P.Angenieux Retrofocus 28mm F3.5 | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5



『Angenieux』、アンジェニューと読む総合光学メーカーがフランスに存在する。現在も同社は存続しているが、映画用レンズで一世を風靡した由緒ある老舗レンズメーカーの1つだ。その『Angenieux』が1950年頃に生産したのがこの『Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5』。レトロフォーカスタイプというフランジバックを大きく稼いだ広角レンズを初めて設計した同社、このレンズはライカマウントやM42マウント、エキザクタマウント等数多くのカメラボディ向けに供給された銘玉の1つである。一眼レフにも採用できるレンズのため、ライカマウントでは望遠レンズの様な全長が目立つが、軽合金を黒く染めた外装と細かなローレットの刻みがフランスらしい優美さを感じさせる1本だ。

ヴィンテージのレンズであるため個体差が大きいが、その描写傾向は総じてローコントラストかつ柔らかなもの。ピント面から柔らかくベールをまとう様に滲む前ボケが美しい、独特な個性を持つレンズだ、




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5



撮影時はあいにくの曇天に見舞われたが、このレンズにはむしろ合った天候かもしれない。空の雲のトーンも重みがあり、暗部にもしっかりと諧調が残っているためアンダー目に振った写真でも黒が抜けてしまわない。滲みは周辺に残るが、線が太く感じる事も無く しっとりとした描写には好感が持てる。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5






LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

ツリーの細かい枝葉を見ると、元データでもしっかりと解像している事が分かる。繊細な描写力を持ちつつ、どうも独特な描写を持つ。コントラストもヌケの良さも無いが、好きな人にはたまらない実に個性的なレンズだ。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5






LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

モノクロームとの相性も抜群だ。フィルムでは解像力をしっかりと拾う高性能なものと合わせると、滲みの中にある繊細な解像線までしっかりと捉えてくれる。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5

筆者も一眼レフ用の『Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5』レンズを所有しているが、ライカマウントの最大の長所はそのピント合わせにあると言えるだろう。コントラストが低く、ボケが浅く、解像線が僅かに滲むこのレンズのピントを一眼レフのスクリーン上で捉えるのは至難の業。近接撮影こそ難しいが、レンジファインダーでのピント合わせはこうした際に大きなアドバンテージを発揮する。




LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Angenieux Retrofocus 28mm/f3.5







改造品も存在するが、オリジナルのライカマウントは数の少ないレンズである。レンズ自体も柔らかくコーティングも傷つきやすく、綺麗な状態で残っているものは更に少ない。ちなみに今回試写を行ったレンズは初期型、後期型ではローレットの刻みが大きく、メッキも輝きのあるものになる。シネレンズの流れを汲むその独特な描写に魅せられてしまうと……ライカレンズの世界は広い。ぜひ自分に合った1本を見つけて頂きたいと思う。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

カテゴリー: World Leica Mount Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC 2016年04月01日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M-P (Typ240) + MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC REIROALというレンズの名を知らない方も多いことでしょう、実はマップカメラがレンジファインダー用レンズ製作で有名な「MS-Optics(エムエス・オプティクス)」代表である宮﨑氏にオファーして誕生したオリジナルレンズなのです。今回ご紹介する『REIROAL M35mm F1.4 MC』は宮﨑氏が設計した35mm F1.4の新作レンズをベースに...
続きを読む
MS-Optics PERAR 24mm F4 MS-Optics PERAR 24mm F4 2014年11月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:400 / 使用レンズ:PERAR 24mm/f4 MS-OPTICAL社から待望の新モデル『PERAR 24mm/f4』が登場した。一見するとボディキャップのような鏡胴は、厚さ僅か5.2mm/重量43gである。35mm判スチール撮影用、3群3枚構成のトリプレットタイプとしては、間違いなく世界で最も薄く、軽いレンズであろう。 前作『PERAR 28mm/f4』から更に進化を遂げた、“Super Triplet No.3”の実力をご覧頂こう。 絞り:F4/ シャッタ...
続きを読む
Konica Hexanon 60mm F1.2 Konica Hexanon 60mm F1.2 2013年10月21日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / 使用機材:Leica M + Konica Hexanon 60mm/f1.2 ライカマウントのレンジファインダー・レンズの中でも、特に大口径のレンズ群がある。国内・国外を問わず存在するライカマウントレンズだが、特にF1.4を切る様なレンズは意外な事に国産"Japan Made"のレンズに多い事をご存知だろうか。Nikkor.Canon.Zunow.Topcor.Fujinon.Tanar等々、最終的に製品化されなかったものも含めればその数はとても多いと言えるだろう。今回レポ...
続きを読む
日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 日本光学 Nikkor P.C 8.5cm F2.0 2013年09月15日
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Nikkor P.C 8.5cm/f2.0 レンズの中でも"Nikkor"と言えば、写真をやっていて知らない人は居ないブランドだろう。つい先日80周年、8000万本という驚くべき数字で記念行事をしたのも記憶に新しい、日本を代表するレンズ群だ。しかし、昔はその名声も無い、単なるアジアの1メーカーとして生産されていた歴史がある。西欧諸国の有名メーカーに比べて劣るというイメージがあった、しかしそのイメ...
続きを読む
日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 日本光学 W-Nikkor 3.5cm F1.8 2013年07月12日
絞り:F11 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + W-Nikkor 3.5cm/f1.8 ライカLマウントには、かつて様々なメーカーが参入していました。今回撮影を行ったのは日本光学、現在のニコン株式会社が製造した大口径広角レンズ『W-Nikkor 3.5cm/f1.8』。 このレンズが発売されたのは1956年。日本光学では当時、自社開発の『Nikon S』シリーズと並行してLマウントのレンズを生産していました。当時の広角レンズはLEICA純正品では『Summaron 35mm/f...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]