Select Language




SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

シグマから小型軽量と高い光学性能を両立した新しい望遠ズーム『Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 』が発売されました。
新レンズのポイントは、何と言ってもその軽さです。約1160gにまで軽量化されたレンズは想像以上に持ちやすく、被写体の動きに合わせ自由に振り回すことができます。まずはこのメリットを活かすべく、航空写真に挑戦してきました。

訪れた場所は羽田空港の滑走路先にある城南島海浜公園。この日は、羽田空港へ着陸する飛行機を真下から望むことができました。
ゴールデンウィークのラッシュと重なり、次から次へと飛行機が飛んできます。その都度、正面から頭上へカメラを振り回し続けましたが、まさに疲れ知らず。メモリーカードが一杯になるまで撮り続けてしまいました。ということで最初に謝っておきます。今回のフォトプレビューは大半が飛行機です。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


東京湾の縁に沿って旋回してくる飛行機を正面に捉えさらに頭上へ。線路の上を走る鉄道と異なり、風向きや機体の大きさによってアプローチが異なる飛行機は、同じ場所で撮影していてもそれぞれに調整が必要になります。突然視界にジャンボ機が!咄嗟の事で慌てた筆者を早くて滑らかな動きのオートフォーカスが、しっかりサポートしてくれました。遠目に機体を捉え連写しながら水平を調整し、画面一杯まで引き寄せます。今回使用した「EOS 5D Mark IV」の高性能にも助けられ、綺麗にその機体を捉えることができました。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:191mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


ホールドしやすいズームリングのおかげで、機体の大きさに合わせて行うズーミングもスムーズに行えます。移動する被写体を追いながらでも迫力満点に切り取ることができました。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:100mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


より素早くズーミングするために直進式ズームに対応した内部構造を採用したとのこと。ちょっと乱暴ですがフードを掴んで一気に押し込んでみると瞬時に広角端にシフト。最接近時にも素早く対応できます。
1〜2段絞ると周辺減光も改善。太陽の側を横切るシーンでもクリアな描写と、ズーム全域でコントラストの高い描写が確認できました。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM



SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


公園からは大井埠頭へ出入りする大型船も見ることができます。入江を挟んだ対岸からの撮影で、少々距離がありましたが、船の細部まで捉えているのが分かります。3000万画素オーバーの高精細カメラとの相性の良さも感じることができる高い解像力です。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


高速船の水しぶきから背景のスカイツリーまで綺麗に捉えてくれました。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:176mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM


最短撮影距離は1.6m。接写は苦手と思いきや、高い望遠能力でクローズアップ撮影も楽しむことができます。また優れた手ブレ補正機能のおかげで、近接での望遠撮影でも安定した撮影が可能です。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:143mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM



SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:100mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

空を泳ぐ鯉のぼりも色鮮やかに捉えてくれました。風向きのよって表情が目まぐるしく変わる鯉のぼりですが、ここでも早いAFが威力を発揮。一度捉えたらしっかり捉え続けてくれます。


SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

優れた手ブレ補正を備えた上で三脚座を排除。手持ち撮影に重点をおいた望遠ズームだけあって快適に振り回すことができました。また軽量なシステムは持ち運びにも便利。移動の際、ゴールデンウィークの混雑に重なってしまったため、その恩恵を特に感じることができました。加えて高画質にお求めやすい価格と、コストパフォーマスの高さも見逃せません。
「ライト・バズーカ」の愛称が付けられた超望遠ズームは破壊力抜群。一度触れたら心揺らされること間違いなしのレンズです。

Photo by MAP CAMERA Staff













カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:16票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 422:最高峰の性能をもつ歴史的な一台『SONY α9』 2017年05月28日
焦点距離:159mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS 『α9』海外発表は衝撃的でした。以前よりα7系の最上位機種はネット上の噂として存在していましたが、電撃発表された機種はα7シリーズではなく『α9』という全く新しいカメラだということ。そしてフルサイズRAW書き出しで秒間20コマ連写という今までの常識では考えられない技術が投入されていること。さらに付け加えるなら、EVFなのに連写時のブラ...
続きを読む
421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 2017年05月25日
焦点距離:8mm(換算16mm)/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5+LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. パナソニックから、新たに超広角ズームレンズが登場しました。その名も『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』。 「エルマリート」の明るさを誇る超広角ズームレンズですが、本レンズの特徴はその明るさだけでなく、ライカの基準...
続きを読む
SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 420:破壊力抜群のライト・バズーカ『SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM』 2017年05月19日
焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM シグマから小型軽量と高い光学性能を両立した新しい望遠ズーム『Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 』が発売されました。 新レンズのポイントは、何と言ってもその軽さです。約1160gにまで軽量化されたレンズは想像以上に持ちやすく、被写体の動きに合わせ自由に振り回すことができます。まずはこのメリットを活かすべ...
続きを読む
null 419:誰しもが楽しめるF0.95『中一光学 SPEEDMASTER & CREATOR』 2017年04月22日
純正レンズでは無い、いわゆるサードパーティー製と呼ばれるレンズの中でも絶対的な明るさで注目されているのが、中一光学『SPEEDMASTER』シリーズです。F1.4よりも明るいF1.2~F0.95という開放値を持ちながら、価格は想像以上にリーズナブル。でも国産レンズじゃないんでしょ?肝心の写りはどうなの??という皆様の疑問に答えるべく、今回はSPEEDMASTERを含む中一光学製レンズ6本のフォトプレビューとなります。ぜひご覧ください。 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒...
続きを読む
418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |