Select Language

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6 焦点距離:72mm(換算約200mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:320
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6

SONY RX100M6


高級コンデジのジャンルを牽引し、αシリーズとは違う大きな柱となったソニーのRXシリーズ。
その中でもRX100は、手のひらサイズのボディに1インチの大型センサーとソニーの最新テクノロジーを凝縮させた意欲機で、クラスを超えた描写力と性能の良さが魅力のカメラです。そのRX100も今回の新モデルで6世代目。しかも今までとは異なる新たなRX100へと生まれ変わりました。今回のKasyapaは最新機種『SONY RX100M6』をご紹介いたします。

『SONY RX100M6』の一番の特徴として、搭載されているレンズが換算24-200mmの高倍率ズームへ変更になりました。倍率が高くなればレンズ光量が落ちるイメージがありますが、本機はF2.8-4.5の明るさをキープ。センサーはフラッグシップ機α9にも技術採用されている積層型COMSセンサー Exmor RSを内蔵し、画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIによって高速化と色彩表現の向上が図られています。

写真は、撮影出発時に家の玄関のランプを撮ったカットから。1インチセンサーとはいえ高倍率ズームのコンデジ、どんなものかと軽い気持ちでシャッターを切りました。その場ではプレビューを見て「キレイに撮れる」くらいにしか思いませんでしたが、画像をPCで確認してみてビックリ。電球の緻密でリアルな描写はもちろん、傘に付いた小さな糸埃まで見える高い解像力に「本当にコンデジなのか!?」と驚いてしまった一枚です。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6 焦点距離:33mm(換算約89mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:500
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


通常のコンデジで撮影すると、色はそれっぽく見えても絵作りが平面的で立体感の乏しい写真になりがちですが『SONY RX100M6』は1インチサイズのCMOSセンサーを採用していることもあり、色表現・立体感ともに一眼カメラに迫る表現力を持ち合わせています。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6 焦点距離:9mm(換算約24mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:125
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6
焦点距離:26mm(換算約70mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:125
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


ガラスの艶やかさが本当に見事です。搭載されているツァイスのバリオゾナーは、高コントラストとヌケの良さを持ち合わせており、ズーム全域で高い解像力を発揮してくれます。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6 焦点距離:72mm(換算約200mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


ゆっくりと近づき、間近で撮影できたツバメ。このカットが撮れたのも望遠域が200mmまで伸びる『SONY RX100M6』だからこそと言えるでしょう。そして小さなカメラサイズも警戒心を和らげてくれたのかもしれません。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6 焦点距離:29mm(換算約78mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


ソニーはセンサーを開発・製造するメーカーということもあり、搭載されている1インチセンサーのポテンシャルが非常に高いと感じました。JPEG撮影後にシャドウ部を持ち上げても、写真の中に驚くほどの情報量を持っています。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6焦点距離:72mm(換算約200mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:320
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


更に完成度が増した、RX100シリーズ最新機種。



『SONY RX100M6』の凄さは描写性能のみならず、そのトータルパッケージの完成度の高さです。センサーや画像処理エンジン周りは『SONY RX100M5』を踏襲しており、ボディの作りもそのまま…と思っていたのですが、細部の作り込みがM5とは異なります。
まず、従来のRX100シリーズへ搭載されていたEVFはポップアップ後に接眼部を指で引き出さなくてはいけなかったのですが、『SONY RX100M6』はワンアクションで使用可能になりました。しかもファインダーのスイッチが電源スイッチとも連動しており、瞬時に撮影が開始できようになっています。
そして一見すると変わらないように見えるストロボも薄くコンパクトになりました。これはズームレンズのユニットが大きくなったための変更ではありますが、光量は従来機と同じスペックをキープしています。
ソニーは小さなボディにこれでもかという程の技術を詰め込むのが本当に上手なメーカーだと思っていましたが、この『SONY RX100M6』はその最たるものだと言えるでしょう。このカメラはソニーにしか作れない一台だと思います。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6焦点距離:48mm(換算約130mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:250
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6
焦点距離:9mm(換算約24mm) /絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:125
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


今回の写真はすべてJPEGエクストラファインで撮影をしました。撮影後に多少の微調整をしたものもありますが、撮って出しの絵作りが非常にキレイな印象です。
以前ソニーを愛用するプロカメラマンから聞いた話なのですが、その方はソニーにしてからほとんどJPEG撮りで仕事をしていると言います。もともとソニーはJPEGで写真の絵作りが完成するようにカメラを作っており「撮る時に露出さえ決まっていれば、そんなに撮影後にいじる必要がない」と話していました。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6
焦点距離:28mm(換算約76mm) /絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:125
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


強い日差しがビルのガラスに反射しているカット。逆光耐性は流石ツァイスのT*コーティングと言えるでしょう。写真の中に明暗の差が出るように意識して撮影したのですが、ハイライト部にはフレアの発生がほとんどなく、シャドウ部は諧調豊かで粘り強い印象です。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6
焦点距離:9.5mm(換算約26mm) /絞り:F5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:125
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6
焦点距離:35mm(換算約95mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:12800
使用機材:SONY Cyber-shot DSC-RX100M6


最後は上限感度であるISO12800で撮影した1枚。PC上ではノイズ感とのっぺりとした印象は否めませんが、背面液晶やスマートフォンで確認する記録写真としてなら十分だと感じます。作品を撮りならば上限ISO3200〜1600程度に抑えた方がいいかもしれません。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6

遂に“究極のコンデジ”が登場した。



高級コンデジと一言で括りますが、そこには多種多様なカメラが存在します。大型センサーと高性能単焦点レンズを組み合わせ、絶対的な画質にこだわった機種。明るい標準ズームレンズを搭載し、ワンランク上の性能を目指した機種。そしてこの『SONY RX100M6』は一般的なコンデジの用途を究極の形まで持って行った機種だと感じました。いつでも持ち運べるコンパクトさと、使いやすいズーム域のレンズを併せ持ち、そこに高画質とAF性能が加わっています。お世辞抜きにこれほど便利なのに撮影欲を満たしてくれるコンデジは初めてです。
堅牢な作りのボディは高級感と信頼感があり、操作性も抜群。高精細なEVFと写りの良いズームレンズはクラスを超えた作り込みだと言えます。『SONY RX100M6』をサブ機として検討されている方も多いと思いますが、本機を手にしたらメイン機よりも活躍してくれるカメラになるかもしれません。私自身も「ほとんどの撮影はこの一台で事足りる」と思ってしまいました。

ソニーは本当に凄いカメラ、欲しいカメラを作ってきました。普段撮りの一台に、旅のカメラにぜひお勧めしたい一台です。


Photo by MAP CAMERA Staff











マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




[Category: SONY|掲載日時:2018年06月24日 12:00:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!94票


Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む
TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2

569:寄れる超広角ハーフマクロ『TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年02月06日]

絞り:F9 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 TAMRON20mm F2.8 DiIII OSD M1:2 タムロンの『20mm F2.8 DiIII OSD M1:2』をご紹介します。当レンズは同24mm、同35mmとともに発表された「寄れる」広角単焦点レンズシリーズです。24mm、35mmの2本が先に発売され、20mmの当レンズが満を持...
続きを読む