442:『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』for Nikon

2017年09月04日

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第4弾は『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』です。

これまでに紹介した3本(24mm、35mm、50mm)には、同スペックのニコン純正レンズがあり、それぞれを比較する楽しみもありましたが、焦点距離20mmでF1.4の大口径を誇るのは本レンズだけ。 超広角でありながら大口径ならではの明るさと大きなボケ味が楽しめるという、本レンズでしか体感できない贅沢な写りを体感すべく、撮影に出掛けてきました。

まずはレインボーブリッジをくぐる船の上からワイドな画角を堪能します。超広角ならではのパースが橋の雄大さを伝えています。すっきりとした青空ではなかったものの、夏ならではの蒸し暑さも伝える高い解像力です。日差しの関係でF5.6まで絞った分、画面の隅々までとてもシャープに捉えてくれました。広大な景色の撮影に向いた超広角ならではの気持ちのよい描写です。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

花壇ではキバナコスモスが見頃を迎えていました。密集して咲く花を広い画角で撮影するとゴチャゴチャした印象になるので、一つの花に近寄って撮影しました。本レンズの最短撮影距離は27.6cm。大きなボケが、たくさんの花の中の1本を綺麗に引き立ててくれます。背景と主役を別々に撮ったかのような高い立体感を披露してくれました。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

色の強いキバナコスモスですが、花びらはとても薄いので、太陽に透かして撮ると印象が大きく変わります。絞り開放の柔らかい描写と、逆光を調整するプラス露出補正が相まって秋桜(コスモス)らしい爽やかな色になります。背景のビルが空に消えていくような大きなボケは、とろけるようという言葉がピッタリです。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

頭上の太陽を厚い雲が遮りました。複雑な明暗差が生じた観覧車も細部までしっかり捉えているのが分かります。さすが高い描写性能を誇るArtシリーズの1本です。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F2 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

周辺減光は超広角大口径レンズならではの味。視界が中央に寄るため、海へ続く堤防をより長く見せるスパイスになります。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

「広角レンズなのに、ものすごくボケる」前回キヤノンマウントで撮影を担当したスタッフが力説していたのを思い出しました。薄いピント面からなだらかに大きくボケていく様子を見ていると、20mmで撮ったことを忘れてしまいそうです。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:450 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

夏の暑さに負け逃げ込んだ水族館。周囲の写り込みを避けるため、水槽ガラスに密着しての撮影でも水槽内を広く捉えられるのは超広角レンズならでは。素早く泳ぐ魚も、F1.4の大口径のおかげで高感度に頼らずピタリと止めることができます。キラキラと光る水面の様子や、魚の模様を綺麗に捉えてくれました。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:1400 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

暗い館内でもAFは素早い反応をみせてくれます。スポットライトで照らされている水槽内のグラデーションも綺麗に描いてくれました。

撮影日が夏休み期間中だったこともあり、子供達が水槽前を占拠。邪魔にならないよう少し離れた位置からの撮影でも、水槽内のマグロを綺麗に捉えています。これだけの高い描写力があれは、クロップ撮影はもちろん、大きくトリミングすることで、広角、標準と幅広い画角域で活躍が見込めます。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

水の流れに流されながら近づいてくるクラゲを、水槽に張り付きながらほぼ最短距離で捉えます。クラゲの透明感を綺麗に描いてくれました。

前玉が飛び出た超広角レンズですが、鏡筒一体型の金属製フードがレンズの前面をしっかりカバーしているので、思わず水槽に触れてしまっても、レンズを傷つける心配はありません。

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

SIGMA Art 20mm F1.4 DC HSM

11群15枚のレンズ構成のレンズは、持った瞬間にガラスの塊と感じてしまう重さがあります。携帯性に優れているとは言えませんが、唯一無二のスペックから描き出される高い描写力と大きなボケ味に加え、トリミングに耐える応用範囲の広さを考えると、手放せなくなること必定の1本です。

まもなく4575万画素の「D850」が発売されます。D850を使ったらもっと凄い写真が撮れるのではないかと期待も膨らみます。D810も必要十分以上のスペックを持つ高精細モデルですが、それでもなお、そう感じさせてしまう高いポテンシャルを感じました。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP