Select Language




Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:300mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR

Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR

広い望遠域をカバーしながら軽量で扱いやすと人気を集めたニコンの望遠ズームレンズ「70-300mm F4.5-5.6」がリニューアル。『AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR』が登場しました。旧モデルの登場が約11年前の2006年8月。日々の進化が著しい昨今、本レンズがどのうような進化をしたのか気になるところ。さっそく撮影に出掛けてきました。

まず注目は、ステッピングモーターによる速いオートフォーカスでしょう。先日の「AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G」の撮影でステッピングモーターデビューをした筆者。前回でもその凄さをを十分体感できたと思っていましたが、望遠レンズで感じるスピードはそれ以上です。被写体との間にネットがあろうが、周りに木々がたくさんあろうが、狙ったところを瞬時に捉えてくれます。普段はほとんど動かないハシビロコウが突然羽を広げました。そんな一瞬も逃さず捉えてくれました。
動物園の動物は慣れているのかもしれませんが、動物を狙う際はわずかな音にも注意したいところ。静音も大きな武器になることでしょう。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:250mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:5000 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


さすが最新レンズと思わせる解像力が高くクリアな描写は、厚いガラス越しでの撮影だったことを微塵も感じさせません。ゴリラの毛並みもきれいに捉えています。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:200mm / 絞り:F5.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


レンズの重さは約680g。旧モデルより65g軽くなり、機動力がさらに向上。炎天下の撮影でも疲労感少なく撮影できるのは本当に助かります。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:200mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


最短撮影距離も旧モデルから30cm短くなり、1.2mまで寄れるようになりました。ズームで被写体を引き寄せればクローズアップ撮影も楽しめます。望遠レンズの圧縮効果もあって、マクロレンズとは違った雰囲気で近接撮影が楽しめます。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:170mm / 絞り:F5.3 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


スナップ撮影には不向きな印象の望遠レンズですが、軽くてサッと撮れる素早いAFの本レンズなら苦手意識を払拭。高い解像力と相まって、ふと見つけたワンシーンを綺麗に切り取ってくれます。スポーツからポートレート、スナップまであらゆる用途で活躍してくれることでしょう。



Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:240mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


速いAFは動く被写体にも有効です。カーブしながら迫ってくる電車をしっかり捉えてくれました。
余談ですが、本レンズを使用する際、推奨されていたファームウェアのアップデートを実行したところ、D5に新たなグループエリアAFが追加されました。横一列、又は縦一列のフォーカスポイントから最も手前にある被写体を捉えるので、横移動しながら近づいてくる鉄道やモータースポーツなどで活躍が見込めます。益々、レンズの素早さが重要になると感じました。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:270mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR



Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:116mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR



Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:70mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:900 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


本レンズの進化は速いAFと機動性の高さだけではありません。望遠レンズを使用する際、最も重要視したい手ブレ補正機構も2.5段分から4.5段分にパワーアップ。その実力を試すべく、船上からの夜景撮影にも挑戦。揺れる船上でも、1/10秒のスローシャッターで撮影できました。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:300mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:51200 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


船が羽田沖にさしかかると、上空を飛行機が横切ります。D5のAF力を持ってしても、夜空の飛行機を補足するのは難しいようで、何度かピントを外しましたが、点滅する明るい航空灯を見つけると瞬時に捉え直してくれます。AF-Pレンズの瞬発力の高さを改めて知ることとなりました。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR 焦点距離:300mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:22800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR


肉眼では薄っすらとしか見えなかった空港の様子も望遠端で綺麗に捉えてくれました。


Nikon AF-P 70-300mm F4.5-5.6E ED VR

11年ぶりのリニューアルで、今まで弱いとされていた部分を見事にカバー。益々非の打ちどころの無いレンズとなりました。携帯性が良いのも大きなポイント。より望遠撮影を身近なものにしてくれることでしょう。望遠レンズのデビューを検討されている方にも、自信を持っておすすめできる1本です。

Photo by MAP CAMERA Staff













カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:13票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |