Select Language

絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH  GR III

デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。
フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を決定づけたのは森山大道氏によるスナップ作品ではないでしょうか。そのことはメーカーも良く理解しており、GRは代を重ねるごとにスナップシューターとして特化した機能の追加や操作系が洗練されていきました。今回の『GR III』では搭載されるセンサーが1620万画素から2424万画素へと変わり、それに伴いGRの命とも言えるレンズも新設計されています。まずはその画質力をご覧いただければと思います。

RICOH (リコー) GR III
絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

“その気”にさせるGRの魔力

都会を颯爽と歩き、目に留まる全てを『GR III』でスナップする。このカメラの目的は単純明快で、スナップシューターとして非常に特化しているのが特徴です。電源を入れてからの起動時間も早く、スチル撮影に関する操作は全て右手だけで完結することが可能、そして写真にした時の画質は一級品です。ファインダーが搭載されていない分アングルに自由が効きますので、ローアングルもハイアングルも片手で自由自在。手ぶれ補正も内蔵していますから低速シャッターでも安心です。カメラに限らずクルマやバイクでも手にした瞬間、乗った瞬間に“その気”にさせてくれるプロダクトが存在しますが、この『GR III』もまさしくその一台だと感じました。撮り手に力を与えてくれる魔力を秘めたカメラです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

新センサー&新レンズにより解像力は2段階くらいアップしたように感じます。シャドウの階調は豊かでありながら深みのある色を出してくれます。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH (リコー) GR III
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:3200
使用機材:RICOH GR III

GRシリーズの特徴とも言えるマクロモードは最短6cmから。高感度ノイズにはフィルムのような粒状感があり、好感の持てる出方です。

RICOH (リコー) GR III

GRでしか撮れない写真がある

これほどスナップが楽しいと思える撮影は久しぶりでした。少し感覚的な話になってしまいますが、『GR III』を持っていると見える景色が変わるというのが使用した率直な感想です。目に見えている情景をいかに切り取り、写真にするかと思考が切り替わるのは他のカメラでも言えるかもしれませんが、『GR III』はもっとソリッドで硬派な感覚。スナップに必要な感覚を研ぎ澄ませてくれるカメラです。『GR III』でなければ撮れない写真がある、そう思わせてくれる素晴らしい一台でした。




Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: PENTAX & RICOH|掲載日時:2019年03月15日 09:45:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!89票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む