Select Language

【トル・アソブ】ボケ味コントロール&ソフトフォーカス!

[ Category: Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]
DCレンズというものをご存知でしょうか?


Nikonが販売する、写真の『ボケ味』をコントロールする「こだわりレンズ」です。

DCレンズのDCとは、「Defocus-image Control」の略称です。

レンズ内の一部のレンズを前後に動かすことにより、収束する光の位置をずらし
球面収差を発生させ、被写体に光のにじみ(ハロ)を意図的に発生させる事が出来るそうです。

難しい現象を省くと、『前ボケ・後ボケの写りかた』をコントロール出来るレンズなのです。

null

今回はコチラ。

「AF DC 105mm F2D」を使用しました。

ちなみに、「AF DC 135mm F2D」というDCレンズも存在します。



null

レンズの鏡筒に、こんなリングが付いています。
左がF(フロント)、右がR(リア)となっています。

このリングを動かすことで前後のボケ味をコントロールするのですが、
ここで注意しなければいけないことがひとつ。


リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する
…ということです。


たとえば、F値をF4に設定したのであれば、F/Rともに最大でも「4まで」ということになります。





それではどんな風にボケ味が変化するのか、試してみましょう。

こんな写真を撮ってみました。
null

null
絞り設定値 F2
DC設定値 0(センター)


上の写真の中央部を切り取ったものです。
設定したF値が開放なので、ちょっとやわらかさの残る描写となっていますが気にしないで下さい。。
私の設定ミスです。申し訳ありません。。




それではこの写真を参考に前後のボケ味を変えてみましょう。
まずは「前ボケ」から。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2(フロント側)


「F」はフロント。つまり「前ボケ」重視の設定です。
前ボケにとても淡い「像のにじみ」が生まれ、前ボケが滑らかになっています。

そして「後ボケ」はというと…
前ボケが柔らかくなった代わりに、後ボケに「縁取り」のようなものが見え始めました。




次に、DCレンズの注意点。
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】
を無視して、設定値以上にしたらどうなるか試してみましょう。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2.8(フロント側)


前ボケはとっても柔らか。ふわっふわです。
しかし今度は肝心の撮りたい「被写体」そのものは、像が滲んでしまいました。。

まるでソフトフォーカス効果を施したような写りです。

このような「ソフトフォーカス効果」が生まれるので
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】事を
ボケ味のコントロールでは勧めております。




…もちろんソフトフォーカス効果を楽しむのもこの「DCレンズ」の醍醐味。
しかし、そのソフトフォーカス効果を楽しむ際に、またひとつ注意点があります。

オートフォーカスは使わず、マニュアルフォーカスにてピント合わせを行う事。
光の収束点が必要以上にずれてしまうので、オートフォーカスではピントがずれてしまいます。

マニュアルフォーカスでは、しっかりと芯が残ったソフトフォーカスを楽しむことが出来ます。





「後ボケ」を重視したR(リア)側も試してみました。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2(リア側)




設定F値以上に設定。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2.8(リア側)






いかがでしょうか?被写体によってもっとボケ味の変化を楽しんでいただくことが出来ると思います。

ボケ味をこだわっても、ソフトフォーカスで楽しんでも面白いレンズです。
是非一度、お試しになってはいかがでしょうか。



商品のお問い合わせは本館5階ニコンフロアまで。
Tel.03-3342-3381

インターネットからは → コチラまで。


[ Category: Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]

面白いと思ったらコチラをClick!170票


【HASSELBLAD】XCD 80mm F1.9とR35がすごく良かった話。

【HASSELBLAD】XCD 80mm F1.9とR35がすごく良かった話。[2020年04月02日]

HASSELBLAD X1D II 50C + XCD 80mm F1.9 これは昨年の夏頃の話なのですが、『HASSELBLAD X1D II 50C』と『HASSELBLAD XCD 80mm F1.9』の組み合わせで撮る機会がありましたので、その時の写真をご紹介いたします。 以前X1Dを使用したことがあったので、ボディに関しては「なるほど」とすぐ馴染んだのですが、今回の目玉はXCD 80mm F1.9。なにやらズシリと重たく、いかにも写りそうな雰囲気がプ...
続きを読む
【Panasonic】LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.と海に行く。

【Panasonic】LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.と海に行く。[2020年04月02日]

写真を振り返る。 外出できないとき、そういえば撮っておいて そのままにしていた写真が沢山あるな、と思って掘り返してみました。 これは去年の夏頃。 Panasonicから発売された「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7」で撮った写真です。 三本分の単焦点が詰め込まれたズームレンズ(しかも開放値F1.7!!)として話題になりました。 その謳い文句に偽りなし、とも思えるズームレン...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.02[2020年04月02日]

本日の機材 Leica M10 モノクローム + マクロエルマリート R60mm F2.8 var forcia_var = { JAN_CODE: "4548182200505" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4548182200505,220503...
続きを読む
SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
私の一番好きなカメラ

【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】[2020年04月01日]

4月1日。1年のうちたった一日だけ、嘘吐きが許される日です。 そんな日だからこそ、誰かを楽しい気持ちにさせる嘘をつきたいものですね。 さて、今回は【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】というタイトルです。 寝ても起きてもカメラの事を考えているマップカメラスタッフは、いったいどんなカメラが好きなのか。 独断と偏見大歓迎、本日限りの特別企画です...
続きを読む