Select Language




SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:14mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM

SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


一昨年の秋に「ゼロ・ディストーション」という謳い文句を掲げて登場した『SIGMA Art 12-24mm F4 DG HSM』。あれから1年半ほど経った今、さらに明るい超広角ズームレンズがシグマから発売されました。その名も『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM』。先述のレンズと比べ、広角端の焦点距離が2mm長くはなったものの、14mmも十分すぎるほどに超広角。しかもF2.8の明るさを誇るというのですから驚きです。
早速レンズを装着してファインダーを覗いてみると、あまりの真っ直ぐさに思わず笑みが零れました。12-24mmもかなり歪みが抑えられていましたが、本レンズはそれを超える出来栄え。周辺の流れもほぼゼロに等しく、良い意味で広角レンズらしからぬ1本です。

冒頭の写真は、風になびく竹林を撮影した1枚です。隅々までシャープな描写はさすがシグマといったところでしょうか。拡大すると右下に少しだけ虹色のゴーストが出ているのが見られますが、むしろこれだけ大きな前玉に直射日光を浴びているのにも関わらずここまでゴーストが抑えられているのには驚きました。
ゴースト・フレアに非常に強く、どんな被写体でもシャープに写してくれるのがシグマレンズの大きな魅力ですが、中でも建築物や風景を得意とする本レンズのような広角レンズとの相性は抜群であるように思います。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:14mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:250/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


冒頭で歪みが抑えられていると書きましたが、スペックを見てみると、レンズのパワー配置の最適化により歪曲収差は1%以下にまで抑えられているとのこと。確かに撮影をしていて歪みを感じるシーンは全くと言っていいほどありませんでしたが、改めて数値にして見るとまた違った感動があります。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:24mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/40秒 / ISO:160/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


通常ならば薄暗い室内で細かな被写体にピントを合わせるのはなかなか難しいですが、本レンズのAF性能に助けられました。
開放でもしっかりとシャープな描写。機織り機にセットされた糸の1本1本まで綿密に描写しています。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:18mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:640/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM




SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:24mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


3月も中ごろに差し掛かり、いよいよ本格的に桜の季節の訪れを感じます。濃いピンク色が特徴的な川津桜は既に散り始めており、葉っぱの緑、桜のピンク、そして空の青と彩り鮮やかな1枚となりました。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:19mm/ 絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


本レンズはSportsラインと同等の防塵・防滴性能を誇るだけでなく、前玉に撥水防汚コーティングが施されています。最初に大きくせり出した前玉を見たときは少々不安になりましたが、頑丈な花形フードをはじめ、しっかりとレンズを守る設計が最初からされているので安心して使用することが出来そうです。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:14mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


広角端で被写体に迫ると、勢いのある画になります。これも広角レンズならでは。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:24mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


スナップレンズ…としては少々ビッグサイズですが、望遠端は24mmなのでこのように風景の一部を切り取って写すことも得意としています。こちらの写真は開放で撮影をしましたが、被写体を引き立たせてくれるだけでなく、9枚羽の円形絞りの採用により画面端でもボケの形がちゃんと円形を保っているのが嬉しいです。さすがはシグマのArtレンズ、一切の妥協を許さない写りです。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:14mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM




SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:18mm/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


地下道に差し込む、強い光。3月ともなると日照時間もだいぶ伸びました。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM 焦点距離:14mm/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM


カメラを地面に置き、バリアングルモニターを可動してタッチでピント合わせをした1枚です。広角レンズでの撮影は構図がマンネリしがちですが、バリアングルモニター搭載のカメラを使用すると撮影の幅が広がるのでぜひ活用してみてください。


SIGMA (シグマ) Art 14-24mm F2.8 DG HSM

大口径超広角ズームレンズの決定版



『SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM』いかがでしたでしょうか。
本レンズの重量は1,150gとかなりのもの。Artレンズは軒並みヘビー級ですが、それでも使いたいと思わせるほどの素晴らしい写りがその先には待っています。
また、今回は日中の撮影のみでしたが、明るい広角レンズと聞いて真っ先に星空が頭に浮かびました。今度はこのレンズを携えて星空撮影に行ってみたいものです。

上の写真をご覧いただくと分かるように本レンズには花形のフードが採用されていますが、映像制作等でマルチカメラ撮影を行う際、レンズ同士の干渉を最小限に抑えられるようカスタマイズできる「フロント交換サービス」という有料のサービスを受けることが出来ます。シグマはシネレンズも取り扱っていますが、昨今のカメラは写真のみならず映像においても並々ならぬスペックを持ち合わせているものばかり。そういった映像にも特化したカメラに合わせた本サービスに、シグマの本気を感じます。

今年のCP+でも『Art 70mm F2.8 DG MACRO』や『105mm F1.4 DG HSM』など多数のレンズの発表があったように、シグマの勢いは留まるところを知りません。開発発表されたソニーのフルサイズ対応レンズが発売されたらその勢いはさらに増すことでしょう。



Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:43票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 498:バランスの取れた逸品『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S』 2018年11月08日
焦点距離:49mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:450 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 先月の終わりごろに10日間ほどプライベートで海外旅行に行く予定があり、何の機材を持っていこうかと考えに考え抜いた結果、発売したばかりの『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』を持っていくことにしました。 このセットにした決め手としては、やはりそのコンパクトさ。そ...
続きを読む
SONY FE 24mm F1.4 GM 497:広角レンズの概念を覆す1本『SONY FE 24mm F1.4 GM』 2018年10月28日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7RIII + FE 24mm F1.4 GM SONY FE 24mm F1.4 GM 今回のKasyapaでは『SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM』をご紹介いたします。 解像力とボケ味が両立された、ソニー最高峰のレンズだけに与えられる称号「G Master」。本レンズはそのシリーズの8本目にあたります。今までソニー純正の単焦点レンズラインナップに広角レンズは無かったので、本レンズ...
続きを読む
Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |