Select Language




SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM



ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第6弾は『SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM』です。
社内でシグマレンズのニコン版Kasyapaを作成すると決まった時、普段ポートレートを撮ることのない筆者にとって、このレンズが一番の難題でした。究極のポートレートレンズとして名を馳せているのは知っていましたが、縁の無い被写体なだけに、これまでほぼ無縁の85mm。ましてや中望遠域は高性能なズームレンズも多く、普段の撮影では利便性の高いズームレンズを多用する有り様。そんな食わず嫌い化していた85mmとはどんな味なのか?興味半分、不安半分で撮影に出掛けてきました。

私の不安を煽るかの様に今秋の空はスッキリしません。雨を避け水族館に逃げ込むと、ダイバーによる餌やりが行われていました。 薄暗い館内に加え、ガラス越しというカメラ泣かせのシチュエーションでも、速いAFが泳ぐ姿を捉え続けてくれます。薄いピント面の大口径レンズなだけに、ピント合わせに難儀するのかと思いきや、素早いピント合わせには本当に驚きました。そしてそれ以上に驚いたのが、薄暗い館内だということを忘れさせる明るいファインダー像です。普段はF2.8のズームレンズで覗いている景色がより明るいF1.4になったことで、視界がさらに明るく開けます。明るいレンズに総じて言えることですが、視界に入る風景が明るく綺麗だと、撮影が本当に楽しくなります。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


ボケの大きな優しい描写のレンズと思っていたら大きな間違いでした。5000万画素以上の超高画素カメラに対応するという高い解像力は、羽毛が弾いた水滴の1滴までもしっかり捉えています。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


最短撮影距離は85cm。マクロレンズの様にもう一歩詰め寄ることはできませんが、シャープさとボケの美しさを併せ持つ高い描写力で被写体の質感を上品に描きます。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


普段のズームレンズと同じ感覚で街中を切り取ると、より大きくなったボケが奥行きをさらに広げ、とても立体的な画になりました。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


神社脇にあった石の彫刻。連日の雨に濡れ、少し水分を含んだようなウェットな質感までしっかり捉えています。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


水に浮かべられたダリアも、先の石像同様にしっとりとした質感を綺麗に再現しています。「SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM」を使用した時にも感じた、ニコンのデジタルカメラらしい派手さを抑えた忠実な質感描写が見てとれます。焦点距離が異なっても、同じArtシリーズとしての拘りが感じられました。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM



SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


夕方4時にもなると周囲は暗くなり、夏の頃と比べ撮影できる時間がかなり短くなった様に感じられます。普段なら早々に引き上げる頃合いですが、クリアで明るいレンズはもう少し撮りたいという気持ちを叶えてくれます。高感度に頼らず、夕暮れの様子を自然に撮れるのは大きな魅力です。室内の明かりを窓の格子越しに見ても、色収差はまったく感じられません。建物の外壁一面を隅々までシャープに捉えています。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


閉園ギリギリに駆け込んだ動物園。動物も1日の勤めを終えてお疲れの様子。茂みの中でじっとしているリスを見つけ、そっと近寄ってみました。葉の隙間から僅かに覗かせる顔を一瞬で捉えるAFは流石です。前を遮る葉が大きくボケ、小さなリスがしっかりと主役になりました。すぐに逃げられるよう注意を払っている気配が伝わってきます。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM


一方、こちらは目立つ場所でのんびりお食事タイム。警戒心なく美味しそうに食べています。さすがポートレートの王道レンズは小さな動物でも、感情のようなものをしっかり捉えてくれました。


SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM

評判の高いポートレートレンズ。今回はポートレート無しの撮影でしたが、レンズの性能の高さを十分感じることができました。85mm F1.4としては破格の12群14枚からなるレンズは1130gと、かなりの大きさですが、その重さに匹敵する素晴らしい解像力が確認できました。気軽に持ち出せない分、スナップには少々不向きかもしれませんが、本レンズでないと撮れない画があるのも確かです。ポートレートはもちろん、あらゆるジャンルでの活躍が見込めますので、ぜひトライしてみてください。

Photo by MAP CAMERA Staff















カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:18票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 464:個性的で実用的な85mm『KISTAR 85mm F1.4』 2017年12月30日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7II + KISTAR 85mm F1.4(+RAYQUAL マウントアダプター ヤシカコンタックスレンズ/ソニーEボディ用) 木下光学研究所 KISTAR 85mm F1.4 国産CONTAX・Zeissの源流とも言えるTOMINONレンズの技術を受け継ぐ木下光学研究所から、シリーズ3本目となる『KISTAR 85mm F1.4』が登場しました。 開放での柔らかさが印象的な大口径中望遠レンズは、高い解像力を持ちつつもクラシックな雰囲気が感じられ...
続きを読む
null 463:渾身のフラッグシップ『Panasonic LUMIX G9 PRO』 2017年12月25日
焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic LUMIX G9 PRO パナソニックのフラッグシップ機といえば2017年春に発売されたGH5が記憶に新しいと思います。従来機よりAFや連写性能などの基本性能が進化しただけでなく、一番の強みとも言える動画機能も大...
続きを読む
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO 462:F1.2の明るさを誇る準広角レンズ『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO』 2017年12月22日
絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200/ 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO 今回のKasyapaでは、オリンパスのF1.2大口径単焦点シリーズ第3弾となる『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO』をご紹介いたします。 35mm判換算すると34mmと、ちょうど準広角域にあたる本レンズ。最も汎用性が高く使いやすい焦点距離...
続きを読む
null 461:ライカの名を持つ大口径超望遠レンズ『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』 2017年12月19日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. Panasonic LEICA DG ELMARIT200mm F2.8 POWER O.I.S. 望遠レンズ使いの方なら一度は使用してみたいと思うであろう“ヨンニッパ”というスーパースペックのレンズ。しかし“ヨンニッパ”こと400mm F2.8レンズはその大きさや重量だけでなく、価格の面でもなかなか手が出せない領域にあるレンズです...
続きを読む
Canon PowerShot G1X Mark III 460:大幅な進化を遂げた1台『Canon PowerShot G1X Mark III』 2017年12月15日
焦点距離:45mm(35mm換算:72mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark III Canon PowerShot G1X Mark III 今回のKasyapaでは、11月30日に発売された新製品『Canon PowerShot G1X Mark III』をご紹介いたします。 本機が発表された時にまず驚いたのが、そのセンサーサイズの大きさでした。前モデルである『Canon PowerShot G1X Mark II』が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |