Select Language


焦点距離:328mm(換算492mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

SONYE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

『SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』は、350mmまで伸ばせるAPS-C超望遠ズームレンズです。350mmといえば、35mm換算で525mm。離れたところにある被写体はもちろん、撮る人の感性を活かし世界を印象的に切り取ることもできます。Gレンズの名に恥じない高精細とボケ味の美しさを持ち、それでいてコンパクトサイズで携帯性に優れるので、各シーンで活躍してくれるでしょう。そんな当レンズを持ち、いろいろな場所に行ってきました。

まずは動物園のレッサーパンダの前でしばらく撮影。レッサーパンダはじっとしていることはあまりなく、常に歩き回っています。当レンズに合わせて持って行ったボディは動物瞳AFが搭載されており、これが非常に役に立ちました。超望遠域を使って、ポートレート風に撮ってみました。テレ側の開放値がF6.3ということで、背景のボケは期待できないのではと想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、こんなにボカすことができるのです。

焦点距離:222mm(換算333mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:640 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

続いてクロツラヘラサギの展示場へ。ここは巨大な鳥かごに人間が入って見学する形式なので、比較的近くで観察することができます。とはいっても、人が近づくと鳥は逃げてしまいますから、望遠レンズが役に立ちます。仲良しの2羽がくちばしで互いにグルーミングし合っている自然な姿を写真に収めることができました。Gレンズがくちばしの質感を表現してくれています。

焦点距離:70mm(換算105mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:1000 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

透明のアクリル板越しのコツメカワウソです。写真ではのんびり休んでいるように見えるかもしれませんが、コツメカワウソもレッサーパンダ同様、終始ちょこまかと動いており、ここでも動物瞳AFが役に立ちました。一度使うと快適で、もう動物瞳AFなしには戻れません。コツメカワウソのコツメは、指趾にある小さな爪のことです。Gレンズのシャープな描写が、その小さな爪までも精細に捉えています。

焦点距離:350mm(換算525mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

テレ端350mm(35mm換算525mm)で撮影した、ド迫力のコンゴウインコのアップです。ぜひ拡大してご覧ください。極色彩の羽根が見事に解像されています。特に注目してほしいのは、まつ毛ではなくツブが瞳をぐるっと囲んでいるところ。こんな風になっているなんて知りませんでした。525mmならではの表現です。

焦点距離:120mm(換算180mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

黄葉した葉に光が当たり、まるで自ら光を放っているかのよう。背景に他の葉をボカして、一面黄金色に染めました。

焦点距離:70mm(換算105mm)/ 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

焦点距離:91mm(換算136mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

かわいらしいビートルがとまっていました。フロントフッドメダリオンや、アンテナボール、錆びたルーフキャリアがまた味があります。日陰を意識して少しアンダーに寄せた露出で撮影したのですが、ハッとするような立体感のある描写です。

焦点距離:350mm(換算525mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

焦点距離:233mm(換算349mm)/ 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

超望遠といえば、飛行機撮影も試してみたくなります。空港に行くとカラフルな飛行機が駐機していました。後方から撮影すると、尾翼近くに描かれている飛行機のかわいらしい絵がよく見えます。飛行機に飛行機柄の塗装がされているのを私は初めて見た気がするのですが、珍しいのではないでしょうか。

焦点距離:350mm(換算525mm)/ 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

東京スカイツリーを背景に、テレ端で撮りました。飛行機撮影にもピッタリの長さのレンズだなと改めて思います。

SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

超望遠の世界を手軽に楽しめる

超望遠のレンズは重く、担いで歩くのも一苦労なのが当然だと諦めていました。しかし、当レンズはわずか625グラム。レンズの取り扱いに億劫になることなく、気軽に超望遠の世界を楽しむことができます。しかもシャープさと美しいボケを兼ね備えたGレンズなのです。正直、こんなに楽できるのかと驚いています。70mmからの5倍ズームというのも使いやすいと思いました。ピンときた被写体を切り取るのに適しています。超望遠ならではの撮影からスナップまで、さまざまなシーンで器用に活躍してくれるレンズです。



Photo by MAP CAMERA Staff





マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ

[Category: SONY|掲載日時:2019年12月14日 12:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


Canon EF85mm F1.4L IS USM

566:ボケもシャープも思いのまま『Canon EF85mm F1.4L IS USM』[2020年01月21日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.4L IS USM CanonEF85mm F1.4L IS USM キヤノンの『EF85mm F1.4L IS USM』は、F1.4という明るさとそれによる豊かなボケ味を有しつつ、Lレンズならではの精細な描写性能を誇るレンズです。そのバランスの良さとふり幅の大きさは、そのまま撮影者の自...
続きを読む
Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7

565:「開放F値1.7通し」がもたらす世界『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』[2020年01月14日]

焦点距離:12mm(換算24mm) / 絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 PanasonicLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 『Panasonic LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7』は世界一の明るさを誇るズームレンズです。ズーム全域でF1.7というのは、当レン...
続きを読む
Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S

564:手ブレ補正付き光学10倍ズームレンズ『Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POW...[2020年01月13日]

焦点距離:40mm(換算80mm) / 絞り:F4.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S PanasonicLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S パナソニックの『LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH POWER O.I.S』は、小型・軽量にもかかわら...
続きを読む
TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

563:近接撮影も得意なスナップレンズ『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月04日]

絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON35mm F2.8 DiIII OSD M1:2 スナップ用の単焦点レンズを選ぶとなったら、筆者は迷わず35mmレンズを手にします。画角的に広すぎたり窮屈すぎたりすることなく、見たままに撮影できると感じるからです...
続きを読む
TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応)

562:引きも寄りも楽しめる万能レンズ『TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2』[2020年01月03日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 24mm F2.8 DiIII OSD M1:2(ソニーE用/フルサイズ対応) TAMRON24mm F2.8 DiIII OSD M1:2 もし旅行に1本だけレンズを持って行くとしたら、どれを選びますか。標準ズームレンズは定番かもしれませんし、小さくて軽いパンケーキレンズも魅力的でしょう。今回筆...
続きを読む