Select Language




Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.

Panasonic LEICA DG ELMARIT
200mm F2.8 POWER O.I.S.


望遠レンズ使いの方なら一度は使用してみたいと思うであろう“ヨンニッパ”というスーパースペックのレンズ。しかし“ヨンニッパ”こと400mm F2.8レンズはその大きさや重量だけでなく、価格の面でもなかなか手が出せない領域にあるレンズです。 今回の『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』というマイクロフォサーズ用レンズは35mm判換算すると まさに“ヨンニッパ”のレンズなのですが、驚きなのが全長約174mmの大きさと、30万円代の価格です。これがフルサイズ用なら価格が3倍くらい変わってくるでしょう。センサーサイズのメリットを生かした本レンズはいかなる描写を見せてくれるのか、早速撮影に向かいました。

超望遠レンズの撮影場所に選んだのは東京の空の玄関口とも言える羽田空港。久々に見たボーイング747は迫力満点の大きさです。ファインダーを覗いてまず驚いたのが、そのレンズサイズと焦点距離とのギャップ。マイクロフォーサーズ機としては大柄のGH5に『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』を装着すると、他メーカーで言うところのAPS-C一眼レフ機に少し短い70-200mm F2.8を組み合わせたようなサイズなのですが、本レンズはライカ名の付いた換算400mm F2.8のスペックを誇るフラッグシップレンズです。機材の見た目以上に焦点距離が長く、そして明るい。一枚目の写真はF2.8開放で撮影したのですが、素晴らしい解像力と立体感、そして階調表現を持ったレンズだということが分かります。

Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


開放F値が明るいとボケ味という点に焦点が行きそうですが、それは標準や中望遠での話。大口径超望遠レンズでの一番のメリットは高速で切れるシャッタースピードにあります。動く被写体を写真で止めることができ、薄暗い環境でも被写体ブレを抑えて撮影のできる大口径超望遠レンズはまさにプロカメラマン御用達の一本と呼べるレンズです。

本レンズを使用して感じたのがF2.8にもかかわらず、深い被写界深度を持ち合わせているということ。それはセンサーサイズによるものですが、超望遠レンズでの撮影で大きなメリットだと思いました。立体感のある開放描写をボケすぎず使用でき、高速シャッターで撮影することができる。飛行機、スポーツ、動物の撮影でこれほど使い易い超望遠単焦点レンズは他にないかもしれません。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


2段絞りとなるF5.6の描写は四隅まで隙のない描写。大口径レンズの宿命とも言える周辺光量落ちも写真からは見られません。そしてフォーカスを当てたコックピット周りは見張るほど緻密に写し出しています。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


換算400mmでスナップを撮る方はいないかもしれませんが、レンズサイズだけ見れば違和感のない大きさと重さです。そしてハイキー寄りの写真でも破綻しない細い線描写と高い解像力は『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』の性能の高さがうかがえる一枚です。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


ムクドリが一斉に飛び立つ瞬間を撮影した一枚。被写体の時を止めたような写真が撮れるのは本レンズならではと言えるでしょう。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』を使用していて驚いた点がもう一つ、優れた近接撮影性能です。最短撮影距離は1.15mで、その撮影倍率は換算で0.4倍。1.4×テレコンバーターを使用すれば0.56倍というマクロレンズ並みの近接が可能です。遠景の説明で深い被写界深度と話しましたが、さすが200mm F2.8ということもあり、寄れば背景が溶けて無くなってしまいそうなボケ味を発揮します。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


超解像力と使いやすさが融合した、新時代のヨンニッパ。



胴が太く、重量が約4キロ近いフルサイズ対応“ヨンニッパ”に比べ、『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』は重量約1.2キロと別次元の取り回しの良さです。撮影の際は三脚座を外し、ずっと手持ちで撮影を行ったのですが、全く苦にならない大きさと重さでした。これがフルサイズ用なら撮影場所への持ち運びだけでも大変な労力だったことでしょう。また、本レンズの優秀な手振れ補正とホールドしやすいレンズサイズのおかげで、ファインダーを覗いていても被写体がユラユラと揺れるようなことはありません。これも手持ち撮影する上で大きなメリットだと言えます。AFも新開発されたスリーマグネットリニアモーターの採用により、静かで高速。フェードインするようなフワッとしたスピードではなく、キビキビとした動きで被写体を捉えてくれます。
近年のマイクロフォーサーズ機における画質向上も相まって、素晴らしい描写を見せてくれた『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』。この画質と使いやすさを考えると、これからの機材選びが変わってきそうな予感がしました。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


滑走路を眺める女性をスナップした一枚。『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』は情緒的に景色を切り取ってくれるレンズです。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


今のマイクロフォーサーズ機が持つ高い画質性能を十二分に発揮することができる『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』。もうセンサーサイズだけで画質を語るのは過去の事になったのかもしれません。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 焦点距離:換算560mm / 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. + TC1.4


本レンズには1.4倍のテレコンバーターも同梱されており、換算400mm F2.8 と 560mm F4 の2つの焦点距離を使い分けることができます。これは実質2本分の大口径レンズを手に入れたようなもので、満足度も高い1本です。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 焦点距離:換算560mm / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. + TC1.4


こちらもテレコンバーター着用で撮影した一枚。おそらく本レンズの開発と並行してテレコンバーターも作られたのでしょう、画質の劣化などは全く感じさせない描写力です。


『Panasonic  LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


日が傾きオレンジと黒のコントラストが美しく滑走路を照らしている一枚。あらためて本レンズの素晴らしい描写力を感じました。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S. 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 / 使用機材:Panasonic GH5 + LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.


