Summitar 50mm/f2.0

2014年02月20日

LEICA M + Summitar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Summitar 50mm/f2.0

後継Summicronのネームバリューの所為か、何かと地味な扱いをされやすい気もするが、1939年から戦後にかけて17万本も生産されたロングセラーレンズである。製造開始から約5年間はコーティングが施されていなかったが、1945年以降はライカのレンズとしては初めて、コーティングを採用したレンズとなった。今回ご紹介するのは、そのコーテッドバージョンでの作例である。

LEICA M + Summitar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summitar 50mm/f2.0

流石にコーティングが施された個体ということもあり、古めかしい沈胴式の外見からは連想できないような、纏まりの良い描写に驚かされる。

LEICA M + Summitar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summitar 50mm/f2.0

絞り開放では適度な解像感と柔らかさが同居している。穏やかなボケはシーンを選ばず、バランスの取れた気持ちの良い描写と言える。所謂オールドレンズでありながら、とても扱いやすい印象だ。

LEICA M + Summitar 50mm/f2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:600 / 使用機材:LEICA M + Summitar 50mm/f2.0

純正レンズとしては比較的手を出しやすい価格帯に位置し、程度の良い個体とも容易に出会う事が可能。それでいてここまで描写で魅せてくれるのだから、『狙い目』のオールドレンズと言っても過言ではないだろう。

Photo by MAP CAMERA Staff

お買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP