Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F16 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH



ズームレンズは一眼レフではありふれた物となっていますが、LEICA M型はレンジファインダー機。視野枠で撮影範囲を示すため長くズームレンズは存在していませんでした。そこへ3焦点の切り替え式という形で登場したのがこの『Tri-Elmar』です。28mm、35mm、50mmというレンジファインダーで最も需要のある3つの焦点を切り替え式にし、視野枠の切り替えや距離計の連動カムもリングを回す事で物理的に変更をかける凝った仕様。レンズの後ろから見ても切り替え機構は実にメカニカルで、カチッと変更がかかる所はさすがLEICA。非常に精密感のある造りは信頼出来るものです。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

ズームレンズと聞くとその描写を気にされる方も居ますが、このレンズでは特に心配はいらないものと思います。逆光の強い日差しを照り返すビルを撮影しても、フレアが出る事も無くしっかりとしたコントラストを保って描写。壁面の細かな凹凸、陰影までしっかりと捉えてくれています。解像感もしっかりしたものですね。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F5.7 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH



また開放F値がF4通しになっているなど、そのサイズからすれば使いやすいレンズに仕上がっているのも嬉しい点です。室内での撮影でもレンズ交換無く撮影できるのは大変便利で、デジタル機であれば映像素子へのゴミの付着の心配も無く、ISO感度の制約も少ない事から実に使いやすいレンズとして活躍してくれる事でしょう!




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

この28mmでの開放感もクリック一つで選択できてしまうのですから、その使いやすさは想像以上です。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/45秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

実際、レンジファインダー機の利点の1つは機動力の高さ。コンパクトなシステムで動きやすい点があるのですから、とっさのシチュエーションで最適な画角を選び出せるというのはこれは大きなアドバンテージです。街頭スナップ等でもこのレンズがあれば大半の撮影が可能でしょうから、悩んでみる価値は大いにある1本です。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F13 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

雲の表情も実に細かく描いてくれます。下のカットでも思いましたが、ズームレンズにして繊細なこの描写は嬉しいものです。




LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F10 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH






LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH





LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH

街頭でのスナップ、旅行先での撮影、様々なシチュエーションでこのレンズは大いに活躍してくれると思います。レンジファインダー機の軽快さを更に一歩のばしてくれる様なこのレンズ。当初は私も『3焦点切り替え式』というそのスペックから"特殊なレンズなんだろう"という思い込みがありましたが、実際に使用してみると驚くほど使いやすい。現行品ではより広角にシフトした16mm、18mm、21mmの『Tri-Elmar』が販売されていますが、28mm、35mm、50mmという常用スペックを持ったこのモデルもぜひ検討して頂きたい、良いレンズです。





今回使用したのは距離計レバーの無い初期モデルの『Tri-Elmar28-35-50mm/f4 ASPH』。他のライカレンズと比べると望遠レンズの様な押し出しはありますが、3本分の焦点距離で活躍してくれるのであれば許せるサイズ。またかなり細身で、持ち運びやすいのも大いに評価したいポイントです。常用レンズとしてこのレンズというのは、大いに"アリ"な選択だと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Elmar|掲載日時:2012年10月09日 12時00分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる