Select Language




Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM

Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM



赤いラインを基調とした意匠と優れた描写性で知られるキヤノンのLレンズ。その中でも望遠レンズは存在感のある白い塗装で鏡筒が塗られており、カメラを詳しく知らない方にも“白いレンズ”として周知されるほど有名です。 今回はその“白レンズ”の中でもマスターピースと言えるF2.8通しの一本、『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』をご紹介いたします。

2010年に発売されたII型から約8年半、最新のコーティング技術を身にまとった『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』は、名玉として絶大な支持を得ているII型の弱点を克服すべくリファインされたレンズとも言えます。その描写を確かめるべく撮影へ向かったのですが、残念ながら曇天の空模様。何を撮ろうかと歩いていた時、突然前を歩いていたお父さんがポーンと子供を上に投げたので、その瞬間を収めました。このようなシチュエーションを撮るのはなかなか難しいですが、直感的にカメラを構えた時でも素早く反応してくれるレンズとカメラは流石キヤノンだと感じます。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:115mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM


組み立て中の野外ステージを撮影した一枚。解像感と立体感と伴う描写ながらLレンズらしい艶のある発色です。コーティングが新しくなったことによりファインダーを覗いた瞬間に抜けの良さを感じられます。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:70mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:640
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM


野性味溢れるソテツの葉を生き生きと捉えてくれた一枚。AF動作もスムーズで、静音性も含め70-200mmではトップクラスの性能だと感じます。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM


プロの要望に応える、新70-200mm。



世界中のプロカメラマンが愛用するキヤノンの70-200mm F2.8L。II型でもその写りは折り紙付きですが、唯一の弱点をあげるとすれば逆光耐性がありました。強い光源が入ると緑色のフレア・ゴーストが派手に出ることがあり、被写体に被ってしまうとなかなか厄介なことになります。撮り直しが効く条件ならば工夫次第で防げるかもしれませんが、例えば大光量のライトに囲まれたスタジアムやスポットライトが並ぶステージなどを撮影するプロカメラマンにとってはもっとも改善して欲しい点でした。
そこで『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』では垂直に近い角度で入射する光に対して威力を発揮するコーティング“ASC”を本レンズに採用。フレア・ゴーストを大幅に抑制できると共に、コーティング自体の強度も高いのが特徴です。さらにレンズ最前面と最後面にはフッ素コーティングを施してありますので、過酷な撮影条件でも優れたメンテナンス性を保持しているのが特徴です。

レンズ内手ぶれ補正機構“IS”の効果は約3.5段分。この数値を聞いて「おや?」と思われた方もいることでしょう。II型のカタログスペックでは約4.0段分だった補正効果がなぜ落ちたのか、その理由は『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』から検査基準が変わったのです。今まではキヤノン独自の測定基準によるものでしたが、今回から新たにCIPAが定める測定基準に変更されました。そのため記載上は0.5段落ちたような書き方になっていますが、実際に使ってみるとズーム全域で被写体がピタリと止まる強力な手振れ補正に気づかされるはずです。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:155mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM




Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:200mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:190mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM


『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』の最短撮影距離は1.2m。テレ側で近接撮影すれば想像以上にクローズアップすることができます。写真では咲き始めの曼珠沙華をアンダー気味で撮影したのですが、このコントラストと深みのある色の美しさは実にキヤノンらしい描写だと感じました。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:123mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM





Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS III USM


レインボーブリッジを下から見上げたカット。素晴らしい解像力ですが、なんと開放F2.8で撮影したものです。『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』は焦点距離とレンズの明るさの特性によりボケやすいレンズと言えますが、被写体の距離とピント位置によってはこのような撮り方も可能です。


Canon (キヤノン) EF70-200mm F2.8L IS III USM

すべてのキヤノンユーザーにとって、最良の選択肢。



『Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM』はII型から着実な進化を果たした素晴らしいレンズでした。スペックシートだけ見るとII型と比べて変更点が少ないように感じますが、最新のコーティング技術によりクリアで抜けの良い描写と、従来と同じ感覚で使える操作系、そしてメンテナンス性の向上は、様々なプロカメラマンの意見を取り入れた結果だと思います。
最近ではキヤノン初のフルサイズミラーレス機『EOS R』の発表により世間の注目がそちらに向いていますが、同時に発表されたマウントアダプターを用いれば本レンズも使用可能です。まだまだレンズが出揃っていないRFレンズ群に対して、最新のF2.8通し望遠ズームレンズは撮影の幅を広げてくれることでしょう。一眼レフを使い続ける方にも、ミラーレスシステムを検討している方にもオススメしたい一本です。


Photo by MAP CAMERA Staff










マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:27票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |