Select Language




Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III

フォクトレンダーからソニーEマウント用の「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III」が発売されました。
すでにライカ用のVMマウントレンズが昨年春に発売されており、マウントアダプターを介して利用されている方もいらっしゃると思いますが、専用設計に生まれ変わったことにより色かぶりの軽減や使い勝手が向上したとの事。早速、試してみる事にしました。ぜひVMマウントのフォトプレビューと見比べてみてください。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


打ち寄せる波にギリギリまで寄っての撮影です。さすが15mmという広い画角のおかげで、波の迫力と海の広さの両方を捉えることができました。そして絞り開放からでもフォーカス部の解像力は高いですね、砕ける波しぶきを鮮明に描写しています。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


雲越しの逆光では、なだらかな光のグラデーションを感じることができます。大きなトンビも広角レンズのおかげで群れ全体を捉えることができました。
普段なら望遠レンズで1羽を追い詰めるところですが、群れで捉えることでまた違った迫力ある写真が楽しめました。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


欝蒼と生い茂る竹藪。日の光も覆い被す薄暗い場所だった為、露出をプラスに補正して撮影しました。VMマウントでも感じていたコントラスト高めの描写は、プラス補正でも明暗のバランスを壊す事なく竹の質感を綺麗に再現してくれます。
広角レンズ特有のパースも気持ち良く、その昔この藪に入ったら出てこれないと言い伝えのあるほどの迫力を表現することができました。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


アダプターを使用した場合と異なり、距離エンコーダーを内蔵した電子接点を有するレンズとの組み合わせなら、ボディ側の5軸手ブレ補正を最大限に活用できます。
膨大な量の古い書物が保管されている本棚。いろんな色が細かく並ぶ被写体でノイズの発生を極力抑えたいシーンではこのメリットはとても大きく感じます。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F8 / シャッタースピード:0.3秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


シャープで抜けの良い描写は広角レンズの持つ遠近感をより上品に表現してくれます。タイルの目からわかる様に歪みも殆どなく、単焦点ならではの焦点距離合わせた徹底的な作り込みを感じることができます。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


未来的なデザインの水上バスは、パースによる効果でまた違った迫力を見せてくれました。
被写界深度の深い広角レンズとは言え、動きものを追う際のピント操作のしやすさも優れていました。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


撮影散策中に面白い団体に遭遇。突然のすれ違いざまでもスッと撮れるのは、携帯性に優れ扱い易いシステムの為せる技です。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


最短30cmまで寄れる接写能力で被写体の質感もしっかり捉えてくれます。従来のVMマウントレンズでは50cmまででしたから、この差は大きく感じます。
隅々までクリアに捉える高い解像力のおかげで、画面一杯に被写体を配置することができ、欲張った構図にも最適です。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III


夜の交差点を構図を意識してスナップ撮影。雨上がりということもあり、路面に町の明かりが写り込んで夜らしい雰囲気を演出しています。焦点距離15mmは確かに広い画角ですが、人間の眼は水平120°程度の画角を持っていますから『視野いっぱい』を意識するとイメージしやすいが画角とも言えます。パンフォーカスの特性を活かせばスナップ撮影で威力を発揮してくれるレンズの1本になってくれるはずです。


Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III

広い画角を歪みなく捉え、コントラスト高くクリアな描写はVMマウントレンズ譲りのハイスペック。Eマウントボディに専用に生まれ変わったことで、操作性がさらに向上でこのメリットは大きく感じました。
α7シリーズに機動性を求めているユーザーも多いと思いますから、超広角をこのサイズで使用出来るレンズの存在は素晴らしいと思います。単焦点派にはプラス1で本レンズをカメラバッグへ忍ばせれば撮れる世界が圧倒的に広がることでしょう。『Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH III』はレンズとしての質感、描写力、サイズ感など多くのことを満たしてくれる1本です。

Photo by MAP CAMERA Staff










Kasyapaトップへ戻る


カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:74票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |