Elmar 135mm/f4.0 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0


ライカMの登場でガラリと印象の変わったレンズがあります。135mm近辺の長焦点レンズ達はこれまでF値の暗さと視野枠の狭さからどうにも敬遠されがちで、描写の良さは聴こえるものの積極的に使えるレンズではありませんでした。しかしライカMの登場で高感度耐性が大幅にアップし、更にライブビューが使える様になった事で、お手頃な価格と相まって"使いやすい"レンズに様変わりした様に思います。軽量ですから旅行や散歩の控えレンズとしても具合が良くて、私もちょっと小旅行につきあってもらいました。

最近の手水鉢は親切で、お清めの手順も描いてくれているんですね。手桶が行儀よく並んでいるのを撮りたかったのですが、前後のボケがとても綺麗なのでしっかり主役を引き立ててくれました!




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:600 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

老舗の看板娘?ライブビューなので瞳にピントを…!と頑張った結果です。毛並みも柔らかに写してくれます。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0


瓦屋根の1枚1枚までしっかりと、金属の枯れた雰囲気も美しいです。古い建物の持つどっしりとした雰囲気と、時代を感じさせる風体をとても魅力的に描き出してくれました。
ライカ!というと広角レンズでバシッとスナップ、というイメージが強かったですが、望遠レンズで切り取るイメージも新鮮で楽しい、撮り方一つで被写体がいろいろな表情を見せてくれます。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

水盤の水のボケ方がとても特徴的です。ゆらりと揺らいだ様な、でも綺麗なボケ方です。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

古いレンズでも、ここまでしっかりと写るのには驚きです。木目や日差しの雰囲気も優しく捉える、その描写も魅力的です。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:600 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0








長いレンズですが、軽量スリムなので持っていてもさほど苦にはなりません。この前世代の『Hektor 135m』はF4.5、この『Elmar 135mm』はF4.0と少し明るくなりましたが、全体的なサイズはほとんど変わり無いようです。鞄にすっと忍ばせておくだけで、一味違ったライカでの撮影を楽しめるレンズです。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Elmar|掲載日時:2014年02月28日 20時29分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる