StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

595:『Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6』

2020年07月22日

焦点距離:60mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

カメラの標準ズームといえば24-70mm、28-70mmであったり、最近では望遠側が105mm、120mmも主流となってきていますが、「望遠よりも広角側がもう少しあれば…」と思うシーンも少なくないはずです。そんな要望に応える素晴らしいレンズがこの度パナソニックから発売されました。その名は『Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6』。なんと20mm始まりの新しい標準ズームレンズなのです。

まず本レンズを手にするとその軽さとコンパクトなサイズに驚くことでしょう。LUMIX Sシリーズレンズの標準レンズといえば『LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.』がありますが、その重さ680gに対し、『LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6』は約半分の350gに抑えられているのです。少し大柄なS1に装着するとカメラが軽く感じる絶妙な重量バランス。これなら散歩から旅までどこにでも持って行けます。

 

焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:320 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

築地場外市場でのカット。豊洲に市場が移った後どうなったのかと気になり、ちょっと立ち寄ってみました。昔はよく買い物や食事をするために足を運んでいた場所だったので少し懐かしい雰囲気に心が落ち着きます。そして何気なくスナップした一枚なのですが、24mmでは表せられない、超広角が成せるパース感を気軽に味わうことができます。

 

焦点距離:32mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

 

焦点距離:20mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

夏の花といえば向日葵や朝顔を思い浮かべますが、筆者としては蓮の花が一番好きです。花を大きく写したカットですが、なんと焦点距離は20mm。『LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6』は近接撮影も得意なレンズで、レンズに花がくっ付きそうになるくらい近寄って撮ることができました。レンズによっては近接時に画質が低下するレンズもありますが、本レンズは中央部分の画質も良好。F9という絞り値でもボケ味の効いた写真に仕上がりました。

 

焦点距離:20mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:640 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

築地本願寺にて。美しいステンドグラスの光はもちろん、暗部のトーンも見事に表しています。決して明るいレンズではありませんが薄暗い室内でも撮影することができました。

 

焦点距離:60mm / 絞り:F10 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:800 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

 

焦点距離:20mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:320 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

 

焦点距離:31mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

赤い半ツヤ塗装が特徴のコンセプトカーを撮った一枚。丸型四灯のテールランプはケンメリGT-Rから続く伝統のアイコンです。グラデーションがかかる独特の陰影を上手に写し出すことができました。

 

焦点距離:36mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:0.6秒 / ISO:100 / 使用機材:Panasonic LUMIX S1 + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

“新宿の目”として有名なスポットを手持ちスローシャッターでスナップしました。レンズは軽い分、手振れ補正機構を搭載していないのですが、広角であることと『LUMIX S1』のボディ内手振れ補正を用いたことで、安定してシャッターを切ることができます。

 

焦点距離:20mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:SIGMA fp + Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

同じLマウント機ということでfpにも装着してみました。思った通りサイズバランスが丁度良く、fpユーザーにもお勧めできるレンズです。 手振れ補正機構はない点だけ注意しなくていけないかもしれませんが、重さが原因でブレることはないはずです。fpも高感度に強いカメラなので、シャッタースピードを早めに設定しておくのがオススメです。

 

焦点距離:60mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:3200 / 使用機材:SIGMA fp + Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

 

 

 

 

新時代の標準ズーム

超広角20mmから使える『Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6』は、全く新しいスタイルで撮影のできるレンズでした。通常はレンズ交換を必要とする場面でもズームリングを広角側へ回すだけで写真の印象が別物に変わるのです。特に20mm-24mmの間は1mmでも焦点距離が変わると画角の広さが大きく変わりますので、より広く写したい時にとても便利でした。この不思議な焦点距離を持つ本レンズを調べると、スチル撮影はもちろん、Vlog(ビデオブログ)での自分撮りやスペースの限られた室内での動画撮影にも活躍できるとのこと。なるほど、動画撮影にも重きを置いたレンズだからこその画角なのだなと合点がいきました。スナップ撮影、そして動画撮影にも使える本レンズは、新時代の標準レンズと呼べる素晴らしい1本でした。

 

Photo by MAP CAMERA Staff

 

 

9+

RECOMMEND

PAGE TOP