Summicron 50mm/f2 4th | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th



標準レンズの中でも最高レベルの描写…そう言って過言ではないレンズでしょう。『Summicron 50mm/f2』第4世代モデル。発売当初も「非球面レンズ採用の必要を感じさせない」とすら言われたほどのハイパフォーマンス・レンズ。絞り開放、逆光でも実にコントラストが高く、彩度も高い。解像力も高いのですが神経質な感じではなく、立体感とトーンの出方も実に良い感じです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th

開放F2と言えど、しっかり見るとそのピントは実に狭いもの。重厚な金属の存在感を、その重さまで伝えてくれる様です。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th



ライカは標準50mmレンズでもノクチルックスf0.95、ズミルックスf1.4、ズミクロンf2.0、ズマリットf2.5と様々なバリエーションを揃える希有なメーカーですが、それぞれに個性がしっかりと存在しているのも特筆のもの。華やかなスペックではないながら実直に、安定感を持って高いパフォーマンスを発揮してくれるズミクロンは、ライカ標準レンズの雄として恥じない1本でしょう。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th

最短・開放・真逆光というレンズにとって嫌がらせの様なシチュエーションですが、葉の葉脈の1本1本、芽の細かな葉の重なりまでしっかりとコントラストを保って描写しています。色再現も美しく、透明感のある描写は美しいものです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/12秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 4th

初代ズミクロンでも金属やガラスなどの描写は実に美しいものでしたが、第4世代ズミクロンでもその相性の良さは健在の様です。鉄材への複雑な光の反射、アスファルトの照り返し、様々にミックスされた光を捉え、それぞれの存在感をしっかりと描き出しています。少々ハードめで、シリアスなシチュエーションにも良くマッチするレンズ。モノクロフィルムでのプリントにも活躍してくれる1本です。





これまでは外着けでのフード装着でしたが、本モデルから組み込み式のフードに変更。想像以上に肉厚な金属製でしっかりとした造りで外観は変わりましたが、取り回しの良さは増した様に思います。このレンズ1本で撮影なども良いですね。その使い勝手の良さ、高い描写力でどんなシチュエーションでも期待に応えてくれるはずです。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Summicron|掲載日時:2012年10月11日 12時47分]

LEICA SL2 発表会レポート

LEICA SL2 発表会レポート[2019年11月20日]

2019年11月13日。東京・銀座のライカプロフェッショナルストア東京にて、フルサイズミラーレス機の最新機種『ライカSL2』が国内発表されました。今回のKasyapa for Leicaはその様子をレポートいたします。 「IT'S YOUR CHOICE(それは、あなたの選ぶもの)」というテーマがスクリーンに映し出され、プレゼンターとして登壇したのはライカのカメラ開発におけ...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージ...
続きを読む



閉じる