M10 国内発表会レポート | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

 Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10


2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、
新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。

『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので
その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。


Leica (ライカ) M10

プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。

今回の『LEICA M10』だけでなく、『LEICA Q』や『LEICA SL』、『ズマロン M28mm F5.6』など、
カメラ製品の開発責任者です。


Leica (ライカ) M10

通訳を交えながら『LEICA M10』のプレゼンテーションが進行していきます。

まず大きな特徴として語られたのがボディの厚み。

ステファン・ダニエル氏 「M10は今までのMデジタルの中で最もスリムなカメラになります。トップカバーの厚みは33.7mmとなり、
Typ240と比べて4mm小さくなりました。これはM(Typ240)を使用するカメラマンからフィルム時代のボディの厚みが人間工学上すぐれているとして、Mデジタルでもその厚みを実現してほしいという要望がとても多く寄せられおり、今回のM10でそれを実現しました」

33.7mmという明確な数値を実現するために、バッテリーの小型化、各部品の見直しと配置の変更、
シャッター部品の出っ張りを削るなど、細かな工夫を積み重ねて完成できたと語っていました。


Leica (ライカ) M10

続いてはカメラの画質を決める最も重要なパーツと言えるCMOSセンサーについて。

ステファン・ダニエル氏 「このCMOSセンサーはM10のためだけに特別に開発したもので、すべての画像に関するパラメーターが従来機と比べて多く改善されているのが特徴です。
ダイナミックレンジ・コントラスト・シャープネス・細部の再現性がとても優れたセンサーになっています」

また、このセンサーが搭載されたことで、高感度性能も飛躍的に向上したとの事です。


Leica (ライカ) M10

その他にもシンプルになった操作系、新設されたISOダイヤル、Mデジタル初となるWi-Fi機能や専用アクセサリー類も紹介されました。
 M10はMを使用するカメラユーザーのために意義ある進化を果たしたカメラだという事を感じます。


Leica (ライカ) M10

続いては『LEICA M10』のタッチ&トライ。

まずはビゾフレックス(Typ020)を取り付けたブラッククロームのボディから。

高精細なEVFを搭載するビゾフレックス(Typ020)はアイレベルファインダーとしてだけでなく、
ウエストレベルファインダーとして使えるのも特徴です。


Leica (ライカ) M10

会場ではM10で撮影をするプロカメラマンのムービーも流れていたのですが、
そのプロカメラマンもビゾフレックス(Typ020)を使用して撮影をしていたのが印象的でした。


Leica (ライカ) M10

こちらはシルバークロームのM10に、なんと『ズマロン M28mm F5.6』の組み合わせ。

贅沢・・・そしてメチャクチャ格好いいです。


Leica (ライカ) M10

こちらは純正アクセサリーで登場したサムレスト(親指当て)。

ブラッククローム、シルバークローム共にボディのトップカバーと同じ真鍮素材と塗装を施してあるとの事で、
取り付けた時のマッチングは抜群です。

そしてホールド性がとても良くなりますから、ブレ防止にとても効果のあるアクセサリーと言えます。


Leica (ライカ) M10

こちらは本革製の専用ボディケース。

背面液晶が隠れるカバーも付いているのですが、「内側の三脚ネジに通す」という脱着方法に「なるほど」と感心しました。
液晶面のカバー部はマグネットで固定されるようになっています。


Leica (ライカ) M10

『LEICA Q』で好評だった専用ホルスターもM10には用意されています。

実は案内を担当してくれた方がホルスターの「裏技」を教えてくれました。

M10の33.7mmという厚みに合わせて作っているので、なんとM型フィルム機もぴったり収める事ができるそうなんです!(※M5は不可)

そしてホルスターの内側にはグリップ装着時にも対応できるように、底上げのインナーが付いているのですが、
それを取り外すとライカビットを装着したM型フィルム機がぴったり収まるとの事!

M10がフィルム機と厚みが同じになった事を考えると納得なのですが・・・これは面白いですね。


Leica (ライカ) M10

最後に、プレゼンテーションの終わりに映し出された印象的なコピー。

『LEICA M10. The Camera』

『LEICA M10』の発売日が1月28日(土)に決定しました。

M10は「M型はこうあって欲しい」という多く願いを具現化したカメラになっています。

今までのMデジタルを使用してきた方も、M型フィルム機を使用してきた方も、これからM型を手にされる方も、
すべての人が「M型ライカ」を感じる事のできるカメラです。

皆様のご予約をお持ちしております。


ボディトップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る






[Category: Leica Special Contents|掲載日時:2017年01月26日 23時59分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる