Select Language




絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH  GR III

デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。
フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を決定づけたのは森山大道氏によるスナップ作品ではないでしょうか。そのことはメーカーも良く理解しており、GRは代を重ねるごとにスナップシューターとして特化した機能の追加や操作系が洗練されていきました。今回の『GR III』では搭載されるセンサーが1620万画素から2424万画素へと変わり、それに伴いGRの命とも言えるレンズも新設計されています。まずはその画質力をご覧いただければと思います。

RICOH (リコー) GR III
絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

“その気”にさせるGRの魔力

都会を颯爽と歩き、目に留まる全てを『GR III』でスナップする。このカメラの目的は単純明快で、スナップシューターとして非常に特化しているのが特徴です。電源を入れてからの起動時間も早く、スチル撮影に関する操作は全て右手だけで完結することが可能、そして写真にした時の画質は一級品です。ファインダーが搭載されていない分アングルに自由が効きますので、ローアングルもハイアングルも片手で自由自在。手ぶれ補正も内蔵していますから低速シャッターでも安心です。カメラに限らずクルマやバイクでも手にした瞬間、乗った瞬間に“その気”にさせてくれるプロダクトが存在しますが、この『GR III』もまさしくその一台だと感じました。撮り手に力を与えてくれる魔力を秘めたカメラです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

新センサー&新レンズにより解像力は2段階くらいアップしたように感じます。シャドウの階調は豊かでありながら深みのある色を出してくれます。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH (リコー) GR III
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:3200
使用機材:RICOH GR III

GRシリーズの特徴とも言えるマクロモードは最短6cmから。高感度ノイズにはフィルムのような粒状感があり、好感の持てる出方です。

RICOH (リコー) GR III

GRでしか撮れない写真がある

これほどスナップが楽しいと思える撮影は久しぶりでした。少し感覚的な話になってしまいますが、『GR III』を持っていると見える景色が変わるというのが使用した率直な感想です。目に見えている情景をいかに切り取り、写真にするかと思考が切り替わるのは他のカメラでも言えるかもしれませんが、『GR III』はもっとソリッドで硬派な感覚。スナップに必要な感覚を研ぎ澄ませてくれるカメラです。『GR III』でなければ撮れない写真がある、そう思わせてくれる素晴らしい一台でした。




Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: PENTAX & RICOH   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:61票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |