Elmar 135mm/f4.0 | Kasyapa for Leica 
Select Language


LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0


ライカMの登場でガラリと印象の変わったレンズがあります。135mm近辺の長焦点レンズ達はこれまでF値の暗さと視野枠の狭さからどうにも敬遠されがちで、描写の良さは聴こえるものの積極的に使えるレンズではありませんでした。しかしライカMの登場で高感度耐性が大幅にアップし、更にライブビューが使える様になった事で、お手頃な価格と相まって"使いやすい"レンズに様変わりした様に思います。軽量ですから旅行や散歩の控えレンズとしても具合が良くて、私もちょっと小旅行につきあってもらいました。

最近の手水鉢は親切で、お清めの手順も描いてくれているんですね。手桶が行儀よく並んでいるのを撮りたかったのですが、前後のボケがとても綺麗なのでしっかり主役を引き立ててくれました!




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:600 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

老舗の看板娘?ライブビューなので瞳にピントを…!と頑張った結果です。毛並みも柔らかに写してくれます。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0


瓦屋根の1枚1枚までしっかりと、金属の枯れた雰囲気も美しいです。古い建物の持つどっしりとした雰囲気と、時代を感じさせる風体をとても魅力的に描き出してくれました。
ライカ!というと広角レンズでバシッとスナップ、というイメージが強かったですが、望遠レンズで切り取るイメージも新鮮で楽しい、撮り方一つで被写体がいろいろな表情を見せてくれます。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

水盤の水のボケ方がとても特徴的です。ゆらりと揺らいだ様な、でも綺麗なボケ方です。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0

古いレンズでも、ここまでしっかりと写るのには驚きです。木目や日差しの雰囲気も優しく捉える、その描写も魅力的です。




LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0






LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:600 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0








長いレンズですが、軽量スリムなので持っていてもさほど苦にはなりません。この前世代の『Hektor 135m』はF4.5、この『Elmar 135mm』はF4.0と少し明るくなりましたが、全体的なサイズはほとんど変わり無いようです。鞄にすっと忍ばせておくだけで、一味違ったライカでの撮影を楽しめるレンズです。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Elmar  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. 2015年02月20日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA T + SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH. ライカが提案する新しいカメラスタイル『LEICA T CAMERA SYSTEM』に新たなレンズ2本が発表されました。 今回はその1本である広角ズーム『LEICA SUPER-VARIO-ELMAR-T 11–23mm F3.5-4.5 ASPH.』のご紹介です。超広角レンズである『SUPER ELMAR』の名を継承し、35mm判換算で約17~35mmに相当する画角をカバーする事ができるLEICA Tレンズ初の広角ズー...
続きを読む
LEICA M + Tele-Elmar 135mm/f4.0 Tele-Elmar 135mm/f4.0 2014年03月24日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Tele-Elmar 135mm/f4.0 135mmクラスのライカ望遠レンズとしては比較的新しい設計だけに、カラーでの発色も良好でコントラストも良い。安定した望遠レンズとして人気があるのがこの『Tele-Elmar135mm』である。ライカらしい落ち着いた描写が魅力的なレンズであり、前ボケや後ろボケも派手さは無いが、しっとりと描く。135mmの入門レンズとしてもオススメだ。 絞り:F4.0 / シャッ...
続きを読む
LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 Elmar 135mm/f4.0 2014年02月28日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Elmar 135mm/f4.0 ライカMの登場でガラリと印象の変わったレンズがあります。135mm近辺の長焦点レンズ達はこれまでF値の暗さと視野枠の狭さからどうにも敬遠されがちで、描写の良さは聴こえるものの積極的に使えるレンズではありませんでした。しかしライカMの登場で高感度耐性が大幅にアップし、更にライブビューが使える様になった事で、お手頃な価格と相まって"使いやすい"レンズに様変わりした様...
続きを読む
LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 Elmar 90mm/f4.0 2014年02月27日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Elmar 90mm/f4.0 Leicaの沈胴Elmarと聞くと、多くの人が思い浮かべるのはf2.8、もしくはf3.5の50mmであろう。しかしながら、今回ご紹介するのは90mm/f4の沈胴Elmarだ。50mmと比べてしまえば目立たない存在だが、実はこの90mmは伝統工芸品とも呼べる逸品になっている。 レンジファインダー機で焦点距離90mmとなれば、画角は水平23度、垂直で15度とかなり狭くなる。当然、35mmや50mmと比較すれば出番...
続きを読む
LEICA M Monochrom + Tri-Elmar 16/18/21mm f4.0 ASPH Tri-Elmar 16/18/21mm / f4.0 ASPH 2013年04月12日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Tri-Elmar 16/18/21mm f4.0 ASPH 最新の『Tri-Elmar16-18-21mm/f4.0 ASPH.』、現行のLEICAレンズでは最大画角を誇る16mmを持ちながら、更に3焦点の切り替え式となっている本レンズ。近接撮影時にはフローティングでの補正機構が搭載されるなど、そのスペックも実に豪華な1本だ。以前M8で試用した際には「使い勝手の良いレンズだなぁ。」位の印象であったが、『M Monochrom』にも負け...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]