【トル・アソブ】ボケ味コントロール&ソフトフォーカス! | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】ボケ味コントロール&ソフトフォーカス!

[ Category:Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]

DCレンズというものをご存知でしょうか?


Nikonが販売する、写真の『ボケ味』をコントロールする「こだわりレンズ」です。

DCレンズのDCとは、「Defocus-image Control」の略称です。

レンズ内の一部のレンズを前後に動かすことにより、収束する光の位置をずらし
球面収差を発生させ、被写体に光のにじみ(ハロ)を意図的に発生させる事が出来るそうです。

難しい現象を省くと、『前ボケ・後ボケの写りかた』をコントロール出来るレンズなのです。

null

今回はコチラ。

「AF DC 105mm F2D」を使用しました。

ちなみに、「AF DC 135mm F2D」というDCレンズも存在します。



null

レンズの鏡筒に、こんなリングが付いています。
左がF(フロント)、右がR(リア)となっています。

このリングを動かすことで前後のボケ味をコントロールするのですが、
ここで注意しなければいけないことがひとつ。


リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する
…ということです。


たとえば、F値をF4に設定したのであれば、F/Rともに最大でも「4まで」ということになります。





それではどんな風にボケ味が変化するのか、試してみましょう。

こんな写真を撮ってみました。
null

null
絞り設定値 F2
DC設定値 0(センター)


上の写真の中央部を切り取ったものです。
設定したF値が開放なので、ちょっとやわらかさの残る描写となっていますが気にしないで下さい。。
私の設定ミスです。申し訳ありません。。




それではこの写真を参考に前後のボケ味を変えてみましょう。
まずは「前ボケ」から。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2(フロント側)


「F」はフロント。つまり「前ボケ」重視の設定です。
前ボケにとても淡い「像のにじみ」が生まれ、前ボケが滑らかになっています。

そして「後ボケ」はというと…
前ボケが柔らかくなった代わりに、後ボケに「縁取り」のようなものが見え始めました。




次に、DCレンズの注意点。
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】
を無視して、設定値以上にしたらどうなるか試してみましょう。
↓ ↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 F-2.8(フロント側)


前ボケはとっても柔らか。ふわっふわです。
しかし今度は肝心の撮りたい「被写体」そのものは、像が滲んでしまいました。。

まるでソフトフォーカス効果を施したような写りです。

このような「ソフトフォーカス効果」が生まれるので
【リングの数字を、カメラで設定したF値以下の数字で使用する】事を
ボケ味のコントロールでは勧めております。




…もちろんソフトフォーカス効果を楽しむのもこの「DCレンズ」の醍醐味。
しかし、そのソフトフォーカス効果を楽しむ際に、またひとつ注意点があります。

オートフォーカスは使わず、マニュアルフォーカスにてピント合わせを行う事。
光の収束点が必要以上にずれてしまうので、オートフォーカスではピントがずれてしまいます。

マニュアルフォーカスでは、しっかりと芯が残ったソフトフォーカスを楽しむことが出来ます。





「後ボケ」を重視したR(リア)側も試してみました。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2(リア側)




設定F値以上に設定。
↓ ↓
null
絞り設定値 F2
DC設定値 R-2.8(リア側)






いかがでしょうか?被写体によってもっとボケ味の変化を楽しんでいただくことが出来ると思います。

ボケ味をこだわっても、ソフトフォーカスで楽しんでも面白いレンズです。
是非一度、お試しになってはいかがでしょうか。



商品のお問い合わせは本館5階ニコンフロアまで。
Tel.03-3342-3381

インターネットからは → コチラまで。


[ Category:Nikon|掲載日時:2012年11月06日 19時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 2019年05月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
ALPA in Wonderland ALPA in Wonderland 2019年05月24日
この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。 はじめに、アルパとは。 スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。 レンズは他社から供給を受けていました。 【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、 この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。 まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。 鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。 シャッタースピードは...
続きを読む
【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
Motorsports photo #7 Motorsports photo #7 2019年05月22日
「シーズンイン」 今年もモータースポーツの季節がやってきました。 令和最初の撮影ということもあり、テンションを上げて撮影に臨みました!(5月3.4、富士スピードウェイにて撮影) Nikon Z7 FTZ + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM(ss1/80 F10) 普段、撮影しているダンロップコーナー立ち上がりをZ7で撮影に臨みました。 比較的コーナー続きなため、Z7でもなんとか撮影可能であります。 Z7にテレコンバーターを使用し撮影すると、ピントを外すことが多いので、今回は普段使用している1.4倍のテレコ...
続きを読む
nekotocamera 【Nikon】Neko to camera 2019年05月22日
『Neko to camera』 10連休という異例のゴールデンウィークも終わり、少しずつ梅雨のじめじめとした空気が漂うようになってまいりました。連休中に写真をたくさん撮影された方は整理にも悩まれる頃かと思われます。いかがお過ごしでしょうか。 さて、Neko to cameraでは日常に潜む猫をテーマにお届けしたいと思います。 『猫とは類まれなる美貌を持ち、頭脳明晰でこちらの考えていることが分かっているかのような動きを見せてくれる生き物であります。』 今回はそんなかわいらしい猫をNikon DfとA...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]