Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Leica X Vario -Vol.1- 
Select Language


LEICA X Vario 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario



"Leica X"シリーズと言えばAPS-Cセンサーに単焦点レンズを採用し、画質にこだわって製作されるLEICA社のハイエンド・コンパクトラインだ。当"Kasyapa for LEICA"でも"X2"の試写を行っているが、その高い描写力と画像の質感の高さは特筆ものであった。今回そこにズームレンズを搭載し、画質にも磨きをかけたという"Leica X Vario"が登場。ズームレンズでも単焦点に引けを取らない高画質と"LEICA M"譲りの操作系を併せ持ったという新Leica X、その描写をまずはご覧頂きたい。

35mm判換算で30mm程度の画角、ほぼ開放である。構成枚数は多いながら、抜けの良い気持ちの良い描写である。被写体の滑らかなグラデーションやガラス質の表現等も素晴しく、あえてF値よりも描写性能をとったLEICA社の判断にも大いに頷ける描写だ。




LEICA X Vario 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario

高輝度部でもトーンが残ってくれるのは嬉しいポイントだ。アンダー、ハイキー部分に少しトーンが残るだけで、画としての印象は大きく変わる。全体的にデジタル臭くない落ち着きが感じられるのはこうしたポイントゆえかもしれない。




LEICA X Vario 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario



最広角28mm相当で2段ほど絞っている。日差しは強いが、本当にヌケの良いレンズだ。また被写体に立体感が強く感じられるのである。これは壁面のざらつきまで感じられる細緻な質感描写ゆえか、壁面のレンガ1つ1つまで存在感がある事で、全体として建物にどっしりとした重みが感じられている。




LEICA X Vario 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA X Vario

質感描写のみクローズしてみたが、いかがだろうか。拡大して更に感じる彫刻の細かな存在感、重みのある金属の鈍い照り返し、時代を経てきたその質感まで実に美しく捉えている。




LEICA X Vario 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario

描写は精緻ではあるが、けっして固いものではない。柔らかな被写体も得意とする所だろう。光の当たった花弁も美しいグラデーションを描いている。




LEICA X Vario 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario






LEICA X Vario 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario






LEICA X Vario 絞り:F5.1 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA X Vario

少々手ぶれているのはご容赦頂きたいが、"Leica X Vario"の描写のもう1つのポイントはその"自然さ"にあるのでは無いかと思う。搭載されている『Vario-Elmar 18-46mm F/3.5-6.4 ASPH.』はそのF値ゆえ巨大なボケが望めるものではないが、自然な遠近感を魅せる柔らかなボケがあるのだ。手前にある被写体から背景の雰囲気まで、被写体を引き立てつつその場の雰囲気をしっかりと写しとってくれるその描写は、日常のスナップから旅先まで、様々なシチュエーションで随分重宝するのではないだろうか。





ボディデザインはシンプルなものである。"X2"などよりボディサイズは一回り大きくなっているが、マニュアル操作感をしっかり残したその操作系は使いやすく、真剣に撮影に打ち込める良いサイジングに収まっている。



LEICA X Vario 絞り:F6.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario






LEICA X Vario 絞り:F5.9 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X Vario






LEICA X Vario 絞り:F6.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA X Vario

高感度でもなかなか耐えてくれる印象だ。手ぶれ補正も内蔵され、フォーカスが難しい時にはフォーカスリングを使用したマニュアルフォーカスが役に立つ。フォーカスリングを回すだけでピント部分を拡大表示するなど、操作感も上々だ。





EXF2を装着するとより精悍な顔つきになる。"Leica X Vario"の背面液晶は美しくコントラストの高いものなので屋外でも使用に不満を覚えた事は無かったが、ファインダーを覗くとより撮影に集中出来るのも事実だ。またローアングルでの撮影や、マニュアルでのピント合わせ等でも大いに力を発揮してくれるだろう。 スタイルとしても、撮影の幅を広げる意味でも、活用したいアクセサリーだ。


引き続き、"Leica X Vario"のレビューをお送りする予定。
乞うご期待!



Photo by MAP CAMERA Staff


このボディのお買い物はこちら



ボディカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年03月01日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年3月1日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む
M10 国内発表会レポート M10 国内発表会レポート 2017年01月26日
  2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、 新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。 『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。 今回の『LEICA ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]