Summar 50mm/f2.0 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0



1933年に発売されたLeitz初の大口径ハイスピードレンズ、それが今回使用した"Summar 50mm/f2.0"だ。長く愛用され、生産本数も多い本レンズ、コンディション次第では手頃な価格と相まってまず初めに手にする方も多いのではないだろうか。かくいう筆者も初めて購入した思い出深いLEICAレンズである。ただ"ボケ玉"や"クセ玉"としても名高い本レンズ、前玉に使われているガラスが柔らかく、傷のついているものが大半だ。再研磨も多いが、これによってピントが甘くなっている個体も多い。見かける頻度に比して、これだ!という1本にはなかなか巡り会えないレンズとも言えるだろう。

ただその芳醇なトーンと柔らかく繊細な描写は個人的にも大いに好んでいるレンズ、その"ボケ玉"などという悪名はぜひともそそぎ、"Summar 50mm/f2.0"の魅力の片鱗でも、感じて頂ければ幸いだ。

"Summar 50mm/f2.0"の最短撮影距離は1mであるが、中間リングを使用して近接撮影に使用してみた。つるりとした陶器の肌も、陰影の柔らかなトーンも、実に美しい。モノクロームとの相性は抜群と言えそうだ。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

光線状況によっては周辺減光も見られるが、これはレンズのクセを見越して使えば立体感の演出などにツカエル特徴でもある。今のカタログスペックの様に優秀でない分、均一なレンズではなし得ないブレークスルーを持っているのもオールドレンズの魅力であろう。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0



個人的には、屋外では少し絞ったF4.5辺りがクセと甘さとの良い塩梅と思う。今回はフードが無かったが、順光で光線状況により少し絞るなど、手をかければ想像以上に答えてくれるレンズだ。前ボケの解像線を残しつつフレアがかったボケなどは絶品である。オールドレンズだからといって常にボケボケなのでは困るが、そうではない芯のある描写は撮影していても楽しいものである。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

花弁の柔らかさ、陰影の豊富さ、開放では大暴れすることもある本レンズだが、こうした"ハマッた"描写を見ると手放せない。原寸画像では葉の表面の細かな毛まで描き出しているのだから恐れ入る。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

しっかりと絞り込んで、遠景を撮ってみた。風が強く天気の変わりやすい一日だったが、夕方に兆した晴れ間を1枚。雲の陰影等、コントラストは低いながら実に味わい深い描写をする。"ボケ玉"の汚名返上の1カットだろう。



LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

後ろボケはクセが強いが、前ボケは美しい。逆光でもここまで耐えれば優秀だ。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0







描写に派手さのあるレンズでは、決して無い。ただその芳醇なトーンと静かな描写は得難い個性を感じさせる1本である。今回はなかなか良いコンディションのレンズを"LEICA M Monochrom"と使用するという得難い機会だったが、改めて見てもこの相性は良いものであった。個体差の激しい本レンズ、しかし"ボケ玉"と一蹴してしまうにはあまりにも惜しいレンズでもある。その実力を、少しでも感じて頂ければ幸いだ。



Photo by MAP CAMERA Staff




このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2013年04月17日 19時58分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる