Noctilux 50mm/f1.2 1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st


闇を制するレンズ、ノクティルクス。その驚愕の大口径レンズが生まれたのは1966年、フォトキナでその全貌が発表された時には大きなニュースとして取り上げられた。今に続く歴史を持つ超大口径レンズファミリーであるが、その初代が今回レポートした1本。非球面レンズを初めて採用したライカレンズであり、その生産には多くの苦難があったと言われる。実際にコストも高く、生産本数も少なかった事から今ではプレミアレンズとして取引されており、見かける事すら少なくなってしまったが、その伝説から一度は手にしてみたいレンズである。その希少な描写をぜひご覧頂きたい。

描写のフレアレベルは極めて高い。柔らかいというか、ここまで来ると想像を絶する光のにじみの世界だ。ピントも極めて薄く、フレアの中に極めて薄いピント面を持つ。このレンズ以外では見る事も無い描写だろう。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

『闇を制する』と言われるほどだが、こういった光量の少ないシチュエーションはまさに独壇場だ。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st


まるで夢の中の様な…と言えば言い過ぎだろうか。しかし独特の面白い描写である。暗がりでも気にする事無く撮影出来るのは本当に嬉しい事で、フィルム時代には実に重宝された事が頷ける。

マッチョな外観とは裏腹に軽金属を多用した外装は想像以上に軽く、後の世代よりコンパクトな事から取り回しも非常に良い。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st






LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

大きなボケと滲みの中に、繊細な解像線があるのがお分かり頂けるだろうか?




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

遠景の描写もこの通りである。ぐるぐると回り込む様な光と滲む様な光、様々な光線が独自の世界を作り上げる。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

光がもはや爆発している様にも見える。確かにこのレンズにしかない個性的な描写だ。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

このNoctilux 50mm/f1.2は生産時期により非球面レンズの研磨方法が異なり、また個体差もかなり大きいレンズとして有名である。筆者がこれまでに見たレンズでも比較的しっかりと映るレンズからピントがどこに有るか分からないレンズまで様々に存在し、まさに工芸品的な生産だった事が伺える。ライカ大口径レンズの1つのメルクマールとして存在している1本、ぜひ手にしてみたい魅力にあふれたレンズである。




Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: Noctilux|掲載日時:2014年02月20日 17時10分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる