Viso-Telyt 200mm/f4.0 2nd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0



"Telyt"シリーズのレンズはLEICAレンズ群の中でも主に100mmを超える長焦点距離のレンズに称される名称である。ビゾフレックスでは最長800mm/f6.3の巨大な"Telyt-S"も存在するが、今回は手持ちでも使いやすい第2世代の『Telyt 200mm/f4.0』を使用した。組み込み式のフードになり絞りもプリセットタイプに。軽金属を使用した鏡筒は想像以上に軽量で、外観の大仰さに比べて持ち運びはしやすいレンズである。

また、描写の安定感が抜群なのがこの"Telyt"シリーズの特徴だ。新旧もあるが、古い世代の"Telyt"でもコントラストや色再現に違いはあれど、どの玉も非常に優秀である。反射の強いシチュエーションでもこれだけ写れば文句は無いだろう。元データではグラスに生じた結露まで見える好描写だ。




LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0

焦点距離を考えると、F4でも十分にボケる。圧縮感も見事なもので、ピント面の立ち上がりも良好だ。花弁のひだの柔らかな感じもしっかりと伝わってくる。




LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0






LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0

細かな水面の煌めきも美しく表現する。コントラスト偏重ではない落ち着いた描写が印象的だ。




LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F6.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0

少々絞り込んでの撮影。無機質な被写体に光の強いシチュエーションだったが、描写が固くなる事も無く光を描き分けている。予想以上にボケの大きいのには驚いた。




LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0



前後のボケ味も良好だ。落ち着いたトーンをしっかり描いてくれるのには嬉しくなってしまう。開放でも頑張ってくれるが、少し絞り込んだF5.6からF8辺りの絞りでは解像感とボケのバランスが良く、個人的にはお勧めである。色合いもシックで綺麗なものだ。




LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0






LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Visoflex type-III + Telyt 200mm/f4.0

手前にかけての緩やかなボケも"Telyt"らしい。





大仰、ではある。しかし精密な機械の装着感や操作感など、魅力も多いのが悩ましい所だ。今回の撮影ではアイレベルのプリズムファインダーではなく垂直タイプのルーペを使用したが、ウェストレベルでの撮影が予想以上にしやすかった事は驚きだった。

ちなみに、今回使用した『Telyt 200mm/f4』や前回レポートした『Hektor 125mm/f2.5』等は"Visoflex III型"に装着するのに"OUBIO"通称テリートリングを使用する必要がある。LマウントをMマウントに変換する、本体に三脚座のある確りとした中間リングだ。

いろいろな手間のかかるレンズでもあるが、それゆえ手頃な価格というのも魅力的。LEICAレンジファインダーを使った新しい撮影体験を、ぜひ楽しんでもらいたいと思う。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"





[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2013年05月03日 11時14分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる