Select Language




Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR

Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR

ニコンからDXフォーマット用の超広角ズームレンズ「AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR」が発売されました。
35mm換算で15mm相当からのワイドな撮影が楽しめる新レンズは、広角撮影が苦手な印象の強いDXフォーマット機のイメージを大きく変えてくれる1本です。早速、その描写をご覧いただきましょう。

まずは定番の東京駅から。丸の内駅舎前の広場の工事も進み、より広いスペースで撮影ができるようになりました。その広さと大きな駅舎を存分に伝えるダイナミックな描写です。今にでも夕立が来そうな不穏な雲も捉えようと少し上向きにカメラを構えると、広角レンズ特有のパースがより建物の迫力を強調してくれます。また歪みのない綺麗な直線からも、レンズ性能の高さが伺えます。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:20mm(35mm換算:30mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


被写体に大胆に寄って、デフォルメ効果やボケ味を楽しむのも超広角レンズならでは。さすがに大きなボケとはなりませんでしたが、周辺減光もなく、柔らかく上品なボケ味を感じることができました。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:20mm(35mm換算:30mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


これまで、何本ものNikonレンズを試してきましたが、恥ずかしながらステッピングモーターの「AF-P」レンズを使うのは今回が初めて。静かで高速に合焦するAFに驚きです。元々、被写界深度が深い広角レンズなのでピント自体は合わせやすいのですが、画面内を移動する被写体があっても、シャッターボタンに指をかける度にしっかり追いかけてくれる素早さを感じることができました。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:12mm(35mm換算:18mm)/ 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


桟橋には大型客船が停泊中。せっかくなので船の大きさを体感すべく、桟橋の端まで歩いてみました。
コンパクトで軽量な本レンズの重さは約230g。撮影に使用したグリップの握りやすいD7500と合わせても1Kg未満で、手持ちで歩いていても苦になりません。小型軽量のDXフォーマットの恩恵を存分に感じることができる組み合わせです。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR



Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


細かなレンガを重ねた赤煉瓦倉庫の写真を見返してみると、改めて本レンズの解像感の高さを感じることができます。避雷針や、瓦屋根、広場のタイルまで細かい部分までしっかり捉えており、最新レンズらしい高精細デジタルカメラとの相性の良さを感じることがきました。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


太陽光が割り込むシーンも多い広角レンズ。ナノクリスタルコートが施されていないため、フレアやゴーストの発生を心配しましたが、意外と逆光耐性は高そうです。強い斜光でも周辺までクリアでコントラストの高い描写が確認できました。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:14mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR



Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:125 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


暗いシーンの撮影の際、頼りになる3.5段相当の手ブレ補正機能も忘れてはいけません。広い画角のためファインダー越しではあまり効果を実感できませんでしたが、実際にスローシャッターで撮影すると、その効果を感じることができます。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:12mm(35mm換算:18mm)/ 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:640 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


スポットライトによる明暗のグラデーションも綺麗で、クリア感の高さが分かります。
ブレも抑えられているので、計器のメモリなど細かい箇所もとてもシャープに捉えています。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR 焦点距離:20mm(35mm換算:30mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR


最短撮影距離は22cm。レンズ自体の長さを考慮すれば、レンズ先端から十数センチまで寄ることができます。
D7500のバリアングル液晶を駆使しながらローアングルで接近。静音で瞬時に合焦するステッピングモーターのおかげで、猫を驚かせることなく近接撮影をすることができました。シャッターも液晶画面を見ながら猫の目の部分をタッチするだけ。AFが早いとタッチシャッターのレスポンスも良く、カメラの性能も向上したように感じます。


Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR

携帯性良く、描写もAFスピードも申し分なし。期待以上の性能を披露してくれました。そして何より注目したいのがコストパフォーマンスの高さです。
これまでDXフォーマットの超広角を担ってきた「AF-S DX 10-24mm F3.5-4.5G ED」と比べて半値以下と、とてもお財布に優しいのです。望遠端側が短くなっていたり、開放F値が少し暗くなっていたりと、多少のスペックダウンはありますが、それを補う価格面のメリットは大きいのではないでしょうか?
よりお求めやすくなった超広角ズームレンズは、DXフォーマットの苦手意識をなくし、より広角撮影を気軽にしてくれることでしょう。

Photo by MAP CAMERA Staff













カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:7票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 432:超高倍率ズームという新たな選択肢『TAMRON 18-400mm DiII VC HLD』 2017年07月20日
焦点距離:70mm(35mm換算:105mm) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 +TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD 広角から望遠まで幅広い画角をカバーし、旅行など荷物を多くしたくない時に重宝する高倍率ズームレンズにまた新たなラインアップが加わりました。 新レンズ『タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD』は、35mm判換算で27mmから600mm相当(ニコンのカメラを使用した場合)をカバーし、そのズーム比はなんと22.2倍。...
続きを読む
Nikon AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR 431:DXフォーマットのイメージを変える超広角ズーム『Nikon AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR』 2017年07月17日
焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR ニコンからDXフォーマット用の超広角ズームレンズ「AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR」が発売されました。 35mm換算で15mm相当からのワイドな撮影が楽しめる新レンズは、広角撮影が苦手な印象の強いDXフォーマット機のイメージを大きく変えてくれる1本です。早速、その描写をご覧いただきましょう。 まずは定番の東京駅から...
続きを読む
SONY FE 12-24mm F4 G 430:圧倒的な広さと高画質『SONY FE 12-24mm F4 G』 2017年07月09日
焦点距離:12mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7RII + FE 12-24mm F4 G  もし、どのメーカーのレンズが一番性能が良いのか比べたい場合、一つの指標として超広角ズームレンズで比べてみてもいいかもしれません。なぜなら、超広角ズームレンズは複雑な光学設計なゆえに作るのが難しく、減光や歪み、周辺に写り込む像の流れなど、ネガティブな要素が常に付きまとうからです。今回Kasyapaでご紹...
続きを読む
null 429:Artシリーズ最高峰レンズ『SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM』 2017年07月06日
焦点距離:24mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:400/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art・Contemporary・Sportsといったライン分け、企業・パッケージ・プロダクトデザイン、そして製品クオリティ。2012年より始まったシグマの企業ブランディングは大成功していると感じています。他にはない尖った商品を市場へ送り出し、一昔前までサードパーティ製レンズは「純正より安い...
続きを読む
428:異次元の世界を写し出す『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』 428:異次元の世界を写し出す『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』 2017年07月05日
絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM (キヤノン用) シグマから、世界初(※)となる開放値F1.8の明るさを誇る超広角単焦点レンズ『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』が登場しました。 2017年7月7日発売、7本目の35mmフルサイズ対応の単焦点Artレンズ。そんな縁起の良い数字がそろった本レンズの魅力に迫ります。 (※2017年2月現在、デ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |