Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome

Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome

1954年に登場したライカの伝説的なレンズ・ズミクロン50mm F2。そこから約4年後の1958年にカナダライツでもう一つの伝説的なレンズが生み出された。6群8枚からなるレンズ構成から通称『8枚玉』と呼ばれるズミクロン35mm F2 ファーストモデルの登場である。数多くの銘玉が揃うライカレンズの中でも、この8枚玉の人気は取り分け高い。それは多くの写真家やライカユーザーから「最高の描写をする1本」と称賛されると共に、中世の甲冑を思わせるような美しいデザインと職人のこだわりを感じる高い完成度を合わせ持つレンズである為だ。通常は梨地のシルバークロームの外装なのだが、ごく少数ブラッククローム・ブラックペイントのモデルも存在する。今回のKasyapa for Leicaでは、その希少なブラッククロームモデルの中でもさらに数の少ないウエッツラー製レッドスケールモデルの写りをご紹介しよう。

一般的な8枚玉ズミクロンの評価は「柔らかめ」と言われる事が多く、言い方を悪くすると「ヌケが悪い」とも例えられたりする。しかし1枚目の写真を見て欲しい。少し絞っているもののレンガの細い線まで写し出し、そしてこの階調の豊かさと深い色彩表現はまるで一つの絵画を見ているようである。まさしく銘玉と呼ばれるのにふさわしい描写力を持った一本だ。

Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) LEICA M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


絞り開放の描写はフォーカス部の解像力は高いものの、周辺を柔らかなフレアが包み込む。バラの花びらのふっくらとした厚みを感じる色彩表現も見事だ。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


階調豊かな8枚玉は是非モノクロームでも使用していただきたいレンズだ。撮影時は日差しが強い時間帯ではあったが、被写体である女性のシャドウ部は潰れる事なく生地の質感まで感じとれる描写である。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


当時F2の明るさ持つ広角レンズは室内など薄暗い状況でも撮影ができる貴重な1本だったに違いない。開放の撮影ながら背景ボケが渦を巻く様なこともなく、歪曲収差も非常によく補正されているのが分かる。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


50mmの1stズミクロン同様、本レンズもガラスや水など透明な被写体との相性がいい。しっかりと線を出しながらもオールドレンズらしい柔らかな描写が被写体をより魅力的なものに変えてくれる。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome
Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome

ビルの隙間から太陽の光がスポットライトのように草木を照らしていた。この写真も開放で撮影をしたのだが、拡大してみて驚いてしまった。中央より少し左側にある先端が茶色くなった葉にピントを合わせたのだが、葉脈の筋を細密なまでに写し出しているのが分かる。約60年前に設計された本レンズは柔らかな光を捉え美しいボケ味を表現する一方、現代の最新設計レンズに引けを取らない高解像力も見せてくれる一本である。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


この写真の階調も流石だ。紫色の帽子のシャドウは黒く潰れる事なく、濃い紫色のままトーンが落ちているのが分かる。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


なだらかなグレートーンの美しさ。ハイライトが強く当たっている部分は白く飛んでいるものの、葉のシルエットだけがクッキリと浮かび上がっているのが面白い。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome 絞り:F2/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome


しっかりと影は影として暗く写しながらも、その中にある物や人の質感、色の表現が素晴らしい。光の拾い方が絶妙で被写体を忠実に再現しながらも印象的な一枚に仕上げてくれる。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome


冒頭で紹介した“レッドスケール”という呼び名は、この赤く塗られたフィート表示が所以だ。ブラッククローム・ブラックペイントにおけるレッドスケールは前期の8枚玉に見られる物で、後に黄色字の“イエロースケール”へと変更される。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome


無限遠ストッパーの塗装がはがれ落ち、中から真鍮地が見えているのが分かる。この個体はブラッククロームの塗装なのだが、ストッパーのみブラックペイントが施されている。元々はライツカナダが製造していたが、後にドイツ・ウェッツラーでも生産される事になり、同じ8枚玉ながら刻印が『Lens Made in Canada』と『Germany』のものに分けられる。1958年から1968年までの10年間製造され、通常のMマウント仕様が約11,000本生産された。他にもM3での使用にあわせたメガネ付きと少量ながらLマウント仕様のレンズも作られている。


Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements)Black Chrome


8枚玉ズミクロンはデジタル機との相性も非常によく、階調豊かな写りを見せてくれた。その描写は高い解像力を持ちながらもしっとりと柔らかく、密度の高い色彩を表現してくれる。今回は希少なブラッククローム仕様での試写をさせてもらったが、その写りに筆者も魅せられ、レアレンズというのを忘れて撮影に夢中になってしまうほどだった。繊細な描写の中に「流石ライカは違う」と撮る者を納得させてしまう魅力がこの8枚玉にはあると言っていいだろう。なかなか手に入れるのが難しいレンズではあるがコレクターズアイテムというだけに納まらない素晴らしい描写を持ったレンズだった。


Photo by MAP CAMERA Staff











レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: Summicron|掲載日時:2015年09月01日 11時30分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる