Summarit 50mm/f1.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5



ズマリット50mm/f1.5、ライツ社初の大口径ハイスピードレンズとして発売された本レンズはテイラー&ホブソン社の"Xenon"レンズの技術供与をもって実現した、当時としては驚くほど明るいレンズでした。様々なバリエーションがある中で今回使用したのはMマウント仕様になった比較的後期のレンズ。マットとシャイニーのクロームメッキを組み合わせたボディデザインも、絞り羽根の驚くべき枚数の多さも、当時いかに高級なレンズであったかを感じさせてくれる質感の良さです。現行ラインナップの"ズマリットF2.5"シリーズの前に存在していたのがこのレンズになります。
描写に関しては往年の大口径レンズだけあってクセが強く、シャープネスに乏しいという風評が一般ですが、状態の良い個体であればかなりの解像力を発揮します。個性をいかに生かすかがポイントとなるレンズでしょう。フードも着けずに西日、逆光では当然こういったフレアが出ますが、雰囲気としては意図通り。美しい描写です。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

レンズに厳しい条件ばかりですが、でもこんな描写も素敵ではありませんか?そんな中でも拡大して、フレアの奥の葉を見るとしっかり解像しているのが分かります。ただぼやけた破綻した画になっていないのは、こうした下支えがあるからこそでしょう。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5


開放でもボケは収差につつまれ、柔らかく再現されていますが、ピントのあった路面の石の表面はしっかりと描写しています。フィルムでもデジタルでも、モノクロームで、若干コントラストを強めに再現すると素晴らしく良い調子が得られるレンズです。
また、絞ると個性は激変します。下の写真を見て頂ければと思いますが、全域にわたってしっかりとした描写で解像力もかなりのもの。こうした変化がオールドレンズを使う上での楽しみなのですから、シーンと好みに合わせて描写をチョイスしたい所です。





LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

ビル壁面の細かなライン、雲まで本当に細かく描写しています。逆光、F4の絞り値でこの描写ですからボケ玉とは失礼に当たるかもしれません。古いレンズなので個体差は避けられませんが、状態が良ければここまで描写ポテンシャルを持つレンズです。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

西日のあたたかな光は、柔らかい描写のこのレンズには合っている様ですね。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5






LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

どちらかというとコントラストで描いていくようなレンズですが、こうした大きくトーンの変化が多い被写体は合っているようです。神経質さを感じさせない心地よい描写は、撮影していても楽しいものです。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F6.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

前部のレンズがとても柔らかく、コンディションの悪いレンズが多いのもズマリットの特徴。ヌケの悪さやフレアレベルを抑えたい場合には、なるべく状態の良いレンズを選びたい所です。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5






LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5

ヤマユリの妖しさが際立つような、独特の描写です。こうした描写が「面白い」と思える様になってくると…。ライカレンズの深みにズブズブと沈んでいきかねない、とても危険な状態です。




LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5






LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summarit 50mm/f1.5






どっしりとした鏡筒の作り込みの良さは、「往年の銘レンズ」にふさわしい風格を備えています。絞りは15枚もあり、どんな絞り値でもほぼ円形。ライツ黄金期を象徴する1本ですが、"クラシック"だけでくくってしまってはもったいない魅力的な個性の持ち主です。使い込むと、無くてはならない1本になるのではないでしょうか。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Summarit|掲載日時:2012年06月29日 19時53分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる