Summar 50mm/f2.0 | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0



1933年に発売されたLeitz初の大口径ハイスピードレンズ、それが今回使用した"Summar 50mm/f2.0"だ。長く愛用され、生産本数も多い本レンズ、コンディション次第では手頃な価格と相まってまず初めに手にする方も多いのではないだろうか。かくいう筆者も初めて購入した思い出深いLEICAレンズである。ただ"ボケ玉"や"クセ玉"としても名高い本レンズ、前玉に使われているガラスが柔らかく、傷のついているものが大半だ。再研磨も多いが、これによってピントが甘くなっている個体も多い。見かける頻度に比して、これだ!という1本にはなかなか巡り会えないレンズとも言えるだろう。

ただその芳醇なトーンと柔らかく繊細な描写は個人的にも大いに好んでいるレンズ、その"ボケ玉"などという悪名はぜひともそそぎ、"Summar 50mm/f2.0"の魅力の片鱗でも、感じて頂ければ幸いだ。

"Summar 50mm/f2.0"の最短撮影距離は1mであるが、中間リングを使用して近接撮影に使用してみた。つるりとした陶器の肌も、陰影の柔らかなトーンも、実に美しい。モノクロームとの相性は抜群と言えそうだ。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

光線状況によっては周辺減光も見られるが、これはレンズのクセを見越して使えば立体感の演出などにツカエル特徴でもある。今のカタログスペックの様に優秀でない分、均一なレンズではなし得ないブレークスルーを持っているのもオールドレンズの魅力であろう。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0



個人的には、屋外では少し絞ったF4.5辺りがクセと甘さとの良い塩梅と思う。今回はフードが無かったが、順光で光線状況により少し絞るなど、手をかければ想像以上に答えてくれるレンズだ。前ボケの解像線を残しつつフレアがかったボケなどは絶品である。オールドレンズだからといって常にボケボケなのでは困るが、そうではない芯のある描写は撮影していても楽しいものである。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

花弁の柔らかさ、陰影の豊富さ、開放では大暴れすることもある本レンズだが、こうした"ハマッた"描写を見ると手放せない。原寸画像では葉の表面の細かな毛まで描き出しているのだから恐れ入る。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

しっかりと絞り込んで、遠景を撮ってみた。風が強く天気の変わりやすい一日だったが、夕方に兆した晴れ間を1枚。雲の陰影等、コントラストは低いながら実に味わい深い描写をする。"ボケ玉"の汚名返上の1カットだろう。



LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0






LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0

後ろボケはクセが強いが、前ボケは美しい。逆光でもここまで耐えれば優秀だ。




LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summar 50mm/f2.0







描写に派手さのあるレンズでは、決して無い。ただその芳醇なトーンと静かな描写は得難い個性を感じさせる1本である。今回はなかなか良いコンディションのレンズを"LEICA M Monochrom"と使用するという得難い機会だったが、改めて見てもこの相性は良いものであった。個体差の激しい本レンズ、しかし"ボケ玉"と一蹴してしまうにはあまりにも惜しいレンズでもある。その実力を、少しでも感じて頂ければ幸いだ。



Photo by MAP CAMERA Staff




このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Other Leica Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]