偶然出会えたこの富士山に本レンズの画角がピッタリとはまりました。寒い季節になってきましたが、このような偶然は写真撮影をしていて嬉しい瞬間の一つです。


Panasonic(パナソニック)LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.

あらゆるフィールドへ持ち出せる、大口径超望遠レンズ。



『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』を使用してみて、これほど体も気持ちも軽くなれる大口径超望遠レンズは初めての経験でした。通常このクラスのレンズになると持ち出すだけでも気合が必要なのですが、本レンズは少し短い70-200mm F2.8を持ち歩いているような感覚で、一日中持ち歩きながら撮影をしても苦になりません。そして積極的に開放から使える素晴らしい描写力は唯一無二のもの。超望遠レンズの購入検討に『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S.』の名前も上がると思いますが、切れ味と立体感に関しては本レンズの方が一枚上手だと感じました。
また、この大きさなら舞台撮影や運動会などのイベントにも気軽に持っていくことができるはずです。バズーカと呼ばれるようなフルサイズ用超望遠では場の空気に合わないシーンもありますから、本レンズだからこそ撮影ができる、そして写真にすることのできる被写体があるように思ます。
メーカーが「LUMIX史上最高の描写性能を実現」と謳っていますが、まさにその言葉は伊達でないと感じた1本でした。利便性はズームに分があるものの、描写力にこだわるのなら『Panasonic LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』を是非おすすめしたいです。決して期待を裏切らない素晴らしいレンズでした。

Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:76票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z7 +マウントアダプター FTZ 491:Fマウントの資産を次世代に繋ぐ『Nikon Z7 + マウントアダプターFTZ』 2018年09月21日
焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR +マウントアダプターFTZ Nikon Z7 with マウントアダプター FTZ 先日、新マウントレンズ「NIKKOR Z 24-70mm F4 S」と一緒に紹介させていただいた『Nikon Z7』。 新しいZシステムの凄さをご理解いただけたかと思いますが、歴史あるFマウントレンズの資産も有効活用したいとお考えの方も多いのではないでしょうか? かく言う筆者もその一人。カメラを始めてか...
続きを読む
SONY FE 400mm F2.8 GM OSS 490:ミラーレス機の恩恵がよく分かる軽量な超望遠レンズ『SONY FE 400mm F2.8 GM OSS』 2018年09月21日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS SONY FE400mm F2.8 GM OSS SONYの超望遠フラッグシップレンズ『FE400mm F2.8 GM OSS』が発売されました。 超望遠レンズとは言え、軽量なミラーレスカメラに最適化されたレンズというイメージが先行していたので、届いたダンボール箱の大きさにビックリ!一瞬開けるを躊躇うサイズです。 しかし箱を持ち上げてみると、見た目からの想像を裏切る軽さ。専用のアタッシュケースから出...
続きを読む
Xシリーズが次のステージへ『FUJIFILM X-T3』 489:Xシリーズが次のステージへ『FUJIFILM X-T3』 2018年09月20日
焦点距離:55mm(35mm判換算:83mm)/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS【ETERNA】 FUJIFILM X-T3 今回のKasyapaでは、2018年9月20日発売の新製品『FUJIFILM X-T3』をご紹介いたします。 X-T2の発売から早いもので丸2年。後継機の登場を今か今かと待ち望んでいた方も多くいらっしゃることでしょう。 いったいX-T2からどれほどまでの進化を遂げたのか、...
続きを読む
Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM 488:描写性と信頼性の両立『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』 2018年09月19日
焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM 赤いラインを基調とした意匠と優れた描写性で知られるキヤノンのLレンズ。その中でも望遠レンズは存在感のある白い塗装で鏡筒が塗られており、カメラを詳しく知らない方にも“白いレンズ”として周知されるほど有名です。 ...
続きを読む
TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD 487:軽くて便利な超広角ズーム『TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD』 2018年09月18日
焦点距離:26mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD タムロンから高画質と軽さ・コンパクトさを両立した広角ズームレンズ『TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD』が登場しました。特殊硝材を贅沢に使用することで、倍率色収差を徹底的に抑制し、上位機種に匹敵する高いシャープネスとコントラスト性能を実現したというハイスペックレンズ。ミラーレス機の登場でよりコンパクトなレンズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |