Select Language

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMAContemporary 45mm F2.8 DG DN

『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)』は、シグマが提案する新しいフルサイズミラーレス専用標準レンズです。全てにおいてベストバランスが追求されています。50mmではなく45mmであることに、シグマのこだわりを感じます。
このレンズを手にしたとき、触り心地の良さに驚きました。加えてフルメタルならではの高級感をもちながらコンパクトな分、約215gという軽さも魅力です。さっそく小型軽量の最新レンズを試してみました。

豪徳寺は招き猫に願をかけ奉納できることで有名です。境内の「招き猫奉納所」は、数えきれないほどの招き猫で溢れています。大きなボケによってたくさんある白い猫が分からなくならないよう、あえて1段絞って撮影しました。赤い耳と首輪がキャッチーです。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

こちらはレトロなガラスケースに入れられた見本です。様々なサイズの招き猫、招き猫の絵馬などが飾られています。写真には写っていませんが、この他に招き猫柄の御朱印帳もありました。いずれも福を招く上に、猫グッズとしてもかわいらしいですから、たくさん集めたくなってしまいます。

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

境内の緑のもみじ。陽を受けて輝いて見えました。拡大してみると焦点のあった葉の葉脈もしかりと確認でき、このレンズの解像力が伺えます。
紅葉の季節にもまた違う景色を見せてくれそうなので再訪してみたいです。もみじと招き猫、きっと素敵な組み合わせだろうなと想像します。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN (ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:500 / 使用機材:SONY α7III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

豪徳寺の近くに展示されている、古い列車の運転席。ここだけ時が止まっているかのよう。ボケが大きなレンズなだけに少し絞って撮影しました。

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

こちらは座席部分。床が木でできています。ちょっぴり懐かしい香りが漂っていました。小学校の教室の香りに似ていました。
物体の質感をしっかりと写し出してくれるレンズは、撮影場所の空気感も伝えてくれるような感じがします。

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

唐辛子を見ると懐かしい気持ちになります。唐辛子といえば香辛料のイメージですが、私は子どものころ、赤くて可愛い植物として鉢植えで育てていました。花よりもお気に入りでした。
また、唐辛子を魔除けとして飾る方もいらっしゃるようです。茎を束ねたり、実だけを紐でたくさん繋げたりして、玄関や窓に下げているのを見たことがあります。おしゃれを兼ねた魔除け。素敵です。

絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

街を歩いていると、店の軒先でドリームキャッチャーが揺れていました。寝室に飾ると魔除けになると聞いたことがあります。自分でも作れないものかと思いながら、しげしげと観察しました。繊維の毛羽立ちもしっかりと見てとることが出来ます。

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)

カフェに入ると、小鳥がかわいくお出迎えしてくれました。首を傾げるようなしぐさがとてもかわいいです。このカフェはディスプレイだけでなく、お料理もとても美味しくフォトジェニックなので、気持ちがとても満たされます。

SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN (ソニーE用/フルサイズ対応)

触り心地のよい常用標準単焦点

小型軽量に加え操作性の良さにも驚きました。絞りリングのクリック感の心地よさからは、操作する喜びを感じます。商品撮影の際には外してしまいましたが、金属製のフードも所有欲を満たしてくれます。重量感と金属の質感といいものづくりに込めるシグマの意気込みを感じられる一本ではないでしょうか。
もちろん小型軽量で携帯性に優れるだけでなく、美しい描写とボケ味もレンズメーカーの本質を味わうことができます。シグマが全てにおいてベストバランスを追求したという、とても使いやすい一品です。新しい常用標準と呼ぶにふさわしいレンズです。



Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: SIGMA|掲載日時:2019年10月16日 12:27:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む