Summilux 50mm/f1.4 1st -Laurette in the mountain side- | Kasyapa for Leica 
Select Language


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st



素晴しい解像力とトーンの描写です。どこか違う…これは良い、そう感じてしまうのはこのレンズの素性を知っているせいでしょうか。通称『逆ローレット』ズミルックス。ズミルックス銘誕生の極初期に、少数のみ生産されたレンズを言います。総生産本数も定かにはなっていないレンズですが、今回はその描写をご覧頂ければと思います。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st









長い歴史を持つライカには様々な歴史とそれに伴う伝説が存在していますが、その中でも仕様の違い等で"稀少な"レンズとされている個体が有ります。この『Summilux 50mm/f1.4』にもその初期モデルの中に通称「逆ローレット」と呼ばれるレンズが存在し、通常とはピントリングの刻みの違う個体が存在します。コーティングやレンズ構成の違い、ガラス硝材の違い等さまざまな事が言われていますが、確かな話はありません。極初期のプロトタイプ的な生産でもあったのでしょうが、今回はその『逆ローレットモデル』ズミルックスでのPhoto Reviewをお届け致します。





Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

大口径オールドレンズ特有の滲みが美しい描写です。素性の良くない滲みばかりのレンズもありますが、柔らかいフレアの中にしっかりと被写体を解像しているのはさすがズミルックス。細かい鉄線や、被写体の立体感もしっかりと再現しています。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

柔らかい描写の中に繊細なラインが存在する、実に美しい描写です。金属のノブの質感や木部のペイントの雰囲気等もしっかりと捉えており、夕暮れの優しい光を見事に捉えてくれています。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

オールドレンズだからといって、ボケている玉ばかりではありません。少し絞り込めばフレアが減り、その秘められた繊細な解像線が現れてきます。逆光にも予想以上に強く、精緻かつ優しい描写は様々なシーンで活躍してくれそうです。


レンズのローレット部分が、以前レポートしたレンズとは逆な事がお分かり頂けますでしょうか。もちろん古いレンズ、個体差も有り、来歴次第で様々な違いが生じている場合がありますがここではひとまずこのレンズの描写として、ご覧頂ければと思います。ただオールドレンズを愉しむ上で、このレンズが持つ歴史や伝説というのも大きな魅力の1つ。1本のレンズが手元にたどり着くまでに辿ってきた様々な遍歴を想像するのも、また一興かと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff




お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


カテゴリー:Summilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]