JAY TSUJIMURA TOKYO | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language















シャッターボタン、アクセサリーシューは数多あれど、ここまで独創的かつ完成度の高いプロダクトは他に類を見ない。
カメラ関係は元より、海外のファッション誌等でも取り上げられ大きな反響を呼んでいるジュエリー・デザイナー&クラフトマン“JAY TSUJIMURA TOKYO”、その魅力に迫る。

[Category: Leica Special Contents|掲載日時:2013年02月19日 20時30分]

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

LEICA M10 MONOCHROM[2020年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 使用機材:M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. LEICAM10 MONOCHROM カラーフィルムが出始めの1950年代、カラー写真は商業用で、写真作品はモノクロでなければ認められない時代があった。裏を返せば、当時はカラーフィルムがまだまだ一般的ではなかったなど事情があっ...
続きを読む



閉じる