Select Language




焦点距離:31mm(35mm換算:46mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

SONYα6400

SONYから新しいAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『α6400』が発売されました。フルサイズミラーレス一眼カメラの最先端技術を小型ボディに凝縮したという「α6400」は、お出掛けのお供に最適な1台です。

間も無く平成も終わりを迎えようとしています。移りゆく時代の中で、その時代に活躍したものにも着目しようと思いました。こちらは1920年代から1960年代まで活躍していた配水塔。現在はその役目を終え、災害用給水槽として今も街を見守り続けています。

焦点距離:60mm(35mm換算:90mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

少し離れた場所から配水塔の全体を捉えてみました。周りを覆う無数の電線も日本ならではの歴史を物語る風景です。そしてそれらを肉眼では分からない所まで細かく捉えています。数年後、撮影した画像を見返した時、「こうなってたんだ!」と振り返られるよう、なるべく高精細な画質で残したいものです。

焦点距離:18mm(35mm換算:27mm)絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

センサーは「α6300」と同じ2420万画素ですが、新世代の画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIを搭載。常用ISO感度が32000まで広がるなど、解像感と質感描写がさらに向上しています。木漏れ日のグラデーションも美しく、自然な色合いで再現されています。

焦点距離:135mm(35mm換算:202mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:320 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

公園の木の根元に、周りの色に同化した鳥の姿を発見。鳥が保護色を意識してその場にいたかは分かりませんが、優れたAF性能を持つカメラは容赦なくその姿を捕捉しました。
α6400最大のセールスポイントがこの優れたAF性能です。「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」などの機能が被写体をより高精度に捉えます。

焦点距離:135mm(35mm換算:202mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:640 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

SONY α6400
焦点距離:29mm(35mm換算:43mm)絞り:F5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

梅の花が見ごろを迎えたと聞き、湯島の方へ足を伸ばすことにしました。これだけフットワーク良く動けるのも、コンパクトな機材のおかげ。街撮りスナップには最適なモデルです。
黒い壁で覆われた境内が厳かな雰囲気を醸し出す湯島聖堂。黒光する門も綺麗に捉えます。その門に露出を合わせたため、日に当たる部分の白とびを覚悟してシャッターを切りましたが、本堂の屋根の模様までしっかり捉える階調の広さが確認できました。豊かな階調表現でより人の目に近づいた印象を持ちます。

SONY α6400
焦点距離:79mm(35mm換算:118mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

今回使用したレンズは「α6400」の高倍率ズームレンズキットに採用されている「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」。ボディとバランスの良い小型軽量に加え、ボケを活かした近接撮影も得意とするレンズです。最短撮影距離0.45m。花の質感も綺麗に捉えます。
そして小さい花が密集している中で重宝したのが、モニター画面をタッチするだけで、狙った所にピントが移動する"タッチフォーカス"です。高い場所にある枝も、180度チルト可動式液晶のおかげで操作もスムーズです。すでに多くのモデルに搭載されている機能ですが、前モデルの「α6300」には搭載されていなかっただけに、この進化は嬉しいポイントです。

焦点距離:75mm(35mm換算:112mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

猿回しに出演中のお猿さんがステージの脇で休憩中。カメラを向けると、すかさずカメラ目線をいだきました。 "リアルタイム瞳AF"搭載の「α6400」の実力発揮?と思いきや、残念ながら猿の眼では反応しませんでした。目鼻立など人間に近い猿ですが、カメラは人と動物をしっかり見分けるようです。すでにソニーから2019年夏に予定されているソフトウェアアップデートにより、動物の瞳にも対応する予定であると発表されていますから、そちらを待つことにしましょう。それでもピントはしっかりきていますから、AFの精度は相当に高いと思います。

焦点距離:66mm(35mm換算:99mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

焦点距離:73mm(35mm換算:109mm)絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

湯島から上野方面へ。不忍の池に差しかかると、たくさんの水鳥が集まっていました。私の頭上を飛び交うユリカモメ。空爆されないかヒヤヒヤしながら、見上げた一瞬に捉えたカットです。「α9」譲りの空間情報を高速に検出し、高精度に認識し追尾しつづけるという"リアルタイムトラッキング"の反応の良さには、本当に驚きました。

焦点距離:39mm(35mm換算:58mm)絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

懐かしさを感じさせる団地のような外壁のマンションを発見。ベランダの無い構造のため、エアコンの室外機がむき出しでビッシリと埋め尽くされた景色は圧巻です。これもまた、いずれ見返すことで凄いと感じることになるでしょう。
手に馴染む機材のおかげで、撮影に集中できる分、被写体からいろんなものを感じながら撮影を楽しむことができました。

SONY α6400

画質・性能・操作性がベストバランス

街撮りのスナップ撮影でしたが、速くて正確なAFも十分に確認できました。この優れた性能なら、運動会など家族のイベントはもちろん、本格的なスポーツ撮影にも活躍することでしょう。
まだまだ進化が止まらないデジタルカメラですが、画質・性能・操作性の3点でバランスの取れた「α6400」は、買って後悔の無い機種と感じました。ぜひお手にとってその実力を体感ください。


Photo by MAP CAMERA Staff












マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:22票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |