Select Language

絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMAArt 14mm F1.8 DG HSM for SONY E

今回のKasyapaでは『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』のソニーEマウント用のフォトプレビューをお届けいたします。
キヤノン用ニコン用に引き続き、3回目の撮影となる本レンズ。筆者は以前キヤノン用の撮影を行ったのですが、久しぶりに手にしてみて改めてその前玉の迫力と重厚感のある外観に圧倒されました。
ボディはまだまだ現役の『SONY α7II』を使用。当たり前ですが『Canon EOS 5D Mark IV』で撮影した前回と比べて全体の重量感が段違いです!思ったよりもレンズとボディのバランスも悪くなく、むしろ軽くなった分機動力が増しました。

肝心の描写はと言うと、キヤノン用・ニコン用のフォトプレビューをご覧いただいても分かるように「さすがシグマ」の一言に尽きます。シャープでヌケの良い描写、そして超広角レンズとは思えないほどに抑えられた周辺の歪み。気持ち良いくらいに真っ直ぐでクリアな1枚を生み出してくれました。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

いつ来ても観光客が多く、賑やかな浅草寺。訪れた日は羽子板市が行われていたこともあり、いつも以上の賑わいを見せていました。そんな浅草寺の象徴である大提灯も、本レンズにかかればご覧の通り。すっぽりと周りの景色ごと1枚の写真に収めてくれました。

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

混雑する人ごみの中、ぐっとカメラだけ前に出して撮影をした1枚。煙の質感が見事です。
最近では一眼レフでもライブビュー撮影が出来るのが当たり前になってきましたが、それでもやはり「画面で撮る」という点においてミラーレスだと切り替えがよりスピーディーであることと、小型で取り回しやすいのが何よりのメリットです。

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMA (シグマ) Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMA (シグマ) Art 14mm F1.8 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

ボディが軽くなったことでより身近に

以前に本レンズを『Canon EOS 5D Mark IV』で使用した際は、じっくりと三脚を据えて風景写真を撮りたくなるレンズだと思いました。しかし、今回『SONY α7II』で使用してみて、これくらいの重量ならスナップ撮影にも持っていけると思い一気に目の前が広くなるのを感じました。
ボディが軽いと撮影スタイルの幅も広がり、それに付随して行動範囲も広がります。今までその重さや大きさで敬遠していた方々にこそ手に取っていただきたい組み合わせだと言っても過言ではないでしょう。


Photo by MAP CAMERA Staff
[管理タグ:#α72* ]



マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




[Category: SIGMA|掲載日時:2019年01月08日 04:50:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!37票


Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S

541:高解像の明るい広角『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』[2019年10月18日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 24mm F1.8 S 大口径単焦点『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』は、Zマウントで4本目になる開放F値1.8の明るい広角レンズです。高い解像力を誇り、風景・星景やスナップ撮影はもちろんのこと、明るさを活かした室内写真、ボケを活かしたポートレートなど、幅広く楽しむことができます。そんな当レンズを持って、秋口の江ノ島へ行ってきました。...
続きを読む
Canon EOS M6 Mark II

540:14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立『Canon EOS M6 Mark II』[2019年10月16日]

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:2000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM CanonEOS M6 Mark II この瞬間を逃したくない──!そんな思いのある方にピッタリなのが、『Canon EOS M6 Mark II』です。小型軽量だからと侮るなかれ。14コマ/秒の高速連写が、シャッターチャンスを逃しません。初心者が扱うには難しいのではと思われるかもしれませんが、そんなことありません。液晶...
続きを読む
539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』

539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F10 / シャッタースピード:30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN SIGMAArt 35mm F1.2 DG DN シグマが「最高画質の追求」をさらに先鋭化させた大口径単焦点レンズ『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』をご紹介します。なんと数々のレンズを生み出してきたシグマにおいて初の開放値F1.2。浅い被写界深度を活かした写真だけではなく、様々な表現に挑戦できるレンズです。 まずは工場夜景の写真から。撮影したのは、夜中の3時...
続きを読む
538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』

538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応) SIGMAContemporary 45mm F2.8 DG DN 『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)』は、シグマが提案する新しいフルサイズミラーレス専用標準レンズです。全てにおいてベストバランスが追求されています。50mmではなく45mmであることに、シグマのこだわりを感じます。 このレンズを手に...
続きを読む
TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む