Select Language




Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:200mm(換算320mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:1250/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon (キヤノン) EOS M6


『EOS M5』が昨年秋に発売されたことが記憶に新しいですが、早くもキヤノンから新たなミラーレス一眼が登場しました。『EOS M6』という名前からして最初はM5の後継機かな?と思っていましたが、どうやらM5ではなくM3の後継機にあたるようです。
M3の後継機と言えど、中身はM5とほぼ同等の高スペック。EVFの無いM5、と言っても過言ではないでしょう。EVFが無い分M5より高さが約2cmほど低くなったので、普段使いとして毎日かばんに入れておいても苦にならない大きさなのが嬉しいですね。気分によって別売のEVF(EVF-DC2)を取り付けて撮影を楽しむのも良いでしょう。

さて、今回は『EOS M6』を携えて動物園へ撮影に行ってきました!使用したレンズはダブルズームキットに付属している『EF-M15-45 IS STM』と『EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM』の2本です。キヤノンのAPS-Cは35mm判換算する際に1.6倍になるので、他社のAPS-Cセンサーよりも0.1倍分焦点距離を稼ぐことが出来ます。
冒頭の写真は望遠ズームのEF-M55-200mmのテレ端で撮影した1枚ですが、1.5倍だと換算で300mmのところ、キヤノンの場合は1.6倍なので320mmで撮影をすることが出来ました。動物園や飛行場等、遠くのものを撮影したい時にこの「1.6倍」が効いてくるんですよね…。タッチ操作のおかげでピント合わせが容易なのも嬉しいです。
動物たちに威圧感を与えないコンパクトなボディと静かなシャッター音、そして何より使いやすい操作系のおかげでカモの親子をばっちり写真に収めることが出来ました。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:15mm(換算24mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


東京は徐々に暑くなり、日差しもだんだんと夏の厳しさを帯びてくるようになりました。抜けるような青い空に木々の緑がよく映えます。
あまりにも気持ちいい天気だったので空に向けてシャッターを切りましたが、キットレンズと言えども逆光耐性はかなりのもの。コントラストの低下も見られず、キヤノンらしい鮮やかな発色が印象的です。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:86mm(換算137mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


うだるような暑さにやられてしまったのでしょうか…。野性味のまったく感じられないメスライオンに人だかりが出来ていました。
こうやっているのを見ると、ライオンがネコ科であることを思い出します。ちょこんと曲がった前足が可愛らしいですね。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:200mm(換算320mm)/ 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


本機はキヤノンミラーレス一眼の中でもミドルクラスに位置付けされますが、余計なものがなく使いやすい操作系、タッチパネル・自分撮り対応のチルト式モニター、撮って出しでも十分に美しい発色等、初めてカメラを購入するという方にも胸を張っておすすめしたい1台です。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:33mm(換算52mm)/ 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


少しカメラのレビューとは離れてしまいますが、本機に付属しているストラップがとても使いやすかったのが個人的にとても嬉しかったです。
EOS Mシリーズように軽いカメラの場合、重さで固定されないためふとした瞬間にカメラが肩から落ちてしまうことがしばしばあるのですが、本機にはフルサイズ機の付属品と比べても遜色ないしっかりとした材質で作られたストラップが付いていたので重さを感じないだけでなく安定性も抜群に良かったです。機材名の記載が無く、「EOS」とだけ書かれたシンプルなデザインも良いですね。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:108mm(換算173mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


EOS M3は条件によって位相差AFが行える仕様となっていましたが、M5と同等の性能を持つ本機は「デュアルピクセルCMOS AF」を採用しているため、条件に関わらず位相差AFを行えるようになりました。これによりAFの速度と精度が大幅にパワーアップ!小柄ながらもホールド性の高いグリップのおかげもあり、風に揺れるポピーもブレずに捉えます。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:156mm(換算249mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


1点AF使用時にAFフレームサイズをサブ電子ダイヤルで小さくすることが可能です。AFフレームサイズを小さくすることで、ピンポイントでAFを合わせたい場合に非常に役立ちます。
また、コントローラーホイールのある位置にMFボタンがありますが、これを押すことで簡単にAF/MFの切り替えが出来るのも嬉しかったです。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:28mm(換算45mm)/ 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


明暗差の激しい被写体でもこの通り。階調の豊かさを感じる1枚です。
拡大をしてみると、フラミンゴの形に並べられた薄いピンク色の石も白トビすることなく、更に石の質感まで損なわずに写しだしてくれています。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:45mm(換算72mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM




Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:145mm(換算232mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:250/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


最高約9.0コマ/秒の高速連写を生かして、親鳥から餌をもらっている雛鳥を草むらの陰から激写!忙しなく動く小さな体を追うのに苦労するかと思いきや、高性能なAFと連写性能のおかげでこの通り。親鳥から餌をもらおうと一生懸命首を伸ばしている姿が愛らしいですね。


Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:135mm(換算216mm)/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:320/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM




Canon (キヤノン) EOS M6 焦点距離:200mm(換算320mm)/ 絞り:6.3/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:3200/ 使用機材:Canon EOS M6 + EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


閉園間際、少し日も傾き始めたころに撮影をしたので高感度での撮影になってしまいましたが、ISO3200であることを感じさせないクリアな描写には驚きました。フクロウの羽根の細かい模様まで繊細に写し出してくれています。
また、EF-M 55-200mmのボケの美しさにもうっとり。フェンス越しの撮影であることを忘れてしまいそうです。


Canon (キヤノン) EOS M6
Canon (キヤノン) EOS M6


上の写真は別売のEVF『EVF-DC2』を取り付けた状態の『EOS M6』です。実はカメラだけでなくこの別売のEVFも進化を遂げており、前モデル『EVF-DC1』と比べて約29gの軽量化を果たしています。デザインもよりスタイリッシュでコンパクトになりました。
スイッチを押しながらでないと取り外しができない仕様になっているので、うっかり落としてしまった…なんてことにもなりません。

さて、肝心のカメラ本体ですが、見た目は確かにM5よりもM3寄りでコンパクト。しかしながらなかなかの高級感があり、性別を問わずに愛されるユニセックスなデザインが魅力的です。スタッフ間でも「かっこいいね!」と大好評でした。写りの美しさも然ることながら、見た目のデザインにも配慮が行き届いているのが分かります。
バッテリーは極端に減りが早いということもなく、動物園で1日撮影をしていてもまだ半分以上バッテリーが残っていました。(撮影枚数は350枚ほど)旅行に持ち出したり連写を多用する場合は念のため予備バッテリーがあると安心でしょう。

小型・軽量なのでどこへ行くのにも気兼ねなく連れて行ける『EOS M6』。
「このカメラと一緒に、いろんな所に行ってみたい。」そんな気持ちにさせてくれる1台のご紹介でした。


Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:18票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |