Summarit M35mm F2.4 ASPH. | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F16/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

ライカレンズの中でもコンパクトで抜群の描写性を持つズマリットシリーズ。2014年に光学系が一新され明るさも前モデルよりF値が0.1明るくなりました。 しかし本レンズのモデルチェンジで注目すべき点はレンズの明るさではなく、非球面レンズが採用されより先鋭な描写を手に入れたということでしょう。 名前のブランド力ではズミルックスやズミクロンに一歩及ばないかもしれませんが、開放からの高い解像感と比較的深めな被写界深度を持つズマリットは咄嗟にシャッターを切るスナップシーンでは他のレンズよりピントを外すことなく安定した描写を得られるレンズです。

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F16/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


本体の設定で「彩度」「コントラスト」をやや低めに設定したのですが、それでも発色の良さが目を惹きます。この日は雨でコントラストの低い中、艶やか且つシャープに写っています。

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F4.8/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1000/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


Leicaのレンズは基本コントラストが低めで階調で表現するという考えでしたが、このズマリットM35mm F2.4は鮮やかなコントラストで魅せるレンズだと感じました。背面のガラスにハイライトが乗った金網の線も破綻することなく見事に写し出しています。

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F2.4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


曇天の薄暗さと人通りのない道に置いてあるのか、忘れられたのか。 周辺減光もありますが、むしろそれが良い作用になって、その時の雰囲気がよく出ています。


Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F2.4/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


葉上の水滴がくっきり写っています。レンズ中心部の解像度は文句なしに素晴らしいです。


Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


ほぼ無限遠での撮影。遠くの電柱までしっかり解像出来ています。シャドウ部の階調表現も良いですね、一見すると黒く見える建物の影も残っているところは流石ライカレンズと言える写りです。


Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F3.4/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


コントラストで描写すると言いましたが、強すぎて素材の質感を壊してしまうようなことはなく、しっかりとその場の雰囲気を写してくれました。


Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F4/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


色がはっきりと出るので、夜間の撮影でも彩度が褪せることなく表現できます。日中からいろいろと試してみたところ角度によってフレアやゴーストも出ますが、そういった撮影者の意図が無い限り、フレアやゴーストに悩まされる事はないでしょう。

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F2.4/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1000/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


最短撮影距離付近での撮影。夜のネオンの輝きをどれだけ写せるのか撮ってみました。車体に映り込む光も繊細に捉えてくれています。F2.4ということもあって、絞り開放ながらピントを合わせたフォーカス部はしっかりと解像し、アウトフォーカスのボケ味も優秀です。

Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
絞り:F4/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


夜間の撮影でも光量が少しあるだけで十分に撮影可能です。背景がボケすぎない分、すっきりとしたクリアーな印象の写真に仕上がります。


Leica (ライカ) ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


『ズマリット M35mm F2.4 ASPH.』は現代のレンズらしい光学性能と発色の良さに加え、開放付近でのライカらしい柔らかさを両立させたレンズでした。 実際に使用してみると驚くほどピントの山が掴みやすく、思い通りにフォーカスをコントロールすることができます。そして広角・非球面レンズの採用ということで、うるさくなりがちな背景ボケもしっとりと美しいのが印象的でした。『ズマリット M35mm F2.4 ASPH.』はライカのレンズラインナップの中でも堅実な描写をする1本ではないでしょうか、撮影者の意図をストレートに表現してくれるレンズです。初めの1本として選ばれるのはもちろんですが、『50mm 1本勝負』なライカ使いの方にもお勧めしたいレンズですね。サイズ・重量・描写の三拍子が揃った本レンズは、どうしても引きたいシチュエーションや室内・路地などのスナップに大いに活躍してくれる1本となってくれるはずです。


Photo by MAP CAMERA Staff











レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




[Category: Summarit|掲載日時:2015年12月31日 21時00分]

Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH.

LEICA S3[2020年04月01日]

焦点距離:100mm(35mm換算80mm相当) / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800使用機材:Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH. LEICAS3 プロフェッショナルフォトグラファーからのフィードバックをカメラ開発に取り入れ、ユーザーのニーズを満たすミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム。『Leica (ライカ) S3』をご紹介。ミド...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む