Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その25

[ Category: etc.|掲載日時:2011年07月23日 20時30分]
去年の風鈴市は、マミヤ C220で

null

 前回、珍しく季節ものを先取り(といっても、ほんの数日ですが…)したところ、社内で思いのほか好評でした。 「自分も彼女連れて行ってきた!」(ちっ、私は1人でしたよ…)とか、「明日、家族で行ってみる!」(ちっ、ちっ…)など… 今年は休み合わなかったけど、良さそうだから来年は必ず! なんて人もいて。 これはきっとマップカメラ以外にも私の記事読んで「面白そうだな、行ってみよう!」なんて思ってくれた人がいたに違いないと勝手に思い込み、ちょっと悦に入る一方、それでますますカメラマンが増えたら、邪魔で困るやん… なんてまっ、誇大妄想ですね。 いいです、本当涼やかで素敵なお祭りなので今年行けなかった方、来年是非どうぞ!(でも、絶対私の邪魔はしないでね!!)
 ええ、そう。 実はこの記事を書いている今、もう今年の川崎大師風鈴市は終わってしまっているのです。 なので、今回の記事見て「面白そう!」って思ってくださった方がいたら、残念、来年です… (でも、くれぐれも私の邪魔は…)
 じゃあ、なんで今頃去年の写真? …って、理由は簡単、これも先取りで載せるはずが間に合わなかっただけです。(えぇ、簡単) だからといって、載せないのもったいないじゃん。(ねぇ、簡単) ……なにか?

 そんなわけで、去年(2010年)の川崎大師風鈴市です。 お伴はマミヤC220 プロフェッショナル、セコール80mmF2.8付です。 以前アジサイの回で紹介したように(バナー復活への布石です…)レンズ交換可能、蛇腹をビヨ~ンと伸ばすと35cmまで近接できる優れものです。 でも、これも以前書いたように(置き石、置き石…)近接の際、カメラ単体ではパララックスの補正が出来ないので、手持ち撮影では目分量の補正が必要になります。 詳しくは、いくつか前の回を参照してください。(えぇ、探してください。 いつだったかは教えません…)

null
 (フジ・プロビア100F)

 猛暑の中、市は盛況です。 画面下部が白っぽいのは光が回ったというより、砂埃のせいだと思われます。 下は砂利、しかも乾ききってますから、気がつくとカメラ本体もレンズもうっすらと白くなっていたりします。 特にレンズは慌ててハンカチなどで拭くと傷がつく恐れがあるので注意! 家に帰るまで我慢するか、あらかじめ小型のブロアを用意しておくとよいでしょう。

null
 (フジ・プロビア100F) まずは、入口にある川崎大師オリジナルの厄除だるま。 いい感じに風に吹かれています。 (まっ、お店の人がうちわで煽いでいるんですが…)

 前年学習したことを活かし、すぐに400フィルムを装填。 多めに持っていきました。

null
 (フジ・プロ400N) ちっちゃい子も興味津津。 でも加減を知らないので、気をつけないと引き落とします。

null
 (フジ・プロ400N) 混み混みのなか、引きの構図で人を入れないで撮るのは至難の業。 はっぴを着たお店の人は、むしろ積極的に入れた方がお祭り感が出るかも…

null
 (フジ・プロ400N) 近づいて、F4で撮影。 もうちょい左からの方が良かったかな… でもこれ、家にあったら、かなりうるさそう…

null
 (フジ・プロビア400X) 赤だるまいっぱいの図。

 寄ったり、引いたりが簡単に出来るのがC220の優れたところ! 描写も硬くならず、ボケも自然で風鈴撮影に最適です!! そう、風鈴撮るならマミヤの二眼! 私の一押しです。

null
 (フジ・プロビア400X) 気がつくと、ガラス製のものばかり撮っています。 

null
 (フジ・プロビア400X) 気がつくと、浴衣のお姉さんばかり… 撮ってません!

null
 (フジ・プロビア400X) 本当です… ……でも、目がいっちゃうのは事実… 素敵です。


 会場を離れ、屋台村へ。 …と、

null
 (フジ・プロビア100F) 座り込み発見。

null
 (フジ・プロビア100F) まだ、小学生の数は少なく、ここは閑散としてました。

null
 (フジ・プロビア100F) ハッカパイプ屋のおばちゃん、健在! でも、お客さんは来ず… 「誰も買わないなら、お店閉めちゃうよ!」って、まだ早いですから… がんばって!!


 暑いなか、屋台村を散策しているのは、もちろん目的あってのこと。

null
 …で、目的達成!


 もう、いいかと帰りかけたところで、猫さん発見!

null
 (フジ・プロビア400X) 日陰の石の上… よくわかってます。
 
null 
 (フジ・プロビア400X) 寝入っているようです…

null 
 (フジ・プロビア400X) にくきゅ~

null
 (フジ・プロビア400X) 「ん、なに(怒)?!」「…すみません…」

 ゴメンナサイ。 もう1枚だけ…

null
 思いっ切り、にらまれてます…

null
 今回は、北海道小樽のガラス風鈴を購入。 涼やかです…


 続く… 風鈴3連発なるか、はたまた来年に持ち越しか? (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2011年07月23日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!179票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む