Summilux 35mm/f1.4 1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model


Summilux35mm f1.4 ファーストモデル。数あるライカレンズの中でも1・2を争う人気レンズではないでしょうか。その魅力は開放での絶妙にして甘美な描写にあります。クセのあるレンズが多いオールドレンズの世界でもはっきりと分かるその描写。現行ズミルックスの開放から破綻の無い重厚な描写に比べると、ふわりと軽やかさを伴って展開する初代Summiluxの描写はまさに対極。この夢の様な描写も、ライカレンズの世界が見せる大いなるバリエーションの1つです。



Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model

ズミルックスの開放で見せる柔らかな描写。ソフトフォーカスの様な描写ですが、ではそれだけ、焦点の定まらない描写でしかないのか。上の写真をご覧下さい。フレアがかった柔らかい描写の中に、しっかりと被写体のラインが描き出されていることが分かると思います。解像しつつ、ソフトな描写がなされている。もちろん製造当時の時代ゆえの面も多分にありますが、現代では得られない稀有にして美しい描写であることは間違いありません。



Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F9.5/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model

解像力の証拠にこの1枚。絞り込むと驚くほどシャープな解像線が現れます。細かなビルのルーバーも繊細なラインで描き出すこの描写力があってこそ、先にあった柔らかさが引き立つレンズなのです。



Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F13/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model

モノクロームでもその線の細い描写は健在。遠景の雲の質感までしっかり描き出しています。またモノクロームフィルムでも開放のソフトさは相性が良く、少し硬めにプリントしたときのシャドーのトーンは絶品です。



Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model





Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 35mm f1.4 1st Model







ライカボディに装着するととてもバランスの良い本レンズ。軽量コンパクトな35mm、それでいて大口径なのですから、あまたの写真家に愛用されてきた所以は分かります。デジタル時代でも変わらぬ魅力を発し続ける銘玉、ぜひともじっくり付き合ってみたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Summilux|掲載日時:2012年05月01日 21時06分]

Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH.

LEICA S3[2020年04月01日]

焦点距離:100mm(35mm換算80mm相当) / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800使用機材:Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH. LEICAS3 プロフェッショナルフォトグラファーからのフィードバックをカメラ開発に取り入れ、ユーザーのニーズを満たすミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム。『Leica (ライカ) S3』をご紹介。ミド...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む



閉じる