Select Language

Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS

Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS

クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立させ人気を集めた「Voigtlander NOKTON 58mm」がリニューアルし、『NOKTON 58mm F1.4 SL IIS』として生まれ変わりました。
新ノクトンレンズが手元に届き思わず口にしてしまったのが「懐かしい」という言葉。始めて手にするレンズにも関わらず、旧ニッコールレンズに似たデザインにAi連動をさせるための蟹爪付きレンズは、私がカメラを始めた頃、中古店で購入を悩んでいたレンズそのものです。今でこそ、気軽に買える値段になりましたが、当時の憧れを思い出すと嬉しい気分になります。撮影前にレンズのデザインだけでこんなにテンションが上がったのも久しぶり。さっそく撮影に出掛けてきました。

ダブルガウス構成の伝統的な光学系をそのまま引き継いだというノクトンレンズ。しっとりとした色乗りに少しソフト効果をかけたような独特な描写が楽しめます。最近は開放からキレのあるシャープなレンズが多かった為、オールドレンズのような独特な味わいはとても新鮮に感じます。
撮影に訪れたのは年の瀬の築地場外市場。つい先日の撮影でも、オールドテイストのレンズで撮影すると懐かしく感じてしまうから不思議です。市場の移転で今後大きく変わってしまうかもしれない景色は、思い出に残しておきたい1枚。そんな被写体には最適なレンズではないでしょうか。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


ピントリングも指かかりの良い総金属製となり、心地よいリングの重さと相まって、より丁寧なピント合わせが可能になりました。少し絞ると中央部の高い解像力と周辺部の柔らかなボケが絶妙なバランスを醸し出します。絞り具合でも様々なバリエーションが味わえるので、カット数も増えてしまい、その場を離れるのが難しくなるという難点が生じてしまいました。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


最短45cmでF1.4の撮影では、ソフトフィルターをかけたような柔らかなボケ味が楽しめます。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


さらに明るめに撮影すればより柔らかく、幻想的な雰囲気を演出することが可能です。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F2 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


遠景撮影では、広角レンズかと思わせるような周辺光量の落ち方と、無限遠でも周辺部の柔らかな写りが確認できました。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


シンプルな色の被写体でも独特な色のりで、他のレンズでは味わえない描写が楽しめます。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


逆光時でも雲のグラーデーションを綺麗に捉えてくれました。水平線に見える船や建造物のディテールもしっかり捉えています。
水面反射部のフリンジが目立ってしまいましたが、直視するのも辛い強い反射だったことを考えれば仕方のないこと。オールドレンズらしい味ということで。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


ノクトンの名を検証すべく夜間撮影にも挑戦です。
夜空にそびえ立つスカイツリーは、昼間とはまた違った迫力があります。下層では明るい照明が鉄骨のディテールを綺麗に描き、高層ではぼんやりと浮かび上がるような照明の様子を綺麗に捉えてくれました。本レンズの独特な色のりは、乾燥した冬の空でもしっとりとした印象で描いてくれます。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


開放時の大きなボケ味は暗いシーンでも綺麗に表現されます。LED照明のフリンジが少し目立ちますが丸ボケも綺麗で、ノクトンの名にふさわしい性能を見ることができます。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 絞り:F8 / シャッタースピード:1/6秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


運良く、プロジェクションマッピングのイベントに遭遇。綺麗な映像ディテールを残すべくF8まで絞って撮影すると、これまでとはまた違った高いコントラストの描写が確認できました。塗装されたかのようなしっとりとした描写はそのままに、映像が当らない暗部の様子もしっかり描く高い解像性能を見ることができました。


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS


Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS

ソフトな描写としっとりとした色のり。最新デジタル対応レンズとは一線を画す独特な描写で、本レンズでしか味わえない写真が楽しめます。
冒頭にも触れましたが、所有欲を刺戟するデザインも見逃せません。今回はレンズの描写力を最大限に引き出すため「D810」を使用しましたが、フィルムカメラやクラシックデザインの「Df」等と組み合わせれば、さらに格好良くドレスアップされることでしょう。写りも見た目も美しい高性能レンズ。普段とは違ったスパイスとしていかがでしょうか。

Photo by MAP CAMERA Staff











Kasyapaトップへ戻る

[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2017年01月13日 07:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!85票


OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

548:小型軽量は、大きな可能性を秘める『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』[2019年11月18日]

焦点距離:36mm(換算72mm)/ 絞り:F5.2 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 II OLYMPUSOM-D E-M5 Mark III OLYMPUSのマイクロフォーサーズ機に新たなラインナップが加わりました。その名も『OM-D E-M5 MarkIII』。先代モデル『OM-D E-M5 MarkII...
続きを読む
Canon RF15-35mm F2.8 L IS USM

547:手ブレ補正付き大三元広角『Canon RF15-35mm F2.8 L IS USM』[2019年11月18日]

焦点距離:15mm / 絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:8000 / 使用機材:Canon EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM CanonRF15-35mm F2.8 L IS USM 「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は、キヤノンのフルサイズミラーレス用「大三元」の一角を担う、大口径広角ズームです。最大5段分の手ブレ補正を搭載しています。一眼レフ用レン...
続きを読む
SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユー...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウ...
続きを読む