Select Language

ERNST LEITZ WETZLAR/ズミクロン50mmF2 (最初期型)

[ Category: Leica|掲載日時:2007年04月19日 20時00分]

 ライカのレンズの中でも代表格の1つといても過言ではないレンズです。 このレンズはそれまで製造されていた「ズミタール」というレンズを元に開発されました。まずはじめに ズミタールのレンズ鏡胴を使用してプロトタイプが作られました(このレンズは市場に出てくることのまず ない博物館クラスのレンズです。超珍品ですよ)。その後1953年に新たなレンズ鏡胴と共に生産された, というのが一般的ですが実際はそれ以前にもズミクロンは製造されていたようなのです。

 この写真のレンズ、シリアルナンバーからおそらく1951年から1952年の間に製造されていたようなのですが、 通常のズミクロンとは大きく違う点が1つあります。硝材(レンズのガラス)が通常のものと大きく異なります。
 通常のものにはパープルのコーティングが入っているのに対し、初期のものには黄色いコーティングが 入っている、というよりはレンズが黄色なのです。実際にレンズを分解して見せてもらったことがある のですが通常のものはガラスの上にコーティングがのっているような感じなのですが、初期のレンズは レンズ自体が「黄色」なのです。

 これは一説によると、はじめズミクロンを製造する際にズミタールとは 異なる新種の硝材が採用されたのですが、これがあまりにも高価な為に量産する際には新たに コストを抑えた別のガラスを使用した、ということらしいのです。しかし、真実は今や謎のままです。
 尚,この高価なガラス、実は放射性物質トリウムを使っていたらしいのです。その結果この特殊なコーティングはモノクロ撮影をすると解像度とコントラストの高い独特の描写力を誇ります。

 こんなレンズ、今じゃあどんなにお金を積んでも絶対作れません。だってぇ、今時、硝材に鉛ですら混ぜることができなくなったのに、放射性物質を使った硝材なんて作れませんもんねぇ。昔の人はすげぇなぁ。

ERNST LEITZ WETZLAR ライカ ズミクロン50mmF2 (最初期型)
1951年~1952年製造? 生産本数 ???

補遺:トリウムレンズの黄色は、トリウムの放射線の影響で経年変色したものです。尚、トリウムレンズの放射線量はフィルムに感光しない程度のごく弱いものです。










[ Category: Leica|掲載日時:2007年04月19日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!384票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む