LEICA THAMBAR M90mm F2.2 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2

LEICA THAMBAR-M

90mm F2.2



ライカには過去に発売された様々な銘玉が存在するが、まさかこの伝説的なソフトフォーカスレンズがリメイクされ登場するとは思いもしなかった。今回は約80年の時を超えて復活した“最新”のタンバール、『タンバール M90mm F2.2 』をご紹介しよう。

2016年に60年の沈黙を破り赤ズマロンが復刻されて販売されたのは記憶に新しい事と思うが、今回はその第二弾となる。オリジナルが製造されていたのは戦前の1934-1940年。総生産数は3500本と言われており、現存するタンバールは希少レンズとして高値で取引されている1本である。その描写は“妖艶”という言葉が似合う独特の写りを見せ、フォーカスの芯はありながらも写真全体を柔らかな霧のような収差が包み込む。日本を代表するライカ使い・木村伊兵衛氏も愛用していたレンズとしても有名で、女性のポートレート撮影でタンバールの魅力を遺憾無く発揮させた作品が残されている。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


レンズの外観や、フード形状、レンズ中心部に光を通さない加工がされたセンタースポットフィルターなど、オリジナルを忠実に復刻させた印象が強い新タンバール。マックス・ベレクが設計した光学はそのままにマルチコート化とリファインされたその描写は、近代レンズの正確さを持ちながらタンバール本来のソフトフォーカスを味わえる1本である。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2





タンバール M90mm F2.2 絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


絞るごとにソフトフォーカスの効果は薄れていき、F9以上でその効果は分からなくなる。センタースポットフィルターの有無でも光の滲み方が変わるので自分のイメージに合った描写を見つけるのも楽しみの一つだ。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


オリジナルのタンバールに比べてコントラストと解像力は一段上に上がったように感じる。その分、滲みとフォーカス面の境界線が分かりやすくなり、幻想的な描写ながら使いやすさは向上したと言えるだろう。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2





タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2

白昼夢のような描写。



今や新品で購入できるソフトフォーカスレンズは希有な存在になりつつあるが、タンバールが特別なレンズである理由の一つにその収差補正の仕方が独特な点が挙げられる。
通常ソフトフォーカスレンズは球面収差に対して補正量を少なくし、あえて残存収差を多く残した設計をしているのが一般的だが、タンバールは逆に球面収差に対して過剰に補正することで滲み表現している特殊なレンズなのだ。。そしてボケ味は現代で言う“バブルボケ”が発生し、センタースポットフィルターを装着すればバブルボケはリング状のボケへと変化する。ソフトフォーカスレンズでありながら多彩な表現が可能なのも本レンズの大きな魅力と言えるだろう。
手にした当初は少し戸惑うかもしれない個性的な描写だが、クセや特性を掴めれば「レンズを使いこなす」という言葉がこれほど似合うレンズは他にないかもしれない。


タンバール M90mm F2.2
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


絞り開放で最短撮影した一枚。『タンバール M90mm F2.2 』のピントの芯がお分かりいただけるだろうか。ピントが何処に合っているのか判断が難しいソフトフォーカスレンズもあるが、本レンズは美しい繊細な芯のある開放描写だ。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2





タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


普段目にしている光景もタンバールを通すと白昼夢の世界へと変わる。絞りやフィルターだけでなく光の入り方でも画が大きく変わるのが面白い。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2


『タンバール M90mm F2.2』を使用してみて、その効果も考えた画をしっかりイメージしてシャッターを切るレンズだと強く感じた。なんとなく撮影してもソフトフォーカスの効果に画が負けてしまい、本レンズの魅力がうまく伝わらない写真になってしまう。逆に効果も考えたしっかりとしたイメージがあるのなら、これほど写真に力をあたえてくれるレンズは他にないだろう。扱い方は難しいが、イメージにハマった時の快感は他のレンズでは味わえない感覚だ。


タンバール M90mm F2.2 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100/ 使用機材:使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2





タンバール M90mm F2.2

80年の時を超えて甦る、タンバールの世界。



カメラレンズの良し悪しとは本当に不思議だ。最新の光学技術で作られ、優れたMTF曲線のグラフを描くレンズが最高のはずなのだが、そこに“感性”という概念が入ると、必ずしも光学性能が全てとは言えなくなる。特にオールドレンズで言えば当時の技術の限界で補正しきれなかった収差や光量落ちなどがレンズの“個性”や“味”となり、何十年も愛され続けられ銘玉へと変わる。ライカにはそのようなレンズが多数存在するのだが、このタンバールを現代に蘇らせた意図は非常に興味深い。
近代の写りすぎるリアルな描写とは相反する、幻想的で絵画のような描写特性。『タンバール M90mm F2.2』は改めて光を操る面白さと、写真の不思議さを教えてくれる1本だ。


Photo by MAP CAMERA Staff




KasyapaforLEICAトップへ戻る


[Category: Other Leica Lens|掲載日時:2018年05月04日 18時00分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今後、広角3種のレンズの発売も予定されており、その動向からはますます目が離せません。 レンズの描写につ...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一、35㎜という焦点距離でその名を冠するものがこの『APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH.』です。被写体を求め...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズです。今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナがフォクトレンダーブランドの製品...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む



閉じる