Noctilux 50mm/f1.2 1st | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st


闇を制するレンズ、ノクティルクス。その驚愕の大口径レンズが生まれたのは1966年、フォトキナでその全貌が発表された時には大きなニュースとして取り上げられた。今に続く歴史を持つ超大口径レンズファミリーであるが、その初代が今回レポートした1本。非球面レンズを初めて採用したライカレンズであり、その生産には多くの苦難があったと言われる。実際にコストも高く、生産本数も少なかった事から今ではプレミアレンズとして取引されており、見かける事すら少なくなってしまったが、その伝説から一度は手にしてみたいレンズである。その希少な描写をぜひご覧頂きたい。

描写のフレアレベルは極めて高い。柔らかいというか、ここまで来ると想像を絶する光のにじみの世界だ。ピントも極めて薄く、フレアの中に極めて薄いピント面を持つ。このレンズ以外では見る事も無い描写だろう。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

『闇を制する』と言われるほどだが、こういった光量の少ないシチュエーションはまさに独壇場だ。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st


まるで夢の中の様な…と言えば言い過ぎだろうか。しかし独特の面白い描写である。暗がりでも気にする事無く撮影出来るのは本当に嬉しい事で、フィルム時代には実に重宝された事が頷ける。

マッチョな外観とは裏腹に軽金属を多用した外装は想像以上に軽く、後の世代よりコンパクトな事から取り回しも非常に良い。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st






LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

大きなボケと滲みの中に、繊細な解像線があるのがお分かり頂けるだろうか?




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

遠景の描写もこの通りである。ぐるぐると回り込む様な光と滲む様な光、様々な光線が独自の世界を作り上げる。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

光がもはや爆発している様にも見える。確かにこのレンズにしかない個性的な描写だ。




LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st

このNoctilux 50mm/f1.2は生産時期により非球面レンズの研磨方法が異なり、また個体差もかなり大きいレンズとして有名である。筆者がこれまでに見たレンズでも比較的しっかりと映るレンズからピントがどこに有るか分からないレンズまで様々に存在し、まさに工芸品的な生産だった事が伺える。ライカ大口径レンズの1つのメルクマールとして存在している1本、ぜひ手にしてみたい魅力にあふれたレンズである。




Photo by MAP CAMERA Staff








レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: Noctilux|掲載日時:2014年02月20日 17時10分]

LEICA  NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.

LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.[2018年04月06日]

絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.2 1st[2014年02月20日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Noctilux 50mm/f1.2 1st 闇を制するレンズ、ノクティルクス。その驚愕の大口径レンズが生まれたのは1966年、フォトキナでその全貌が発表された時には大きなニュースとして取り上げられた。今に続く歴史を持つ超大口径レンズファミリーであるが、その初代が今回レポートした1本。非...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.0 2nd Type-E58[2012年12月25日]

絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M-E + Noctilux50mm/f1.0 Type E58 "あるがままの光で撮影するレンズ"として誕生したノクティルクス50mm。超大口径レンズとしてその名を知られるレンズだが、初代はF値が1.2。この第2世代で初めてF1.0を達成した。今回使用したのはF1.0のノクティルクスの中でも初期に製造されたレンズで、そ...
続きを読む

Noctilux 50mm/f1.0 3rd[2012年07月22日]

絞り:F1.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Noctilux50mm/f1.0 ライカの大口径標準レンズであるNoctiluxにも様々なバリエーションがありますが、今回試写に使用したのはF1.0になった後、口径がE60となった第3世代。この後にフード組み込み式になる前回リポートした第4世代が続きます。「ある年代でガラス硝材が変更になった、設計が...
続きを読む

Noctilux 50mm/f0.95 5th[2012年07月11日]

絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 使用機材:Leica M9-P + Noctilux 50mm/f0.95 F0.95、現在市販されている写真用レンズとしては唯一のそのスペックはこのレンズの非凡さをいやが上にも知らしめるものです。第2世代から通常の球面構成で続いたNoctiluxの系譜も、ここにきて再度のASPHERICAL化。更なる大口径化を果たしました。その描写にも注...
続きを読む



閉じる