このレンズは近接撮影も得意としています。標準レンズや中望遠レンズでは味わえない、広角レンズならではの迫力のある「寄り」の写真を撮ることが出来るのです。
これからの季節、紫陽花やひまわり畑、海など広角レンズが活躍するシーンがたくさんやってきます。『Batis 18mm F2.8』のヌケが良く上品な描写は、あらゆる撮影シーンで満足のいく写真を残してくれることでしょう。


Photo by MAP CAMERA Staff









Kasyapaトップへ戻る"


[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2016年05月11日 11:00:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!88票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む