Summicron 50mm/f2 2nd

2012年10月09日

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

『Summicron』と言えば、『Elmar』などと並んでライカレンズの中でも著名なレンズブランド。Lマウントからはじまる『Summicron 50mm/f2』の歴史は最新の『APO-Summicron 50mm/f2』に至るまでLEICAが誇る標準レンズとして多くの写真家に愛されてきた歴史でした。今回使用したのは沈胴・固定鏡筒などバリエーションの多い初代モデルの次、Mマウントの固定レンズとしてブラッククローム仕上げで製造された第2世代モデルです。初代と似た先細りの美しいスタイルながらローレットの刻み等を大幅にリファイン。重量も軽くなり、現代的なフィニッシュで生まれ変わったモデルです。

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

描写もコーティングを含めたブラッシュアップでかなり現代的になっていますが、その現代的な描写に仄かにオールドレンズの余韻を感じるのがこのレンズの魅力の1つ。例えばこんなカット。初秋の柔らかな光が、少し滲んだその描写で実に良く表されています。

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

少し絞り込むとこの通り。シャープネスとコントラストはグッと向上します。こうした2通りの描写が潜むのがこのレンズのオイシイ所で、シチュエーション次第で好みの描写を選択できるのは撮影していても楽しいものです。またフィルムとの相性も実に良く、モノクロームでの金属面の描写等は息をのむ様な美しさを得られます。

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

少し薄暗い中に光が当たる様な光景でも、陰影描写は美しいもの。立体感もしっかりと持ったその描写は『Summicron』の名に恥じない素晴しいものです。

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

雲も夏の強い陰影から変わり、すっかり秋らしくなりました。コントラストが強くない分暗部にも陰影を多く持ち、写真のどこを強調するか撮影者の意図にそって決めていく事が出来ます。

LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

外装のデザインは簡潔にしてシンプル。コンパクトで軽量ながら良い描写故、愛用している方も多い1本です。フィルムでもデジタルでも変わらず応用範囲の広いこのレンズはこれからも多くの方に愛用されていく事でしょう!

Photo by MAP CAMERA Staff

お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"

Leicalens-Report.

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP