Noctilux 50mm/f1.0 3rd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0



ライカの大口径標準レンズであるNoctiluxにも様々なバリエーションがありますが、今回試写に使用したのはF1.0になった後、口径がE60となった第3世代。この後にフード組み込み式になる前回リポートした第4世代が続きます。「ある年代でガラス硝材が変更になった、設計が修正された」などという噂も数多く有りますが、とりあえずここではこのNoctiluxの描写として、ご覧頂ければと思います。
それにしても暑くなりました。撮影したのは7月はじめ、少し西へ傾いた日差しに照らされつつ、つい撮ってしまったこの1枚。つめたく冷えたワインにグラスの結露まで、浮かび上がる様に描写しています。思わず「おいしそう…」などと考えてしまったのはここだけの話。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

明るい日差しの中でも、1/4000秒まであれば被写体を浮かび上がらせるNoctiluxの描写を生かせます。日差しの柔らかい雰囲気も感じられますね。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0



少し絞ると実にすっきりとした、清々しい描写となります。緑の発色も生き生きとして美しいものです。ただどうも前回使用した第4世代のレンズより、クセが少なくしっかりと描写する印象が。このあたりは個人の好みや、被写体によって異なる所ですが、この時代の大口径レンズは1本1本新品の状態でも個体差があったのも事実。やはりお気に入りの1本を見つけるにも、出会いが大きい要素ですね。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

開放でのこの何とも妖しげな描写は、やはり大きな魅力です。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0






M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

どこかに迷い込んでしまう様な、妖しい描写。こうした描写に魅せられると、やがて深いライカレンズの森に迷い込んでしまう訳で…危険な1本とも言えるでしょう。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0






M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F5.7 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

整えられ、開場を待つステージ。開放の明るさから特殊なレンズと考えらる事も多いですが、こうした被写体や光線状況の違いにも適応出来る応用範囲の広さも、実はNoctiluxの魅力なのです。



M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0





M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

動く被写体を止めたい、乏しい光量の中で被写体を写したい等、大口径の恩恵は想像以上に大きいものです。



M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0







この巨大な前玉とグッと手にくる質量がNoctiluxのアイデンティティです。フードが第4世代と比べて別に装着する形になっているのが大きな違いですが、このあたりは好みの問題でしょうか。使い古された言葉ですが、「開けると柔らかく、絞るとシャープ」の言がこれほど似合うレンズも無いでしょう。中古での販売も少なくなりましたが、その個性的な描写がこれからも多くの人を魅了しつづける事は間違い有りません。ライカユーザー、憧れの1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Noctilux|掲載日時:2012年07月22日 18時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる