Select Language

SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM for SONY E


SIGMA Artレンズシリーズの記念すべき1本目としておよそ6年前に発売された『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』ですが、今回新たにEマウント用にチューニングされて登場することとなりました。
私自身フルサイズEマウント用シグマレンズの登場をずっと待ちわびていたこともあってか、愛機であるα7IIに本レンズを装着した時に「シグマのレンズがα7IIに着いている…」と、思わず感動してしまいました。
マウントコンバーターの導入も考えはしましたが、やはり1本で完結しているのがベスト。トータルの重量もコンバーターとレンズの組み合わせより軽いので、Eマウント用の発売を待った甲斐がありました。

冒頭の写真は、渋谷のビル群を見上げた1枚。被写体の魅力を余すことなく引き出してくれるキレの良いシャープな描写力はさすがArtレンズです。ボディとレンズの重量バランスだけが気がかりだったのですが、本レンズに関しては意外とバランスが良くストレスなく撮影を楽しむことが出来ました。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.6/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


ゴーストやフレアもよく抑えられています。この日はとても風が強かったのですが、揺れ動く被写体をしっかりと捉えてくれました。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


Artレンズ最大の魅力は、そのボケ味の美しさでしょう。私もその美しさに魅了された者のうちの一人です。開放でもピント面が非常にシャープなため被写体が浮き立つような写りを見せてくれるのですが、一度この写りを味わってしまったら最後、もう他のレンズには戻れません。
画質重視のArtレンズは焦点距離を考えると大柄で重量のあるレンズですが、それでもなお「このレンズで撮りたい」と思わせるだけの魅力があるのです。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F2/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


マウントアダプターを介しているときには使えなかったAF-CモードもEマウント用では使えるようになりました。
動体撮影をされる方にとってはとても大きいポイントではないでしょうか。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.6/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


絶えず工事が繰り返されている渋谷駅は、さながらサグラダ・ファミリアのよう。また大きなビルを建てているようで、駅の周辺にはたくさんのクレーン車が鎮座していました。
訪れるたびに表情を変える街なので、とても撮りがいがあります。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


ソニー純正レンズと比べると価格差はもちろんですが、色乗りがだいぶ違うのが印象的です。あっさりとした色合いが好みの方にはシグマレンズをおすすめいたします。




SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM for SONY E



『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』にも触れる機会がありましたので、こちらも紹介いたします。

35mm同様、Eマウント専用になったことで、使用時の重さが約30g軽量に。たかが30gかもしれませんが、暑い日差しの下ではこの僅かな差がものを言います。
撮影に訪れたのは江ノ島。カメラを肩から下げて階段を登り下りすると、カメラが揺れますから、なお軽量の有り難みを感じます。マウントコンバーター不要の一体構造になったおかげで、マウント部の耐久性に関する不安も軽減されました。

海岸奥の岩屋の隙間から海を撮影しました。強い日差しの外光との明暗差の大きいシチュエーションですが、黒つぶれも白トビもなく、とても階調豊かな画像を描き出してくれます。


SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


洞窟の奥から吹いてくる涼しい風に誘われて奥に進みます。暗い洞窟でも明るいF1.4の大口径のおかげで、手持ち撮影が可能です。途中で渡されたろうそくを台の上に置いて撮ってみました。和紙越しでも炎の中心部を感じられる高い解像力です。ひんやりとした洞窟の中で、かすかに感じる炎の暖かさをArtレンズは見事に表現しています。奥の照明も綺麗にボケており、大口径レンズの凄さを改めて感じることができました。


SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


撮影を行ったのは7月上旬。島にある神社には七夕飾りが置かれていました。近接撮影も得意な広角レンズは、七夕飾りにグッと迫っても賑わう神社の様子をそのまま切りとることができます。そして、シャープな描写は数え切れないほどの願い事を鮮明に捉えます。


SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


日陰部分にはまだ紫陽花の花が残っていました。気温の上昇と共に少しづつ元気が無くなっていく花の様子をそのままに伝えています。AFも速くフットワークよく撮れるレンズは、画角も構図も自由自在。歪みなく大きなボケ味を有する描写は、写真だけ見ていると24mmで撮影したことを忘れてしまいそうです。


SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


水族館の丸い窓を撮影すると、魚眼レンズで撮ったかのような面白い写真になりました。でもこのレンズは魚眼レンズの様には歪みません。そして少ない光を上手に捉え、自然な色再現を披露してくれます。


SIGMA (シグマ) Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


ボディと比較すると少々大きめのレンズですが、ファインダー越しからでも伝わる高画質に思わず撮影に没頭し、重さも自然と気にならなくなります。


SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


過去にCanon用とNikon用をKasyapaで取り上げた「Art 35mm F1.4 DG」と「Art 24mm F1.4 DG」。既にこのレンズの高性能ぶりは十分に理解しているつもりでしたが、高い解像力と深いボケ味の両立した画像を見て改めて本レンズの凄さを再認識させられました。
24mmも35mmも標準ズーム1本でカバーされてしまう焦点域。高性能なズームレンズが多いことを考えると、なかなか手が出しづらいレンズかもしれませんが、SIGMA Artレンズでしか撮れない画があります。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff












マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




[Category: SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 06:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!73票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む