Summilux 50mm/f1.4 1st -Laurette in the mountain side- | Kasyapa for Leica 
Select Language


Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st



素晴しい解像力とトーンの描写です。どこか違う…これは良い、そう感じてしまうのはこのレンズの素性を知っているせいでしょうか。通称『逆ローレット』ズミルックス。ズミルックス銘誕生の極初期に、少数のみ生産されたレンズを言います。総生産本数も定かにはなっていないレンズですが、今回はその描写をご覧頂ければと思います。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st









長い歴史を持つライカには様々な歴史とそれに伴う伝説が存在していますが、その中でも仕様の違い等で"稀少な"レンズとされている個体が有ります。この『Summilux 50mm/f1.4』にもその初期モデルの中に通称「逆ローレット」と呼ばれるレンズが存在し、通常とはピントリングの刻みの違う個体が存在します。コーティングやレンズ構成の違い、ガラス硝材の違い等さまざまな事が言われていますが、確かな話はありません。極初期のプロトタイプ的な生産でもあったのでしょうが、今回はその『逆ローレットモデル』ズミルックスでのPhoto Reviewをお届け致します。





Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

大口径オールドレンズ特有の滲みが美しい描写です。素性の良くない滲みばかりのレンズもありますが、柔らかいフレアの中にしっかりと被写体を解像しているのはさすがズミルックス。細かい鉄線や、被写体の立体感もしっかりと再現しています。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st






Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

柔らかい描写の中に繊細なラインが存在する、実に美しい描写です。金属のノブの質感や木部のペイントの雰囲気等もしっかりと捉えており、夕暮れの優しい光を見事に捉えてくれています。




Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 50mm/f1.4 1st

オールドレンズだからといって、ボケている玉ばかりではありません。少し絞り込めばフレアが減り、その秘められた繊細な解像線が現れてきます。逆光にも予想以上に強く、精緻かつ優しい描写は様々なシーンで活躍してくれそうです。


レンズのローレット部分が、以前レポートしたレンズとは逆な事がお分かり頂けますでしょうか。もちろん古いレンズ、個体差も有り、来歴次第で様々な違いが生じている場合がありますがここではひとまずこのレンズの描写として、ご覧頂ければと思います。ただオールドレンズを愉しむ上で、このレンズが持つ歴史や伝説というのも大きな魅力の1つ。1本のレンズが手元にたどり着くまでに辿ってきた様々な遍歴を想像するのも、また一興かと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff




お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


カテゴリー:Summilux  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd Summilux 50mm/f1.4 2nd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 2nd 1968年。かつて『貴婦人』と称されたレンズが、ブラッククロームメッキに身を包んだ無骨な外見となってリニューアル。 初代Summilux50mmでは貼り合わされていた2群目に、所謂『空気レンズ』構造を設け、本格的な“カラーフィルム時代”の到来へ向けた光学設計の変更も為されている。 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:...
続きを読む
LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model Summilux 50mm/f1.4 3rd 2014年03月21日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summilux 50mm/f1.4 3rd-Model ライカの大口径標準レンズと言えばズミルックスシリーズに寄る所となるだろう。サイズや手にした時の重量バランスも良く、F2以上の口径を求めるのであれば安定して信頼出来るレンズである。初代、そしてブラッククローム仕上げとなった第2世代では1mだった最短撮影距離が70cmまで短縮され、より使いやすくなったのがこの第3世代。50mmの標準レンズでこの30cmというの...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model Summilux 35mm/f1.4 2nd 2014年02月20日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + Summilux 35mm/f1.4 2nd-Model クセ玉―――そう聞いてあなたはどのようなレンズを思い浮かべるだろうか。 如何とも表現のし難い独特な描写が、撮影者を悩ませ、そしてそれ以上に何事にも代えがたい慶びを与えてくれる。『Summilux 35mm/f1.4 2nd』は、その言葉を体現したようなレンズだ。 35mmのSummiluxは、初代の1stモデルとこの2ndが球面レンズのみで構成され、3rdタイプからは非球面レンズを...
続きを読む
Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st Summilux 75mm/f1.4 1st 2014年01月20日
絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:Leica M9-P + Summilux 75mm/f1.4 1st 以前レポートした第2世代に続いて、初代75mmズミルックス・レンズが入荷した。最近は見かける事も少なくなってしまい、稀少レンズの仲間入りをしている本レンズだが、ぜひその描写をご覧頂きたいと思う。 75mm中望遠大口径の草分けとして登場したこのレンズは短い期間で製造が中止されてしまった。コストが高く、採算がとれなかった等、その理由には諸説有るがはっき...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical Summiux 35mm/f1.4 Aspherical 2013年04月26日
シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summilux 35mm/f1.4 Aspherical 研磨の2枚非球面、初期のASPHERICALズミルックスはその希少性からもはやコレクターズアイテムになりつつあるが、それまでの球面ズミルックスとは違うその描写も魅力のあるものである。開放からしっかりと"使える"立ち上がる様な描写はノクチルックス等と同じく『開放から積極的に使うレンズ』として作られた感があるが、今回は"M Monochrom"と共に使用してみた。以...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]