P.Angenieux Retrofocus 28mm F3.5 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5



『Angenieux』、アンジェニューと読む総合光学メーカーがフランスに存在する。現在も同社は存続しているが、映画用レンズで一世を風靡した由緒ある老舗レンズメーカーの1つだ。その『Angenieux』が1950年頃に生産したのがこの『Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5』。レトロフォーカスタイプというフランジバックを大きく稼いだ広角レンズを初めて設計した同社、このレンズはライカマウントやM42マウント、エキザクタマウント等数多くのカメラボディ向けに供給された銘玉の1つである。一眼レフにも採用できるレンズのため、ライカマウントでは望遠レンズの様な全長が目立つが、軽合金を黒く染めた外装と細かなローレットの刻みがフランスらしい優美さを感じさせる1本だ。

ヴィンテージのレンズであるため個体差が大きいが、その描写傾向は総じてローコントラストかつ柔らかなもの。ピント面から柔らかくベールをまとう様に滲む前ボケが美しい、独特な個性を持つレンズだ、




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5



撮影時はあいにくの曇天に見舞われたが、このレンズにはむしろ合った天候かもしれない。空の雲のトーンも重みがあり、暗部にもしっかりと諧調が残っているためアンダー目に振った写真でも黒が抜けてしまわない。滲みは周辺に残るが、線が太く感じる事も無く しっとりとした描写には好感が持てる。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5






LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

ツリーの細かい枝葉を見ると、元データでもしっかりと解像している事が分かる。繊細な描写力を持ちつつ、どうも独特な描写を持つ。コントラストもヌケの良さも無いが、好きな人にはたまらない実に個性的なレンズだ。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5






LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

モノクロームとの相性も抜群だ。フィルムでは解像力をしっかりと拾う高性能なものと合わせると、滲みの中にある繊細な解像線までしっかりと捉えてくれる。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

筆者も一眼レフ用の『Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5』レンズを所有しているが、ライカマウントの最大の長所はそのピント合わせにあると言えるだろう。コントラストが低く、ボケが浅く、解像線が僅かに滲むこのレンズのピントを一眼レフのスクリーン上で捉えるのは至難の業。近接撮影こそ難しいが、レンジファインダーでのピント合わせはこうした際に大きなアドバンテージを発揮する。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5







改造品も存在するが、オリジナルのライカマウントは数の少ないレンズである。レンズ自体も柔らかくコーティングも傷つきやすく、綺麗な状態で残っているものは更に少ない。ちなみに今回試写を行ったレンズは初期型、後期型ではローレットの刻みが大きく、メッキも輝きのあるものになる。シネレンズの流れを汲むその独特な描写に魅せられてしまうと……ライカレンズの世界は広い。ぜひ自分に合った1本を見つけて頂きたいと思う。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: World Leica Mount Lens|掲載日時:2012年12月07日 10時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる