Select Language




Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4

充実著しいSONY Eマウント用フルサイズ対応レンズに、また新たな商品が加わりました。『CarlZeiss Loxia 85mm F2.4』は人気のLoxiaシリーズの4本目。これまでの3本がとても使いやすく高画質だったため、否応でもその期待は高まります。早速撮影に出かけてきました。

解放F値がF2.4に抑えられたことで全体的にスリムに収まったLoxiaレンズは、カバンの収まりもよく携帯性の良さが引き立ちます。焦点距離85mmと聞くとポートレートの印象が強くなりますが、本レンズは気軽に持ち出せるということもあり、被写体を選ばず純粋に85mmという焦点距離を楽しもうといった気分にさせてくれます。
さすがZeissレンズと言った印象のヌケの良いクリアーな描写です。目にも鮮やかな赤い色を綺麗に再現してくれました。 最短撮影距離は80cm。中望遠効果で被写体をグッと引き寄せピント面の薄い大きなボケ味が楽しめます。千両の実の朱色がとても鮮やかです。近接撮影すると本レンズの透明感と色乗りの良さがさらに伝わります。



Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:640 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


近頃はオートフォーカスレンズばかり使用していたので、ピント合わせ操作がとても新鮮に感じます。視力の低下と供にピント合わせに手間どることが増えてきた筆者ですが、電子接点を有しているLoxiaレンズは、ピント操作時にファインダー内が瞬時に拡大するのでピントも合わせやすくスムーズな撮影が楽しめました。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


暗い場所で少しずつ元気が無くなってきた花の質感をしっかり捉えてくれます。周囲の寒さも伝わる高い解像力からも本レンズの万能ぶりがよく分かります。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


絞りリングのクリック感が心地よいマニュアルレンズですが、動画撮影に配慮した「デクリック機構」の搭載で、絞り操作時のクリック音を消すこともできます。
映像等に使われるような構図を意識しながらで、いつもの東京駅を切り撮ってみました。普段85mmで狙うことがないだけに少し新鮮に感じます。フィルター径もシリーズで52mm径に統一されています。動画をメインにされている方にとっては、フィルターの使い回しができるのもうれしいことでしょう。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:3200 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


日没を迎えてもカメラの優れた性能のおかげで撮影を続けることができます。カメラの優秀な手振れ補正機能もありますが、細めの鏡筒はとても握りやすくホールド感も良好で心強い限りです。
ちょうど街はクリスマス一色。クリスマスツリーを少し絞って撮ると、配置された電球から光条が生じよりキラキラ感が増した写真が楽しめます。 シャープな光条はもちろん、背景の電飾による光源ボケが画面隅まで綺麗な円形を保っており、画面全体で均一のとれた高画質を確認することができました。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


続いてはボディを『α7RII』へ変更し、ポートレート撮影。
久々に再会した友人は随分と大人びた雰囲気になっていてビックリしました。その時の印象を写すべく、少しクールなイメージで撮影に挑戦です。
F2.4ということもあり、開放からフォーカス部の解像力にキレがあり、ボケ味も深すぎず非常にバランスのいい描写傾向です。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


光と影を意識して撮影した一枚。開放からF0.4分絞ったF2.8なのですが、より被写体の先鋭感が増したように感じますね。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


Zeissレンズらしいコントラストの高さと発色の良さがありますが、色調の深い表現力も持ち合わせています。そのことは写真をモノクロームにした時にも感じることで、好みのグレートーンに調整し写真を作り込むことができます。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


西日が横から当たる状況だったのですが、絞り開放から諸収差がよく抑えられていますね。髪の細い線も見事に写し出しています。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4


中望遠のマニュアルフォーカスレンズということもあり、動く被写体を撮影するには少々慣れが必要かもしれません。しかしファインダーから見えるピントの山はとても掴みやすく、F1.4のようにボケすぎないので一度クセがわかれば『マニュアルフォーカスの煩わしさ』のような事は感じないはずです。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4 絞り:F16 / シャッタースピード:0.4秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4



この写真は絞りウンヌンということではなく、頭にあった完成イメージを表現するためにシャッタースピードを手持ちで撮れるギリギリまで遅くして撮影しました。「あ〜、こういう時はNDフィルターだよね」と考えながらも、イメージが思いついてしまったので仕方ありません。笑
普段は写真を撮る方が好きという友人ですが、「いろいろ街中で撮られて更に度胸がついた」と笑っていました。


Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4

この新レンズを撮るとなった時、正直多少の不安を感じていました。それは同じツァイスEマウントレンズに「Batis 85mm F1.8」の存在があるからです。Batisはオートフォーカス搭載で開放F1.8の大口径。しかもLoxiaより119gも軽く、価格も...。スペックだけ見比べたら明らかに分が悪いのです。 されど撮影を進めていくうちにその不安はなくなりました。その最大の理由は撮影が楽しかったからです。マニュアルレンズならではの操作感は、悪戦苦闘しながらカメラを勉強していた頃を思い出させてくれます。もちろんBatisでもマニュアル操作は可能ですが、適度なトルクの重さによる操作感は専用レンズにかないません。描写も歴史あるSonnarレンズだけあって画面の隅々まで高画質を披露してくれました。
クラシックとクリエイティブを兼ね備えたレンズはまさにこだわり派向けの1本です。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff










Kasyapaトップへ戻る


カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:61票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 493:進化するNIKKORレンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』 2018年10月04日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 今回のKasyapaでは、大注目のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』と共に発売された単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』をご紹介いたします。 ナノクリスタルコートが施されていることをはじめ、高い品質基準をクリアしたレンズにのみ与えられる「S-Line」という称号。本レンズは現在3本ある...
続きを読む
Canon EF-M32mm F1.4 STM 492:コンパクトなだけじゃない『Canon EF-M32mm F1.4 STM』 2018年09月25日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM Canon EF-M32mm F1.4 STM 今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。 「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |