Summicron 28mm/f2.0 ASPH. | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0



LEICA28mm広角レンズの座は『Hektor2.8cm/f6.3』から始まり、長く『Elmarit28mm/f2.8』が最大口径のレンズとして愛用されてきた。28mmという画角はスナップ等に重宝するもの。『Summicron28mm/f2.0』はより開放を明るく取り、レンズサイズもコンパクト。スナップシューターには嬉しい新設計のレンズに仕上がっている。 実際装着した際のボディバランスが良く、重量はしっかりとある大口径レンズながら使い勝手は良好なもの。M9やフィルムMにはもちろん、LEICA M8等では換算37mm程度と準広角大口径レンズとなるお勧めの1本だ。

描写は非球面レンズも採用された高性能レンズ。切れ味もあり、シャープな描写は旧エルマリートとは一線を画すものだ。広角好きの撮影者であればこの1本だけでかなりの撮影をこなす事が出来るだろう。『1Body・1Lens』、シンプルな撮影の楽しさを改めて教えてくれるレンズだ。




LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0

コントラストは強めのレンズだが、それによってトーンが貧弱になってしまわないのがLEICAレンズのLEICAたる所以だろう。時代を経たボンネットの微妙な色彩と立体感、エンブレムの往事を思わせる輝きまでしっかりと描写してくれる。立体感を感じさせるフロントからバックへのなだらかなボケも美しいものだ。




LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0






LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0

開放でもここまで写るのだからお見事。ごちゃごちゃとした被写体に様々な光があふれる賑やかなシチュエーションだが、破綻を見せない優秀なレンズである。




LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0



28mmでもF2.0ともなればしっかりとボケるもの。ノーファインダーで撮影を楽しんだり、被写体を浮かび上がらせる様な標準レンズに近い使い方を楽しんだり、1絞りでも使い方はグンと多様さを増す。
しかし、想像以上に開放でのボケは大きく、綺麗なものだ。これは意外な発見である。




LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0






LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0






LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 28mm / f2.0







純正のフードは肉厚で立派なものだ。装着すると遮光性能もレンズを保護する意味でも安心感が大きいが、スナップで使うに少々大仰な感もある。シンプルにレンズ単体で使用してもフレアに悩まされる事は無かったので、単体での使用も良いかもしれない。 個人的に、フィルム時代は"ISO400、F2で1/15秒"が撮影可能かどうかの瀬戸際を決めるセッティングだったので、光量的に厳しいシチュエーションでもこの1絞りは大きく感じる。
LEICAを使っていて28mmレンズを愛用している方は多い、ぜひ一度手に取ってもらいたい1本だ。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Summicron|掲載日時:2012年12月30日 10時30分]

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P

LEICA Q-P[2019年01月22日]

絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む



閉じる