Select Language




絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH  GR III

デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。
フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を決定づけたのは森山大道氏によるスナップ作品ではないでしょうか。そのことはメーカーも良く理解しており、GRは代を重ねるごとにスナップシューターとして特化した機能の追加や操作系が洗練されていきました。今回の『GR III』では搭載されるセンサーが1620万画素から2424万画素へと変わり、それに伴いGRの命とも言えるレンズも新設計されています。まずはその画質力をご覧いただければと思います。

RICOH (リコー) GR III
絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

“その気”にさせるGRの魔力

都会を颯爽と歩き、目に留まる全てを『GR III』でスナップする。このカメラの目的は単純明快で、スナップシューターとして非常に特化しているのが特徴です。電源を入れてからの起動時間も早く、スチル撮影に関する操作は全て右手だけで完結することが可能、そして写真にした時の画質は一級品です。ファインダーが搭載されていない分アングルに自由が効きますので、ローアングルもハイアングルも片手で自由自在。手ぶれ補正も内蔵していますから低速シャッターでも安心です。カメラに限らずクルマやバイクでも手にした瞬間、乗った瞬間に“その気”にさせてくれるプロダクトが存在しますが、この『GR III』もまさしくその一台だと感じました。撮り手に力を与えてくれる魔力を秘めたカメラです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

新センサー&新レンズにより解像力は2段階くらいアップしたように感じます。シャドウの階調は豊かでありながら深みのある色を出してくれます。

絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

RICOH (リコー) GR III
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100
使用機材:RICOH GR III

絞り:F8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200
使用機材:RICOH GR III

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:3200
使用機材:RICOH GR III

GRシリーズの特徴とも言えるマクロモードは最短6cmから。高感度ノイズにはフィルムのような粒状感があり、好感の持てる出方です。

RICOH (リコー) GR III

GRでしか撮れない写真がある

これほどスナップが楽しいと思える撮影は久しぶりでした。少し感覚的な話になってしまいますが、『GR III』を持っていると見える景色が変わるというのが使用した率直な感想です。目に見えている情景をいかに切り取り、写真にするかと思考が切り替わるのは他のカメラでも言えるかもしれませんが、『GR III』はもっとソリッドで硬派な感覚。スナップに必要な感覚を研ぎ澄ませてくれるカメラです。『GR III』でなければ撮れない写真がある、そう思わせてくれる素晴らしい一台でした。




Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: PENTAX & RICOH   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:72票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |