StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

604:『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』

2020年08月13日

絞り:F2 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

ミラーレスカメラ専用設計の『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』、Artシリーズに一貫する「光学性能を第一優先に設計する」というコンセプトはそのままに『SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM』と比較して全長、重量ともにほぼ半分というコンパクトさで仕上げたという衝撃のレンズが発表されました。従来ガラスの組み合わせにより補正していた収差(周辺光量と歪曲)をカメラ内収差補正機能を利用して補正したことがコンパクト化成功の理由の一つ。ただ像面湾曲、非点収差、軸上色収差、倍率色収差、サジタルコマフレアなどカメラ内で補正出来ない部分については、しっかりと光学設計で補正をしているということ。従来のレンズと比べてふた回りほどコンパクトになった85mmF1.4単焦点レンズ。早速、作例をご覧ください。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

ピントのピークを目立たせたいなら冒頭のようにF2に絞るのもいいですが、開放絞りでもグラスの縁を伝う細い曲線が美しく写し出されています。絞ったカットも数枚撮ってみましたが、どちらにも魅力があって紹介に悩みます。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

光と影の透過された色の表現というのはとても繊細で難しいのですが、このレンズの光の表現力はとても素晴らしいです。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

開放絞りでこの距離感でも葉脈まで解像できているという凄み。”ゴーストバスターズ”というゴーストフレアの専門チームがあるというSIGMA、この日は気温も高く日差しのきつい日でしたが、ゴーストやフレアに悩まず撮影できました。

 

絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

前を横切っていく自転車がフレームインしたタイミングでシャッターを切りました。日が差し込むガード下、レンガの凸凹した質感まで二段分も絞っていないF値でしっかり解像されています。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

こちらも開放絞りでの一枚ですがピント面は細かい線まで解像しています。85mmは切り撮るにも整理がしやすく、丁度いい画角でスナップ写真にも最適です。一人でふらふらと歩きながら撮るには意外に扱いやすい画角なのです。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

85mmは個人的にも好きな画角で、愛用のレンズがあります。ややオールドレンズの部類に入るそのレンズと比べてはいけませんが「滲まない」「色被りをしない」というのはやはり大きなメリットです。環境に左右されないというのは、プロフェッショナルな現場であれば大事な要素。良いレンズを買う理由、というものをしみじみ実感します。

 

焦点距離:85mm / 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

車窓がまるでスクリーンのようになり、無数の電球が反射していました。肉眼で見ている限りでは光が回っておらず撮影する気がなかったのですが、おもむろにファインダー越しに世界を覗いたらこんな景色に巡り会うことが出来ました。

 

絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN

 

水滴は動きも止めてしっかり絞って撮影する。というのが自分の撮影マニュアルだったのですが、開放絞りに明るい背景が組み合わされれば、アウトフォーカスの水滴もこんなに魅力的に写せることに気づかされました。

 

次世代”Art”

これからもコンパクトで高性能なレンズを展開していくというシグマ。この『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』はその第一弾となる記念すべきレンズです。実際に『SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM』と比較してみましたが、本当にコンパクトなサイズだと感心してしまいました。レンズに手ブレ補正機構は搭載していませんが、ボディとレンズのバランス、手に持った時のホールド感が素晴らしく手ブレしたカットはほぼ見受けられませんでした。フードサイズは大口径らしく大きめですが、携帯性を著しく下げるようなサイズでもありません。そしてこれだけの性能を詰め込んだにもかかわらず購入しやすい価格であるというのが、プロ・ハイアマチュアのみならずフルサイズの中望遠を経験してみたかったファーストユーザーにもとても魅力的なレンズです。シグマの未来が詰まった『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』ぜひ体験してみてください。

 

Photo by MAP CAMERA Staff

 

 

25+

RECOMMEND

PAGE TOP