Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » M10 国内発表会レポート 
Select Language



 Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10


2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、
新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。

『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので
その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。


Leica (ライカ) M10

プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。

今回の『LEICA M10』だけでなく、『LEICA Q』や『LEICA SL』、『ズマロン M28mm F5.6』など、
カメラ製品の開発責任者です。


Leica (ライカ) M10

通訳を交えながら『LEICA M10』のプレゼンテーションが進行していきます。

まず大きな特徴として語られたのがボディの厚み。

ステファン・ダニエル氏 「M10は今までのMデジタルの中で最もスリムなカメラになります。トップカバーの厚みは33.7mmとなり、
Typ240と比べて4mm小さくなりました。これはM(Typ240)を使用するカメラマンからフィルム時代のボディの厚みが人間工学上すぐれているとして、Mデジタルでもその厚みを実現してほしいという要望がとても多く寄せられおり、今回のM10でそれを実現しました」

33.7mmという明確な数値を実現するために、バッテリーの小型化、各部品の見直しと配置の変更、
シャッター部品の出っ張りを削るなど、細かな工夫を積み重ねて完成できたと語っていました。


Leica (ライカ) M10

続いてはカメラの画質を決める最も重要なパーツと言えるCMOSセンサーについて。

ステファン・ダニエル氏 「このCMOSセンサーはM10のためだけに特別に開発したもので、すべての画像に関するパラメーターが従来機と比べて多く改善されているのが特徴です。
ダイナミックレンジ・コントラスト・シャープネス・細部の再現性がとても優れたセンサーになっています」

また、このセンサーが搭載されたことで、高感度性能も飛躍的に向上したとの事です。


Leica (ライカ) M10

その他にもシンプルになった操作系、新設されたISOダイヤル、Mデジタル初となるWi-Fi機能や専用アクセサリー類も紹介されました。
 M10はMを使用するカメラユーザーのために意義ある進化を果たしたカメラだという事を感じます。


Leica (ライカ) M10

続いては『LEICA M10』のタッチ&トライ。

まずはビゾフレックス(Typ020)を取り付けたブラッククロームのボディから。

高精細なEVFを搭載するビゾフレックス(Typ020)はアイレベルファインダーとしてだけでなく、
ウエストレベルファインダーとして使えるのも特徴です。


Leica (ライカ) M10

会場ではM10で撮影をするプロカメラマンのムービーも流れていたのですが、
そのプロカメラマンもビゾフレックス(Typ020)を使用して撮影をしていたのが印象的でした。


Leica (ライカ) M10

こちらはシルバークロームのM10に、なんと『ズマロン M28mm F5.6』の組み合わせ。

贅沢・・・そしてメチャクチャ格好いいです。


Leica (ライカ) M10

こちらは純正アクセサリーで登場したサムレスト(親指当て)。

ブラッククローム、シルバークローム共にボディのトップカバーと同じ真鍮素材と塗装を施してあるとの事で、
取り付けた時のマッチングは抜群です。

そしてホールド性がとても良くなりますから、ブレ防止にとても効果のあるアクセサリーと言えます。


Leica (ライカ) M10

こちらは本革製の専用ボディケース。

背面液晶が隠れるカバーも付いているのですが、「内側の三脚ネジに通す」という脱着方法に「なるほど」と感心しました。
液晶面のカバー部はマグネットで固定されるようになっています。


Leica (ライカ) M10

『LEICA Q』で好評だった専用ホルスターもM10には用意されています。

実は案内を担当してくれた方がホルスターの「裏技」を教えてくれました。

M10の33.7mmという厚みに合わせて作っているので、なんとM型フィルム機もぴったり収める事ができるそうなんです!(※M5は不可)

そしてホルスターの内側にはグリップ装着時にも対応できるように、底上げのインナーが付いているのですが、
それを取り外すとライカビットを装着したM型フィルム機がぴったり収まるとの事!

M10がフィルム機と厚みが同じになった事を考えると納得なのですが・・・これは面白いですね。


Leica (ライカ) M10

最後に、プレゼンテーションの終わりに映し出された印象的なコピー。

『LEICA M10. The Camera』

『LEICA M10』の発売日が1月28日(土)に決定しました。

M10は「M型はこうあって欲しい」という多く願いを具現化したカメラになっています。

今までのMデジタルを使用してきた方も、M型フィルム機を使用してきた方も、これからM型を手にされる方も、
すべての人が「M型ライカ」を感じる事のできるカメラです。

皆様のご予約をお持ちしております。


ボディトップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る






カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. 2018年04月06日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦点距離が加わった。今回はその新レンズ『ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』の実力に迫る。 ...
続きを読む
null LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. 2018年03月30日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA SL (Typ601) + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH. LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. ライカの新たなプロ用カメラとして登場したSL。一眼レフとミラーレスの良いところを組み合わせたようなカメラで、撮影に最も重要とも言えるEVFファインダーは440万画素という他の最新機種を寄せ付けない孤高のスペックを誇るミラーレ...
続きを読む
null ライカSL 新レンズ説明会レポート 2018年02月02日
LEICA SL 75mm / 90mm 製品説明会 Report 2018年1月26日、東京・中央区にあるスタジオにて、ライカより発表・発売された新レンズ『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』と『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』の製品説明会が行なわれました。今回は実機を使用するプログラムも用意されており、実際に撮影した写真も交えてレポートしたいと思います。 ...
続きを読む
LEICA APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. 写真家 高橋ヒデキ氏が撮る『LEICA APO Summicron SL 75mm F2 ASPH.』 2018年01月22日
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA SL + APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. LEICA APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. Photo by Hideki Takahashi “SEE IT. CAPTURE IT.”の謳い文句が示す通り、撮影者が注視した対象物をそのまま写し取ったような描写力。2016年のフォトキナで発売を予告されていた『Leica APO Summicron SL75mm F2.0 ASPH.』が満を持して登場した。 今回は、早速最新レ...
続きを読む
null LEICA CL 2017年12月08日
絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA CL + エルマリート TL18mm F2.8 ASPH. LEICA CL ライカの話をすると必ず過去の名機・名玉の名前が会話の中に登場する。それほど長い間愛され続けられるカメラやレンズは他にはないと思うが、その歴史の中に『CL』というフィルムカメラが存在したのをライカファンの方ならご存知だろう。当時ミノルタとの共同で開発されたCLはコンパクトなボディにレンズ交...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]