Noctilux 50mm/f1.0 3rd | Kasyapa for Leica 
Select Language


M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0



ライカの大口径標準レンズであるNoctiluxにも様々なバリエーションがありますが、今回試写に使用したのはF1.0になった後、口径がE60となった第3世代。この後にフード組み込み式になる前回リポートした第4世代が続きます。「ある年代でガラス硝材が変更になった、設計が修正された」などという噂も数多く有りますが、とりあえずここではこのNoctiluxの描写として、ご覧頂ければと思います。
それにしても暑くなりました。撮影したのは7月はじめ、少し西へ傾いた日差しに照らされつつ、つい撮ってしまったこの1枚。つめたく冷えたワインにグラスの結露まで、浮かび上がる様に描写しています。思わず「おいしそう…」などと考えてしまったのはここだけの話。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

明るい日差しの中でも、1/4000秒まであれば被写体を浮かび上がらせるNoctiluxの描写を生かせます。日差しの柔らかい雰囲気も感じられますね。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0



少し絞ると実にすっきりとした、清々しい描写となります。緑の発色も生き生きとして美しいものです。ただどうも前回使用した第4世代のレンズより、クセが少なくしっかりと描写する印象が。このあたりは個人の好みや、被写体によって異なる所ですが、この時代の大口径レンズは1本1本新品の状態でも個体差があったのも事実。やはりお気に入りの1本を見つけるにも、出会いが大きい要素ですね。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

開放でのこの何とも妖しげな描写は、やはり大きな魅力です。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0






M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

どこかに迷い込んでしまう様な、妖しい描写。こうした描写に魅せられると、やがて深いライカレンズの森に迷い込んでしまう訳で…危険な1本とも言えるでしょう。




M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0






M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F5.7 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

整えられ、開場を待つステージ。開放の明るさから特殊なレンズと考えらる事も多いですが、こうした被写体や光線状況の違いにも適応出来る応用範囲の広さも、実はNoctiluxの魅力なのです。



M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0





M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0

動く被写体を止めたい、乏しい光量の中で被写体を写したい等、大口径の恩恵は想像以上に大きいものです。



M9-P + Noctilux50mm/f1.0 絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0







この巨大な前玉とグッと手にくる質量がNoctiluxのアイデンティティです。フードが第4世代と比べて別に装着する形になっているのが大きな違いですが、このあたりは好みの問題でしょうか。使い古された言葉ですが、「開けると柔らかく、絞るとシャープ」の言がこれほど似合うレンズも無いでしょう。中古での販売も少なくなりましたが、その個性的な描写がこれからも多くの人を魅了しつづける事は間違い有りません。ライカユーザー、憧れの1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

カテゴリー:Noctilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA  NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. 2018年04月06日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦点距離が加わった。今回はその新レンズ『ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』の実力に迫る。 ...
続きを読む
LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st Noctilux 50mm/f1.2 1st 2014年02月20日
絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 闇を制するレンズ、ノクティルクス。その驚愕の大口径レンズが生まれたのは1966年、フォトキナでその全貌が発表された時には大きなニュースとして取り上げられた。今に続く歴史を持つ超大口径レンズファミリーであるが、その初代が今回レポートした1本。非球面レンズを初めて採用したライカレンズであり、その生産には多くの苦難があったと言われる。実際にコストも高く、...
続きを読む
LEICA M-E + Noctilux50mm/f1.0 Type E58 Noctilux 50mm/f1.0 2nd Type-E58 2012年12月25日
絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Noctilux50mm/f1.0 Type E58 "あるがままの光で撮影するレンズ"として誕生したノクティルクス50mm。超大口径レンズとしてその名を知られるレンズだが、初代はF値が1.2。この第2世代で初めてF1.0を達成した。今回使用したのはF1.0のノクティルクスの中でも初期に製造されたレンズで、その後の60mm径ものと比べて58mmと口径が小さく抑えられ、レンズフード等も専用のものを使用する稀少な初期レ...
続きを読む
M9-P + Noctilux50mm/f1.0 Noctilux 50mm/f1.0 3rd 2012年07月22日
絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0 ライカの大口径標準レンズであるNoctiluxにも様々なバリエーションがありますが、今回試写に使用したのはF1.0になった後、口径がE60となった第3世代。この後にフード組み込み式になる前回リポートした第4世代が続きます。「ある年代でガラス硝材が変更になった、設計が修正された」などという噂も数多く有りますが、とりあえずここではこのNoctiluxの描写として、ご覧頂ければ...
続きを読む
Leica M9-P + Noctilux 50mm/f0.95 Noctilux 50mm/f0.95 5th 2012年07月11日
絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Noctilux 50mm/f0.95 F0.95、現在市販されている写真用レンズとしては唯一のそのスペックはこのレンズの非凡さをいやが上にも知らしめるものです。第2世代から通常の球面構成で続いたNoctiluxの系譜も、ここにきて再度のASPHERICAL化。更なる大口径化を果たしました。その描写にも注目が集まる所ですが…開放、近距離にしてこの描写。先日レビューしている第4世代Noctiluxと比べて明らかに...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]